2007年 10月 05日
ナナオのテストを終えて
10月3日、4日の説明はそれぞれに書き足しました。歯の色、歯肉の色に特化していますが、今回のようなテストは下手なカメラ雑誌よりも厳しい側面も持っていると思います。厳しく言えば室内照明や壁天井の色彩なども問題になってきますが、むかし技工室の照明だけは変えたこともあるのですが明るさの点で元に戻りました。2台のモニターはじっくり見ればナナオですがパット目ではコントラストの強いアップルに歩があります。アップルは調節不能なのでナナオの明るさななどをアップルに近づけてみるとナナオの良さは薄れてしまいます。最後にD60ナナオコンビの咬合面観で終了とします。シーラントの跡などもよく分かります。来月はD300が楽しみです。
f0103459_1648622.jpg


by my-pixy | 2007-10-05 15:06


<< デジカメとプロジェクター      ナナオのテスト その2 >>