2016年 08月 02日
歯のある悩み
f0103459_11481354.jpg 前回の症例の今後の処置方針について、悩みつづけています。あらためてこれまでの記録をひっくりかえいしたり、あらたな発想を・・・と画像合成をしてみたりする中に、少しは新しい気づきもありましたが、ハタと手を叩くようなことは起こらず悶々といます。

右上4番の歯根破折の後始末は当面の問題ですが、これで上下模型は組み合わさるのですが、上下左右で咬耗の仕方は様々で、咀嚼時の接触がどうなっているのか想像することは困難です。右上321は失われた部分を補えばよいのですが、何でどこまで補うか1歯ごとに首を傾げます。下顎前歯は卸し金で落としたような輪切り状態ですが、これまたどこまで円柱状にしたものか見当もつきません。

 壮絶な咬耗の割には下顎舌側の骨隆起などはかわいらしいのは、歯が消しゴムのように減ってくれているからでしょうか。前回見ていないナイトガードがどうなっているのかも興味津々です。(3年使用)

by my-pixy | 2016-08-02 08:18


<< 最後の防衛戦の始まり      歯のある幸せ・フシアワセ >>