2017年 09月 11日
卒後20年
f0103459_1023876.jpgいよいよ来週末は2017年の基本ゼミの担当ですがその前に、愛知県のしんせん組の方々が、症例持参でいらして下さいました。もくあみ会などでのお付き合いも長い方々ですが、5人の発表者のうち1人の事前抄録が準備段階から気になりました。
いつものテーマや内容と何かが違うのです。術者年齢などが書き込まれている咬合面観なども不穏です。やがてその謎は次々に明らかにされていくのですが、われわれの失語症は一気に高まってしまいました。
同世代の仲間とは話しながらここに到ったのでしょうがそれにしても信じられない経過でした。
最後になりましたがタイトルは「加圧要素に対応できなかった1症例」でした。担当者の技術も能力も申し分なくてもこうした局面に追い込まれることがある難しさを見せつけられ、「人」を知り、コントロールする難しさを痛感します。

by my-pixy | 2017-09-11 10:04


<< 欠損歯列の見方と処置方針      ブラザーズ >>