2006年 08月 27日
今週はD80
f0103459_84662.jpg
 すでにショールームその他では展示も始まり後半には実機も入手できるでしょう。これまでならば相当ウキウキしているはずなのですが、どうも今回は違います。カメラ雑誌の記事が、新しいものに偏った内容になるのは致し方ないのですが、今回は一族兄弟の争いで、お気に入りの兄貴分が守勢に回っているからです。8月9日の時点では本気でどちらにしようか迷っていましたが、今は弟はD80に決めました。同じ機種を2台持ちたくないことが最大の理由ですが、この世界では新しいものの機能が必ず優れているからです。
 かってD1Xにいくら執着しても、機能的には半額以下の安っぽいD100に敵わなかったように、新しいものは必ずよく安くなるのがパソコンやデジタルカメラの宿命です。フラッグシップだ何だとおだててみても、重く、使いにくく、色もいまいちのD2Xをいま選ぶ人は、はったり勝負のプロカメラマンしかいないでしょう。

 カメラの造りはともかく、こだわってきたファインダーまで差が無くなっては、2倍〜3倍の価格差は通用しません。F5やF6のような究極の堅牢さや連写速度を必要とするプロカメラマン以外、いまニコンを買うならD80以外は考えられません。現時点では旧ユーザーからあれこれ言われても、SD化が必至という現状ではCFの機種が消えていくのも致し方ないでしょう。D200で踏み切ってくれていたら!という思いはありますが、そこまではできなかった事情も痛いほどわかりますからやむを得なかったでしょう。
 むしろニコンはAPSC、SDカードと二つの思い切った決断をしたと思います。ここまでやるの!というくらいコンセプトは明確です。これに対してもう一つのトップメーカーの方は新型カワハギを発表しましたが、ゴミ取りと安値以外に何の魅力もありません。フルサイズなど製品系列を複雑にしているだけで、全体の思想が伝わってきません。独走、巨大化のツケでしょうか。

 私にとってそれより深刻なのは、このH.P.最大の売り物だったデジカメ談義の存在意義が、急激に薄れてきたことです。デジタルカメラは、ファインダーを覗いてきちん撮るカメラと、手を伸ばして片手取りするポケットカメラの2機種に整理され、ブランドイメージも無くなってくるようです。
これからはネタ探しがいよいよ大変です。

by my-pixy | 2006-08-27 16:01


<< 9月 サルディニア  84      月光浴 >>