2017年 06月 14日
まだ名のない会・ANOTHER STORY. 3
相変わらずの人手不足で出席者数の把握はできていませんが、昨夜の火曜会で予定して頂いている方は見えてきました。週末の土曜日ということで定員には達していないようですので、ご都合のつく方はご一報下さい。私もしくは土竜塾、もくあみ会などのメンバーにメールでも頂ければ幸いです。
これまでの「まだ名も無い会」同様に軽食とお飲み物は用意しておりますが、その数の設定に迷っています。年月も経ち常連だった患者さんは少なくなりそうですが、歯科関係の方からは数十名のご連絡を頂いています。

自分でできるプレゼン準備は一歩ずつ進んでいます。折りに触れ行ってきた余興が資料ですが、時系列に整理していくことで「こんな時だったか!」と思う発見も多く、非公開だったものもふくめ、酒の肴にはなると確信しています。先日来進めてきたバックアップの大整理は有効でしたが、スライド時代の「あの1枚を!」探しは終わりがありません。運営は不手際ですがあと10日頑張ります。
f0103459_8513714.jpg

20年前の同じような会の一コマです。青少年センターでの出版記念会でしたが、幸運に恵まれて実現した火曜会40周年とともに、私のSTORYの中では記憶に残るものです。仕事を離れてという企画意図は今回と似ていて、そんな雰囲気を思いながら準備を進めています。
おかげまで昔のスタッフからの連絡もありほぼ予定してきた人数に近づきつつあります。1週間を切りましたが先が見えてきて思いのほか元気です。


f0103459_951655.jpg

by my-pixy | 2017-06-14 08:53


<< PENTAX HISTORY      ANOTHER STORY. 2 >>