2017年 10月 30日
セミナー明暗
f0103459_10291332.jpg 人によっては四連続の台風同伴の熊本・東京合同のセミナーでした。参加者は開会と同時に帰途の足の確保に奔走、主催者はそれを聞きながらスケジュール変更にドタバタという慌ただしさはまたか!!でしたが、それでもなんとかベストの収拾策を!いう緊張感はなかなかのものでした。

 気まぐれ台風には勝てないが、いいセミナーにしようという13人のメンバー気持ちは変わらなかったからでしょう。二枚の写真は裏方に徹してくれたわがチームのスナップですが、スマホの2ショットとは一味違う抜群の記念写真です。折しもニコンはデジカメ中国生産を中止するという中で、どちらも場の雰囲気が素晴らしく早速借用しました。

 過去3回のもぐら塾でしたが、2枚のスナップはいずれもも私が思い描いていたスタディグループの理想像がよく表現されています。全員ケースプレのための下ごしらえも大変ですが、それが聞くだけではない参加者の緊張感に極めて重要な要素で、今回は「それぞれの思い入れのケース」というお題も出ていました。

 懇親会場の設営に尽力していただいた裏方やお店の方のバックアップも抜群でした。今後もこんな形のミーティングができるかどうかは分かりませんが、その場を体験した次の開催地担当には良いプレッシャーになることでしょう。

 次には台風の出席はないでしょうが2週後、被災地慰問を兼ねて熊本です。

by my-pixy | 2017-10-30 10:27


<< 台風なしで、肥後もっこすとの三日間      スクリーンセイバーから >>