2016年 09月 05日
XQDカード
f0103459_8164344.jpg NIKON の一眼レフは、伝統的に一桁の数字をその時々のフラッグシップにつけてきました。多機種になってネーミングに行き詰まり混乱したこともありましたが、今回のD500もその系列のD5の姉妹機という位置づけで、兄弟分としての名前がつけられたものです。偶数が良いか奇数が良いかなどと、後から評価されるときも数字は拠り所になってきました。
 
 D5が現在のフラッグシップであることははっきりしていても、われわれの用途には高価すぎ、重すぎ多機能すぎてとても手に負えません。そんな中でフルサイズのD5の姉妹機であるD500に注目していました。D100、D200、D300と使ってきた親しみもありましたし、APSC(DX)のなかではこれしかないと思いました。長らく7000、7100、7200などで過ごしてきたのは結果オーライの使いやすさだったのですが、数字的にも今ひとつ愛着はもてませんでした。
 
 不測のできごともあり、終の棲家として今回の選択になりましたが、そこにはファインダー以外に、2つのカードスロットルの1つに、最初のデジタル一眼に使われていたマイクロドライブ的なXQDというメモリーカード復活がありました。SDカードの普及で安く高機能なメモリーカードはすっかり定着しましたが、あの安っぽさはいつになっても好きになれませんでした。どんなありがたみがあるのかはよくわかりませんが、1999年のD1時代を思い出してその復活に惹かれたのです。

by my-pixy | 2016-09-05 08:19


<< 2016夏休み      ★★★保留★★★  Best ... >>