2016年 10月 05日
口腔内写真カメラと設定
f0103459_8541655.jpgf0103459_9175324.jpg自分のカメラ買い換えに絡んで、製品や使いかたをいろいろ再考してきましたが、それぞれキャリアや理解度によって受け取り方はさまざまです。始めて取り組むときはカメラからストロボまで新品でベストを選ばれたでしょうが、それが何時だったかによって買い換えや交換も起こります。フィルムからデジタルへの変更のようなことはないにしても、記録媒体のSDカードだって目まぐるしく変わっていくくらいですから、電話相談を受ける時もよく相手のヒストリーを聞かないととんだ勘違いが起こります。

上の画像はD500取説の最初のページですが、いつも冒頭に並んでいたような項目は何もありません。ストラップをつけたらいきなりライブビュー撮影だ! 動画撮影だ! で、まるでビデオカメラのようです。誰が誰に向けて書いているのかと不思議になりますが、世の中はこれぐらい変わってしまっているのでしょう。新しいカメラの初期設定にもスマホを使うなど、11年前に冗談半分作った展望のタイトルは現実になっています。

その後カメラコントロールはワイヤレスのスマホに移りかけています。デジタル一眼レフはミラーレスを通り過ぎてアクション・カメラに移行しつつあります。ニコンのホームページを見ても静止画カメラの衰退は明らかですが、その中でも口腔内写真はさらにさらにマイナーな存在になっています。

by my-pixy | 2016-10-05 08:54


<< 放送大学・世界の中の日本      自分の口腔内写真のレベルダウン >>