2016年 03月 31日
口腔内撮影は1.がリングストロボ、2.がマイクロレンズ
f0103459_14413394.png これから口腔内撮影を始めようという人の質問のほとんどはニコンかキャノンかということで、続いてはその機種の上下です。
 しかし忘れてならないことは口腔内撮影をするのは歯科医だけで、その被写体はカメラの先端から10センチほどにある接写ばかりで、それ以上大きなものを撮ることはありません。また光源はすべてリングストロボからの光で自然光を使うことはありません。したがって撮影にはリングストロボ、撮影用ミラーと口角鉤が不可欠です。 別な言い方をすれば正面感以外の撮影はすべて鏡に映ったものの写真を撮っているという、きわめて変則的な写真撮影ですから、一般的な写真撮影の知識経験はあまり役立ちません。

 カメラも接写用のマイクロレンズがつけられる一眼レフと、リングストロボだけがあれば良いのですが、その組み合わせによって使い勝手は大きく変わります。選択肢が少ないリングストロボを最初に決め、次に最適なマイクロレンズを決めるべきです。カメラボディは大きさ価格などから好きな物を選べば良いのです。私の推奨製品はリングストロボはニッシンMF18、マイクロレンズはマイクロニッコール85ミリです。現在、世界的に見てもこれ以上の選択はありません。セカンドチョイスには何かの問題点があります。
MF18を推奨する理由は調光の正確さと製品の完成度の高さです。またマイクロニッコール85ミリは適切な焦点距離で遠近感が自然なことに加え、近接時にレンズの先端部が大きく繰り出されず、ワーキングディスタンスが確保されることです。カメラボディは最も安価なものでも全紙へのプリントも可能ですし、90%の方がプレゼンに使用されているXGA(1280×7689)の24倍もの大きさがありますから、画素数の心配などは不要です。

「必要にして十分な口腔内撮影カメラ.2014.」などに再三書いてきた内容ですが、異論反論がおありの方はメールでどうぞ。

by my-pixy | 2016-03-31 17:24


<< 現在地      院内改装中 >>