2016年 03月 19日
仮着セメントで術後対応
 f0103459_8521874.jpg くも膜下出血後のリハビリが続き観血的な処置は控えている。ホープレスに近い左側3456の補綴物も、定期検診時のセメントのコントロールだけで固定性ブリッジとして使われている。即重のテンポラリブリッジも今回はウオッシュやコーティングなどのメインテナンスをしてきれいになった。最も堅いテンポラリーセメントを使っているがリムーバーで撤去しながら3年半が過ぎた。
 
1980年以来の患者さんでドラマのような出来事が続いたが、現在は4ヶ月ごとの定期検診で安定している。あまり発表したことないケースだが、来週末からの基本ゼミ用に整理を始めたところである。

by my-pixy | 2016-03-19 09:05


<< 使用期間限定      「可撤性の可能性」と可轍部の簡素化 >>