2017年 08月 25日
井上 靖「氷壁」画集
f0103459_11101222.jpg
f0103459_1557588.jpgf0103459_15573270.jpg 昭和33年朝日新聞に連載された井上 靖「氷壁」の挿絵として書かれた水彩画集が出てきました。当時かなり話題になったもので、小説もいろいろ話題になりましたが、特に毎日の挿絵は楽しみでしたので飛びついたのを覚えています。
著者と上高地や、涸沢に出かけられた後日談も出ていて、良き時代が偲ばれます。ちょうど30歳になったばかりの頃でした。
古い小説をめぐって話題の取り合いになりましたが、本家の方は画集のご紹介でしたが、幸い実物はこちらに残っていましたので、画集の方の追加をアップしました。横長の形態などに手こずって半日仕事になってしまいました。(穂高をめぐって物語は展開されるのですが、なぜか3枚目の見開きは赤倉観光ホテルです。小説との関係がどうなっていたかはよくわかりませんでしたが、当時日本国内では非常に印象深いスキー場でした。)

by my-pixy | 2017-08-25 16:00


<< 1980年代の問題症例      咬合採得は難しい >>