2017年 08月 06日
セカンド・ライフ・1
f0103459_10362157.jpgf0103459_9322396.jpg4月末日にアップした画像ですが、タイトルも適当ではなかったので再度アップしました。はるばるブラッセルからやってきて30年あまり待合室の壁を飾ってくれていたのですが、その大きさ故あわや処分の瀬戸際に立たされていました。
1989年ブラッセルで、作者ともども解体輸送作業に立ち会ってきた時の写真が、この危機を救ってくれました。記録の重要さを思い知らせる一コマでした。

いずれこの後にもダイビルを離れて旅立っていったモノたちをご紹介します。

by my-pixy | 2017-08-06 09:53


<< セカンドライフ.2      台風に乗ってクマモン現る >>