2007年 09月 13日
Aperture使用例
f0103459_1914227.jpg
f0103459_1914508.jpg
話の途中でブログにジャンプしその中のケースプレともからませての展開するなど「これで新境地!」と本人だけは大満足でした。退屈きわまる4枚合成のオンパレードや、無駄が多いスライド時代名残の2枚、5枚合成などはさようなら!、合成なしの1枚高品画質を提示できる可能性が開けてきました。もっともPower Point族には関係もない話ですが。
 なぜ1枚の画像にこだわるのかは再々述べていますが、スライドをスライドで見ていた画像に較べると、今のデータプロジェクターの画像はかなり貧困だからです。デジタルカメラの方はどんどん高画質になりましたが、ビジネス用途の機種しか出てこないデータプロジェクターは1024×768のXGA止まりです。D80の記録画素3872×2592と較べてください。の1/13しかないのです。画像を作る人たちはそんなことにお構いなく1枚の画像の中にべたべた貼り込んできますから収拾がつきません。
 この週末は「臨床基本ゼミ」ですが、症例呈示の宿題を出してみると恐ろしいことになって送られてきます。メンバーの人たちはお金儲けは上手でなくても、技術面も今はともかく、まちがいなく自分の職業に真っ直ぐ向き合っている素晴らしい方達です。懇親会では毎回大いに盛り上がって楽しい時間を過ごしています。
 しかしデジタル画像はトンチンカンです。何度も説明しているのに、高級デジカメも買ったのに、画像サイズ、JPGなどという観念はまるでなし。合格ラインをクリアは1/3でしょうか。となると歯科界全体は魑魅魍魎の世界でしょう。Apertureがとんだ脱線事故になりました。続きはまた・・・・。
 

by my-pixy | 2007-09-13 16:54


<< 朝の散歩      Aperture本格使用 >>