2006年 06月 28日
モデリングライト Mini・wing
f0103459_9142445.jpg

ちょっとくたびれたのでケースプレはしばらくお休みです。
 HPトップページ下で覆面製品紹介を続けてきたLED照明が、ようやく登場できそうなりました。かってK-Maxを使用していた頃、明るく照らし出される歯列のフォーカシングやフレーミングには大きな魅力を感じていました。ミニリングに交代してからもできることならあの撮影状態をとりかえせないものかと考えていました。少数のLEDをミニリングにつけてテストして見ましたが、120球を越すK-Maxには及びもつきません。ミニリングの外側に首飾りのようにぐるりと一周させても期待する光量は得られませんでした。球数を増やせば使い勝手が悪くなるだけでなく、コストが上がってK-Maxの二の舞になります。
 作戦を大転換し球数は60球を維持しながら加工性をよくし、光の方向を可変にして明るさを確保できるようなウイング形式にしました。局面は一転最大の山場は越しましたが、最後はバッテリーケースです。始めは電池側から決めようとしましたがリチューム用の既製品はまったくありません。型起こしなどできる相談ではないので、スイッチが組み込まれたバッテリーケースがあり、小型で所要の性能が得られる電池をという逆の探し方をしてもらいました。ケイタイ用充電器なども参考に9V角形アルカリ電池以外にないという結論になりました。
 K-Maxの経験が役立ち最小ではないものの小型にまとまり、親亀の電源部の背中に子亀のように乗る形になりました。ウイングの角度は可変で集光位置は変えられますが、通常は写真程度の角度で良さそうです。使用感は期待通り Ref 97とのコンビで快適な環境です。拡大鏡で見落とすエラーまで見つけられます。

by my-pixy | 2006-06-28 16:41


<< 7月 ボラボラ 91      前装用レジン    ... >>