2017年 09月 25日
われわれは過去も海面下も見ていない
f0103459_174797.jpgセミナーの準備から始まって、60年間のスライドを見直しています。何がいいたいのだと言われるのは承知の上ですし、リタイヤした老人の戯言と思われても結構ですが、こちらには臨床一筋60年という旗印もあるので簡単には引き下がらず同じことを言い歩くつもりです。
 ことの発端は10年前のパーシャルデンチャー新時代という書名です。この時苦しみ抜いてもインプラントという言葉を避けたトラウマはその後も続いているのです。確かにくるかこないかもわからない新時台という曖昧な言葉は、窮余の一策にはなりましたが、未だ見ぬインプラントの姿を万人が認めるものとすることはできませんでしたが、われわれできることできないことをクリアにすることは可能になるでしょう。ただそれには患者さんご本人のご協力が不可欠です。

 

by my-pixy | 2017-09-25 17:49


<< スリーピングバッグ      次のプレゼンは10月8日 >>