2016年 03月 27日
2016基本ゼミ
f0103459_1544926.jpg 2016臨床基本ゼミ第一日が終了しました。参加者の視点からは静岡支局長からスピーディなレポートが先を越されてアップされています。ともかくそのアクションの早さにはいつも驚いています。ときどき早とちりもありますが、このところやられっぱなしなので、こちらも慌てて昨日の発表スライド一覧をアップしました。マスコミ取材合戦のようですが、両方併せて頂けばオープニングの全容が分かりますので、受講生の方のメモとしては有効活用できるでしょう。
 昨日ゼミ修了後の懇親会出席者は32名で、受講生とこれからの講師、運営スタッフがちょうど同数で賑やかでした。
f0103459_16291993.jpg
初回の宿題として現在使用中の口腔内写真撮影の実際を全員に持参していただきました。数年前に較べると撮影画像のばらつきはかなり少なくなっていました。ただその内容をチェックしていくと、意味が良く分からないISO、ホワイトバランスなどをオートを選択している人が多く、一定の条件で撮影することが必要な口腔内写真の根幹部分があやふやなことが気になりました。オート任せのスマホなどの写真とはその目的が違うことをはっきりさせるには反復学習が必要なようです。

 リングストロボを放棄したニコン、消極的対応のキャノンなど、どのメーカーもマイナーな口腔内写真と取り組もうというスタンスがない中で、怪しげなシステムに引きずられている人もゼロではありませんでした。主催者側も完璧な対応は困難ですから結果オーライで流されそうなことは心配ですが、それでも2000年代の混乱期を思い出せば半年後には何とかなりそうです。

by my-pixy | 2016-03-27 08:02


<< 義歯撮影のバック      CADとCAM >>