2006年 11月 28日
パーシャル・デンチャーの三悪 ( RPD.2 )
f0103459_1933205.jpg 最後臼歯などをなくしてパーシャル・デンチャーが避けられなくなった患者さんに、嫌われるものは外から見えるクラスプ、舌感を妨げるコネクターと大きな義歯床です。

f0103459_8435186.jpg  支台装置を工夫したり、「外形は失われた組織の範囲内に納める」ことを心がけ、かなり成果を上げてきましたが、元ただせば1本の支台歯を無くしただけというケースは少なくなく、その代わりにインプラントを使おうとしているようです。

インプラントが使えなかった頃の私のパーシャル・デンチャーを並べてみても、可撤ブリッジ型で無難に受け入れられた義歯と、バータイプの義歯になって苦情が耐えなかったものとの違いは、遊離端に1本の支台歯があるか無いかの違いでしかありません。遊離端義歯は間接維持装置を使って両側性設計!などというおかしな定説が、たくさんのパーシャル・デンチャー嫌いの患者さんを生み出したことは間違いないのです。

 いま1本のインプラントが植立できれば、上の写真の9症例はすべて下の写真と同じ補綴方法に変えることができるのです。もちろん外科的な処置を嫌われる方もあるでしょうが、経済的負担はむしろ少なくなるでしょう。そんなことは当たり前!
どだい今頃パーシャル・デンチャーがああだこうだいってるヤツがおかしいんだという方も多いでしょう。

 でもちょっと待って下さい。たしかにオステオインテグレーションタイプになって、インプラントの安定性は大きく向上しました。しかし大きな努力はフィクスチャーの安定に向けられ、その上部構造については、これまでのクラウンブリッジの手法が流用されているだけではないでしょうか。ビス止めがすたれてメタルボンドになり、ポーセレンが破折して硬質レジンに緊急避難しても、本質は何も変わっていません。

 残念なことに多くの患者さんと歯科医は固定性にこだわるために、こうした可能性に門を閉ざしています。そのために多数のインプラントが必要になったり、上部構造のセメンテーションなど厄介な問題を背負い込むことになっているのです。
一次固定をしない!。ロングスパン欠損には可撤性ブリッジ!。を旗印にしてきた私のパーシャル・デンチャーは大きなボーナスを手にしつつあります。

by my-pixy | 2006-11-28 19:41


<< 可撤性ブリッジ ( RPD...      歯科医師会 >>