2017年 11月 30日
年齢相応、スマホとの決別
f0103459_1241401.jpg 歩きスマホの危なさは日々経験するが、自分自身の生活の中でもなんの役に立っているのだろうかと自問することが多い。赤電話がなくなってやむなく携帯を持つようになったが、その後も終始折り合いは良くない。トイレにこもって大声で営業の打ち合わせをしているケースも何度かぶつかったり、先場所逆転優勝のヒーローの悲劇にしても後味の悪さは否めないが、その他のニュースネタになる様々の事件にしても、始まりはマナーの悪さからきているような気がしてならない。

 電車の車内や、会合での若手の利用ぶりを見ていると、その利便性を羨ましく思うことも少なくないが、キーボードを使えない自分にとっては結局携帯電話の域を出ない。それにしては溜まりに溜まる迷惑メールの処分や、ID、パスワードに追い回される煩雑さなどマイナスが多すぎる。3年ほど前にもガラケイ回帰を企てたが果たせなかった。
 今回、改めて不退転の決意を心に3万円ほどのガラケイに手を出した。前回の轍を踏まぬよう電話以外には使わないことにスマホは封印した。カメラなどでもタッチパネルは嫌いなので、ためらいはあっても、クリック感なしには何も起こらないことを言い聞かせながら、3日間が過ぎた。
またまた、ブログに痛めつけたりはするもののID、パスワード地獄からは少し遠ざかれて頑張れそうだ。メールもデスクトップでしか使わないので気分は楽になった。

by my-pixy | 2017-11-30 10:44


<< 6ヶ月ぶりのチェアサイド・技工士      2017臨床歯科基本ゼミ >>