2017年 07月 03日
ニセコ物語の始まりは23才
f0103459_1501346.jpg先日の「まだ名もない会」のプレゼン作りでどうしても見つからなかった写真がありました。2〜3年前のブログに使ったことは分かっていたのですがその1枚がどうしても探せなかったのです。結局、その部分は割愛することになりましたが、週が明ければ何事もないかのように出てくるのです。

 すでにご覧いただい方も多いと思いますが、1954年の学割の切符までついていました。タグもスキー・ヨットで間違っていませんでしたし、アップしたのは2014年1月のことでした。リフトもない今のニセコの反対の昆布温泉から登って、雪だるまになって落ちてきたのですが、この原稿も見つけられませんでした。取り込んでいる時にはよくあることで、こんなことに時間を使ってしまうものです。
これに懲りてデータの整理は一歩ずつ進むのですが、思い描く理想にはなかなか近づかず堂々巡りばかりです。

落ち着いてみると4月末に診療を打ち切ってから2ヶ月間、リングストロボをつけた口腔内撮影用カメラは戸棚に入ったままです。新しい画像はといえばサブカメラかスキャナーだけですからその豹変は著しいものです。4月の診療も終わらせることばかりを気にかけていましたので、セットする義歯の写真も撮り忘れたりしています。これからも同じ状態ですから新たな気づきや発想は次第に無くなるでしょう。
 そんな状態で土竜塾などで同じ発言をできるかどうか心配です。時折、患者さんから電話を頂いたりするとすごく懐かしくなって喋りこんだりしてしまいます。60年染み込んだ習性を変えることは容易ではなさそうです。1週間が過ぎ自分自身の立ち位置が変わって、長年付き合ってきた「臨床歯科を語る会」がどんな風に見えるか、楽しみでもあり恐ろしいようにも感じます。

by my-pixy | 2017-07-03 15:11


<< 2017臨床歯科を語る会      次は臨床歯科を語る会! >>