2007年 08月 28日
D3とD300
f0103459_903634.jpg 同時に発表になった2機種ですが兄弟分というには大分格が違います。1999年にD1に飛びついた時もその後のD1Xでも分不相応なボディを使っていました。作る方も使う方もデジタル画像なるものが良く分かっていなかっただけでなく選択の自由もなかったからです。フィルム時代にはF3やF5でなくF100を愛用していました。重さと価格と自分の能力からそれで十分だったのです。
 元気だった時期には6×7を担いで歩いていましたが、やがて重さに耐えられなくなりましたし、大きなスライドの管理にも苦しんだためです。さらに2005年11月にはレンズ選択の問題から35ミリフルサイズは諦めてAPSCに移行しました。プロジェクターに制約されるデジタル画像の用途問題からです。したがって今回の2機種には選択の迷いはありません。
 迷っているのはサブとして80と200のどちらを残すかです。D3の1240グラムは法外としても、585グラムのD80に較べれば830グラムもD200も軽いとはいえません。しかし2台を併用するとCFとSD混合になって面白くありません。今回の2機種がCFだったことでどうやらニコンは二桁の80以下はSDと割り切ったようです。気軽に持ち出せる80と、操作感も良くD300と同じCFを使う200、どちらがオークション行きになるか結論は07年11月です。
  

by my-pixy | 2007-08-28 08:49


<< 朝の散歩      25年も経つと >>