2017年 08月 11日
有歯顎の補綴・一次固定か二次固定か
f0103459_9294899.jpgお騒がせの台風5号はなんとか北へ去ってゆきましたが、一部クマモンは9月の基本ゼミに置き土産を残してくれましたし、ほかにも9月にはいろいろ声をかけていただいているので、のんびり夏休みというわけには行きません。

特に基本ゼミの人たちの13症例には仰天しました。われわれの診療室の全盛期でも手を拱いたような全顎の難症例、すれ違い、左右偏在などのオンパレードですが、反面クラスプデンチャーほとんど見当たりません。本当にこの人たちが手がけるとしたら、技工やTEKはどうするのかなど難問山積です。
 数日は呆然としていましたが、そのままというわけにはゆきません。ここに至ったヒストリーを再考するとともに、目標を下げてもより安全に軟着陸する策を提示することに転換しました。患者さんにとっても、術者にとっても辛いことになるとしてもほかに選択肢はありません。苦し紛れにインプラント!などという事態ではないのです。
それにしても皆さんは、Removal Partial Dentureは、ベテラン技工士がいなくても、CADCAMで蘇るとお考えなのでしょうか。

by my-pixy | 2017-08-11 09:31


<< 欠損段階の分類      セカンドライフ.2 >>