2017年 06月 25日
まだ名のない会
f0103459_9543994.jpg 最後の最後までハラハラドキドキの「まだ名のない会」でした。前夜の緊張はのび太くんのブログでまざまざと表現されていますが、あまり寝付きの良くない本人は、正方形のスクリーンの下半分でのプレゼンを覚悟し、導眠薬で翌朝を迎えました。この半年、自分自身は4Kテレビでのプレゼンに完全シフトし、ダイビルの会議室改造もほぼ完了、火曜会のプロジェクターも横長のものに交換し、移行のプログラムも完了していました。
 
 それだけに今回は、自分のプレゼン内容とその資料発掘などに特化していました。「名のない会」の会場工業倶楽部はこれ以上の場所はないと信じきっていて、アジトから自分でプロジェクターを搬入することまで決めながら、パソコンから出力するところでチェックの糸は切れていました。直前の関心事は事後抄録に集中し、カラーかクレースケールか、サイズ、形態など印刷所とのやりとりに明け暮れていたためです。

 どうにでもなれ!と寝込んでしまった翌朝9時、事態は予想外の展開を見せ始めました。まず、あの格調高い工業倶楽部からスクリーン持ち込みOK、前夜のうちにネットで発掘されていた、レンタルスクーリンの契約などがバタバタと決まり、開会30分前にはまだ見たこともない組み立てスクリーンが、備え付けられていた正方形のものの前に立ち上がりました。



 緊張の一夜とどん底からの復活劇でぐしゃぐしゃでしたが、なんとか時間オーバーのプレゼンは終わり乾杯の音頭で会は次のステージに移行しました。


 

by my-pixy | 2017-06-25 16:50


<< 次は臨床歯科を語る会!      PENTAX HISTORY >>