2016年 08月 30日
★★★保留★★★  Best camera for 口腔内写真 2016
f0103459_892566.jpgf0103459_11911.jpg リオ・オリンピックが終わって日本中が金メタルラッシュに沸き返っている中、私にだけしか評価されないかもに知れないデジタル一眼レフがニコンから発売された。大風呂敷にうんざりしたキャッチコピーも「世界はここまで、凝縮できる」と控えめだ。

 その第1はリングストロボ専用の口腔内写真には不要な内蔵ストロボを外して、そのスペースに視野角30.8度という見やすいペンタプリズムを搭載したことだ。(7000シリーズより一段上、FX機と同等のフィルムカメラの感覚が戻ってきた。)これだけでもD1以来悩まされてきたAPSC機の大きな欠点が解消したので万々歳。重量は100グラムアップしたが、殆ど失いかけていたカメラへの楽しみを少しとり戻した。その他にもISO100〜51200という高感度や、新画像エンジンEXPEED5、チルト型背面モニターなども使いこめば役立ちそうだ。
 
 ただ、写真=スマホという流れは変えられないので、どこまでの方に共感が得られるかは難しい。静止画の口腔内写真も大切にしないで、動画にうつつを抜かす人には無縁なBest of 2016だから念のため。この間カメラ本体は一度新品交換したが未だ思ったような結果をえられていない。ことを複雑にしているのは使用説明書で、機能満載に関わらずページ数は7100と同じでサイズは半分。当然言葉足らずで分かりにくいことこの上なく、索引なども不完全だ。
カメラ背面の液晶モニターだけでなく、本体上面の表示パネル、新設されたボディ周りの「infor」ボタン、「Fn2」ボタン、などを使用説明書と首っ引きで見る作業は、若い頃の数倍の苦痛だ。今日もリングストロボがらみで適正露出が得られず露出補正で混乱していた。多くの方に口腔内写真ベストカメラ
2016などと推奨することはとても無理だと思うようになってきた。

by my-pixy | 2016-08-30 09:00


<< XQDカード      プロジェクターなしのプレゼン >>