2008年 03月 17日
08臨床基本ゼミ
f0103459_104918.jpg
 先週末から08年の臨床基本ゼミが始まりました。始まりはデンタルX線写真です。参加者それぞれ4枚ずつのデンタルを持ってきて頂くようにお話ししてありました。1〜2の脱落者はありましたがここに16名分のデンタルが並んでいます。問題点はありますが初めのこの状態も、終了時にはほとんどの方が、ここにあるベストのものと同レベルになるでしょうから悲観はしていません。ただ困るのは下の方に並んでいるデジタル組です。右下コーナーの方はイメージングプレートで、前例がないくらいきれいな画像でしたが、やはりフィルムには及びません。
 その横にあるCCDの2枚はお気の毒ですが、エリア的にも画像としてもどうにもなりません。こんなものを作っているメーカーも、認可した役所も何を考えているのでしょう。もう10年も経つのですから反省があっても良いはずです。

 画像はきれいですがまん中辺のインプラントも気になります。卒後8年目のバリバリの補綴医局員のものですから一入です。普通のデンタルを持ってくればよいのに、頭を叩かれたくて持ってきたとしか思えませんが、本人はお気に入りの一枚なのかもしれません。パントモも見てしまいましたので来月から懇親会のたびに楽しめます。

 20歳代が7名、30代が11名で10年目にして始めてこちらが期待する年代層と合致しました。20代の人もほとんど30歳を目前にしているので、期待の30代に絞り込めたといって良いでしょう。女性は4人だけですが皆はきはきして手応えがあるのに対して、男性群は懇親会になってもあまり覇気が感じられず今後が気がかりです。現代の傾向なのでしょうか。

by my-pixy | 2008-03-17 10:17


<< 思い立ったら・・・      四季の風の中で >>