<   2006年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2006年 04月 23日
電子手鏡の8年  その2
 再構築に当たっては、デンタルX線撮影をどうするかという問題と、テレビかパソコンかどちらのディスプレーを使うかという2つの問題があります。
 現在はセレクターで切り替えてエルモと一眼レフを使っているのですが、この点はさして問題がないだけに大画面のテレビが優勢になってきたのです。いくら便利だといっても画素数的にエルモには限界があるのですが、カメラから入力するとなるとX線フィルムの撮影という問題が壁になります。シャーカステン上の撮影にはカメラの固定が必要になるからです。エルモを買いたくても現物がない人には、アクリルのチューブで固定する方法などをお勧めしていましたが、自分で使う気にはなれませんでした。
 スライドデュープ用の装置などのように、レンズの先端部に取り付けることも考えましたが、撮影時も外した時も装置がじゃまなになります。そんなことなら小型デジカメ撮る方が簡単そうですが、入力が2系統になるのでは何にもなりません。1台のカメラで現在よりシンプルな方法でなければならないのです。ISOを上げることも考えましたが戻し忘れが心配です。
 明るいシャーカステンでも手持ちは無理と決めてかかっていましたが、むかしリングストロボを光源にしてデユープをしていたことを思い出しました。被写体を明るくすれば良いのだと気づいてから、問題はすらすらと解けてきました。乳白色の蛍光灯にフィルムを近づけるとワット数にもよりますがF11で1/500位が切れます。
 手持ちならばフィルムを立てて横からの撮影の方がすべてが楽です。レンズとフィルム間は約16センチですから、カメラをキャビネットの上面で固定することもできます。
仕上げはランプの明るさと、間に挟むアクリル板の厚みをコントロールすれば、口腔内撮影と同じ条件、マニュアルでF19、250で、すべての撮影がまかなえることになります。ただしミニリングのスイッチだけはOffにして下さい。

 ここまでくれば一安心、セレクターもエルモも個別のシャーカステンの不要になりました。撮影台は自動現像機のそばに一台あれば十分で、キャビネット上もすっきりしました。どちらのディスプレーを使うかはゆっくり考えます。長年お世話になったエルモの行く先も考えて上げたいと思います。
f0103459_15181028.jpg


by my-pixy | 2006-04-23 17:52
2006年 04月 21日
電子手鏡の8年  その1
f0103459_1164061.jpgf0103459_1171113.jpg 1998年には、まだデジタル一眼レフは登場していませんでしたが、小型デジカメが100万画素に届き使い勝手も向上してきたので、何とか臨床に応用できないかと考えていました。 当時の主力は親指カメラと呼ばれた小型ビデオカメラでした。日本の歯科メーカーは自社では製作せず、日本製電子器機を組み合わせた米国製品を輸入して売りまくっていました。たった40万画素しかなのに動画を静止画に変換するために、カート一台の図体にもなる馬鹿馬鹿しい装置でした。それに水をかけてやろうというのが「電子手鏡」という発想でしたが、勝算はありました。
 むかし話は98年9月号の歯界展望の「電子手鏡のすすめ」に譲りますが、小型デジカメで始まった電子手鏡は、その後エルモ製資料提示装置DT 70に引き継がれました。自現機から出てきたデンタルX線フィルムを、すぐに拡大して見たいというニーズが高かったからです。DT 70はこの目的にはぴったりの装置で多くの人に愛用され、生産中止が決まった時には身内で在庫の争奪戦がおこるほどでした。フォトビデオカメラなどと呼ばれる同種の製品もありましたが、使い勝手は断然エルモでした。
 カメラで撮影したりパソコンを操作したりする手間が無く、濡れたフィルムでもシャーカステンの上に置けば、そのまま見られる魅力が、ニコンD1に始まるデジタル革命の中でも厳然と生き残ってきました。しかしこのことは患者さんへの画像提示を「ビデオ・テレビ・ライン」に依存させ、パソコンによるシステム展開を妨げる弊害も生みました。症例の記録というラインは完全デジタル化されながら、即時性を生かした患者さんへの提示がなおざりになったのは、大半の患者さんが古くからの方々で、あらためて全顎の提示を必要とすることが少なかったためで、その空間にエルモががっちり根を張ってしまったのです。 遅ればせながらシステム再構築を考え始めました。

