2006年 06月 20日
トンネルの向こう
 このところ望月さんのブログhttp://pilipinas.exblog.jp/には大きな影響を受けています。こんなライバルが歯科界にもほしいと思うことしきりですが、先日そんな思いをこめて初めてのメールを差し上げたところ、2時間ほどでお返事を頂き恐縮しました。
しかしミニリングをつけて診療室内を歩き回っても、あの美しい写真などとれるはずもありません。望月語録を読み返しながらまた考えました。

   1. 凝り固まった価値観からの脱却
   2. 撮影者が被写体に対して感動する必要がある。
   3. 写真って、人に見てもらってこそ楽しめるものです。

 これまで雑誌に原稿を書いたり、それらをまとめて3冊の単著を作ったりしましたが、その時の気持ちはここに書かれていることと変わりありません。同じスタンスはいまも失ってはいませんが、もう雑誌原稿を書くつもりはありません。多分ジェネレーションギャップなのでしょう。昔のように編集者に触発されることがなくなったからです。
 雑誌原稿の保存にも苦しんできました。かっては半分のページ数を占める広告を廃棄して製本することや、保存する雑誌を絞ることで省スペースを計ってきました。しかしそれでも増え続ける割には利用価値はありませんでした。製本した雑誌のもらい手探しにも行きづまって、1〜2年でそのまま廃棄!が定着しました。特定の著者だけを保存していた時期もありましたが、自分の別刷りだけが精一杯で長くは続きませんでした。
f0103459_10404742.jpg
 2000年の臨床ファイル3以降、デジタル画像のことばかりで臨床報告は書いていません。しかし私にとってのホームグランドはここしかないことを再認識し、ブログ上での展開を考えています。これなら保管場所に困ることもなく、すでに発表済みのケースの続編も、その後の考え方の変化にもフレキシブルに対応できます。さらに都合が悪くなれば削除することだってできますから、引退の日まで続けることができるでしょう。
1日平均420人の方にアクセス頂いています。8月中には20万の大台に乗ることは間違いありません。そのX-Dayに向けてマイ・カレンダー原稿と同様、お蔵入りデータをぼつぼつアップして行きます。



by my-pixy | 2006-06-20 10:46


<< 平穏で無事な45年  C...      マンゴスチン >>