2006年 07月 12日
抄録
f0103459_15525911.jpg f0103459_1637938.jpgブログのことを考えるうちに20年ほど昔のことを思い出しました。ケースプレは今も昔も大差はないのですが、当時も主旨の分からない発表や、だらだらしたプレゼンには悩んでいました。槍玉に挙がったのが臨床歯科を語る会で、何とかもう少し内容をきちんとした形にしたいということで、抄録のフォーマットを決めました。スタディグループでテストして実行に入りましたが、キーワードと結論で何かを言いたいのかをはっきりさせることと、英文タイトルをつけることで長々しい演題を規制しようとしたのです。

 フォーマットは今も生き残りほかの会でも使用されいますが、当初の目的は必ずしも達成されていません。キーワードの目指したものは、ブログのカテゴリーやタグと同じなのですが、主旨が伝わらずタイトルより広範なものが少なくありませんでした。英文タイトルの方も本人が翻訳できずに、日本語を再考するところへは追い込めませんでした。

 2枚目の表は2006年の分科会の17名の演題ですが、全体的には長すぎるものが多数を占め、症例という言葉が20回も繰り返されています。タイトルですからキーワードとは違いますが大きすぎる演題も気になりました。

by my-pixy | 2006-07-12 16:38


<< 板の間稼ぎ      なまえ >>