by my-pixy | 2006-04-21 17:50
2006年 04月 20日
K-Maxは不滅?
 白色LEDを使って口腔内写真がとれないか?と熱中していたのはついこの間のことのようですが、デジタル・スクエアにその記録はなく「蔵」の中に仕舞われていました。2002年のことですから、もう4年も経っているのですが思い入れが強かっただけに記憶は新鮮です。手作りの開発段階に、部品を探して秋葉原を歩き回った技工室の人達も同じ気持ちで、コスト高で継続生産はできなくなりましたが、愛用機は技工室の第一線で頑張っています。
 顕微鏡の部品として蛍光灯を使った照明装置はあってもこちらはコードレス。支柱に乗ったバッテリーともども片手で持ち歩ける手軽さは抜群です。かつてのユーザーの方でミニリングに切り替えられた方にはぜひお勧めします。
 LEDの素材は現在も大きく進歩はしていませんし、コストもほとんど下がっていません。大事にして上げて下さい。
f0103459_17503243.jpg


by my-pixy | 2006-04-20 17:49
2006年 04月 16日
口腔内撮影用ミラー Ref 97
 長らく懸案になっていた口腔内撮影用ミラーですが、ようやく市販できる段取りが整ってきました。TTL接写に見切りをつけ、ミニリングによるマニュアル撮影を推進するには、どうしても欲しいアイテムだったのですが、国内を探し回っても見つからなかったミラー素材がドイツで見つかったからです。半ば諦めかけていたところでしたが、先方もドイツ国内で同種製品を製造していたことから、とんとん拍子で話が進み始めました。
 テスト、デザインのオーダーが進みロット契約までこぎ着けましたので、遠からず発売できると思います。基本形は昔、ペンタックスで作ってもらっていたものを踏襲しましたが、当時はできなかった曲線の加工もとりいれ、一歩、前進できたと思います。
 何と言っても自慢できるのはペンタックスの94%を上回る反射率97%で、現在国内で市販されているミラーを大きく上回ります。肉眼で見ただけでもはっきりするクリアな画像は、撮影時50%の光量ロスがほとんどゼロになる証です。
発売日、価格は未定ですが、現在市販されているもの以下で、5月下旬を目指しています。
f0103459_17482622.jpg


by my-pixy | 2006-04-16 17:51
2006年 04月 10日
風の男
 
f0103459_171647100.jpg
先週の水曜日NHKの「そのとき歴史が動いた」で白洲次郎さんの戦後物語が放映されました。時間帯も10時に変わり夕食後かぶりつきで見ていました。どちらかといえば白洲正子さんの著作物などに接する機会の方が多く、次郎さんの方については断片的な話で聞くだけで、伝説的なベールに包まれたままでした。
 テレビ番組のこととは思うものの、戦後のこの時期のことは鮮明な記憶として残っているので、戦国時代の物語とは違うリアリティで迫ってくるものがありました。あまりにも美しすぎると思うことの連続なのですが、マッカーサー、吉田茂を筆頭に登場してくる面々にはそれなりの記憶はありますし、敗戦当時の生々しい出来事は世代の片隅で共有してきたので、絵空事とは思えなかったのです。
 翌日、ブックセンターに出かけてみるとおびただしい書籍がありましたが、そのうち3冊を選んで週末はどっぷり「風の男」の世界に浸かっていました。ちょうど私の父親の世代になると思うのですが、私自身は小学校高学年から社会人になる時期のことですから、うらやましさと共感が交錯した久々の読書でした。
 敗戦という未曾有の混乱期ゆえにヒーローやヒロインが活躍できる場があり、そこにピタリとタイミングを合わせて類い希なるスターが登場したということでしょう。正子さんとはまったく異なる分野で大輪の花を咲かせた、それぞれのDNAにはただ驚きのほかありません。

by my-pixy | 2006-04-10 17:16
2006年 04月 01日
4月 ボラボラ
 
f0103459_17124571.jpg
何処に出かけても、子供達のくったくない姿を見るのは楽しいものですが、クルージングをしていると陸にいる時間が少ないので、こういう光景に出会うチャンスは限られてしまいます。この時も食料や飲み物を仕入れに行ったスーパーの前でのことでした。どこかでヨーロッパの血が入っているのか、フィージーやトンガの子供達とは違う顔つきや色彩感覚が目を引きました。

by my-pixy | 2006-04-01 17:11