2006年 07月 26日
次の弟分はD80?
f0103459_8255793.jpg
 ショ−トリリーフだったD100をはさんで、2004年3月以来まがりなりにもD1Xの後を担ってきたD70ですが、後継機にバトンタッチの時期が来ました。次の機種名の公表はありませんが、私はD80以外にあり得ないと思っています。発表は8月9日ですがメガピクセル機で激戦の最中への登場ですから、好評のD200の弟分としてふさわしいスペックになるはずです。発売は9月に入ってからのことになるでしょうが、暫くはD200一台で頑張ってもらってD70はオークションに旅立つことにしました。

 D100、D70とも、D1、D1Xの栄光はかなぐり捨てて、ニコン再建の矢面に立ってきました。安普請は目に余るものがありましたが、後手に回ったデジタル一眼の普及機として善戦敢闘、特にD70は良くやってきたと思います。そのけなげな働きがなければニコンの再起はなかったでしょう。特筆大書すべきは機敏な動作と省エネ設計にあったと思います。大きな飛躍を遂げてニコンらしいカメラに返り咲いたD200ですが、省電力という点だけはD70に遠く及びません。バッテリーは小さくなりましたが、大食漢の血筋はD1Xから引き継いでしまったようです。

 二桁数字のD80(?)は、貧乏所帯で頑張ったD70のつましさを思い出して、誕生して欲しいものです。デジタル一眼はAPSCでフルサイズ化は目指さないことを決断したニコンは、その枠の中での設計に徹するでしょうから、10万円以下で兄貴を脅かす内容が期待できそうです。発表までは量販店でも予約は受けてくれませんが、オークション資金を手に発売日にはレポートします。

by my-pixy | 2006-07-26 18:39


<< 下顎の前歯  4   ...      うぐいすとキノコ >>