2006年 10月 23日
Aperture その2
f0103459_19481143.jpg
f0103459_1948286.jpg
 先週後半、なぜか分からないのですが、Apertureバージョン1.5へのダウンロードのお知らせが舞い込んできました。確かに予約はしているのですが、まだ来月といわれていますしそれとは別物らしいのです。週末プレゼンの予定もあったので大喜びでテストを始めました。
 バージョン1.0とは別物、動作はキビキビしているし、RAWにも対応しているなど、いうことないのですが多機能なのに日本語の取説がありません。おまけにデータをバージョンというなどチンプンカンプン、表示文字が滅茶苦茶細かいときています。七転八倒、何度も今週は見送りかと白旗を揚げかけました。しかし突然出てくる機能は魅力満点。全部は使えなくても!なんとか頑張りました。

上の写真は4ショット表示にしてサムネールを中央にもってきたもの、下は2ショット表示にしてサムネイルは上に、さらにルーペでサムネイルを拡大したところです。サムネイル表示はタテヨコ自在ですし、大きさも可変ですからマルチ表示に加えることもできます。さらにライトテーブルという自由度の高い編集画面もあるという多機能ぶりで、使い手の能力が問われます。

 今回は時間切れで、2画面対比とルーペだけで勝負しましたが、それなりの効果はあったと思っています。今後は画像の作り方、構成、ツールの使い方などにも緻密なプランニングが必要になりそうです。一つの画像に小さなデータををべたべた貼りつけたり、4分割オンパレードなんていう芸のなさは許されません。ルーペを使えば元画像の悪さは一目瞭然です。たくさん撮れるからと小さなサイズで保存したデータも、それなりの報いを受けることになるでしょう。

 スライドショーと同じ画面でRAWの調整もできますが、ちょっと細かくて使いにくいので、きちんとした操作にはLightroomなどということになりそうです。こちらもベータ版は落としてあるので近いうちにレポートします。Lightroomでもスライドショーはできますが、何となくあまり楽しくはなさそうです。

by my-pixy | 2006-10-23 19:56


<< 天涯の地・続き      プレゼン用ソフト >>