2016年 03月 28日
義歯撮影のバック
f0103459_1754515.jpg f0103459_18594484.jpg口腔内写真撮影を始めたのは1960年代のことで、最初のきっかけは、ファインダーとの視差がゼロの一眼レフ、アサヒペンタックスでストロボなどの組み合わせは昨日のブログアップしたものです。

今日の話題は義歯のバックです。義歯の写真の中でボツボツ混ざっている色つき背景が80年頃までの画像で、バックに使うのに何色が良いかと迷いながフェルトの端布を使っていました。なるべく無彩色の物にしたい反面、黒ではメタルとの境界がつかず露出もうまく決まりません。一年、また一年と決定が先送りしになっていて、重い腰が上がったのは合成写真の頻度が増え、被写体への背景色のにじみが気になりはじめました。フェルトの端布は使わなくなりましたが、まだ統一の決断は尽きませんでした。

 今から考えると1999年のニコンD1に始まったデジタル一眼レフの色調はひどいものでした。「溺れるもの藁をも掴む」ということわざ通り、出費に苦しみながら各社の新型カメラを追いかけざるをえませんでした。結果的に10年近くのデジタル一眼レフの迷走のつけはすべてユーザーに回されたのです。
 
 ところが苦し紛れに基準色としたQPカードの写し込み撮影が義歯背景のコピー用紙化につながりました。この時から「義歯の機能と形」を追いかけて背景は白に統一されたのです。高い月謝でしたし、昔の義歯の写真は背景色を変更することはできませんが、フォーマットは決まりました。

by my-pixy | 2016-03-28 17:56


<< スクリーンセーバーはパンドラの箱?      2016基本ゼミ >>