<   2007年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2007年 03月 31日
07臨床基本ゼミ
f0103459_20332624.jpg先週末07年基本ゼミがスタートしました。初回はデンタルX線写真の読み方とともに、きれいなX線写真や口腔内写真撮影の実習でした。使用中のカメラを持参していただいたところ、われわれは見たこともない不思議なカメラにお目にかかりました。何れも一寸手が出ないような高級機ですが、どうして!!!というようなカメラたちでした。
 昼前のレクチュアの時は目一杯こけにしていましたが、午後の実習になると○○スペシャル3人組は意気軒昂、手慣れた手つきで借り物デジタル1眼レフ組を出し抜いていました。ファインダーなんか覗けなくたってケイタイ撮影術で問題なさそうです。いずれ成果のほどはお目にかけますが、講師一同には真似できないテクニックです。
 2倍も払ったんだからという気合いの一幕でしたが、最後に俺たちの写真をH.P.に載せろと強要されハイハイと約束させられてしまいました。それでもと気を遣ってアイマスクをかけましたが、明日あたりあんなもの外せとメールがくるのではないかと心配です。
 他にも受講生から教えられるところ多い初日でしたので続きをお楽しみに。

by my-pixy | 2007-03-31 21:03
2007年 03月 26日
キリクと魔女
f0103459_814420.jpg  この週末は07年度臨床基本ゼミの第一回でした。例年にない素敵な方々との出会いで大いに盛り上がりましたが、楽しみにしていたフィギュアの世界選手権女子フリーは見ることができませんでした。深夜に帰宅したところ大逆転劇の余韻は残っていましたが、翌朝の新聞と日曜の録画を待つしかありませんでした。
 片付けを済ませて夕方からテレビッコになっていましたが、コマーシャルに邪魔されてちょっとハイビジョンの方を覗いたまま、元の民放には戻れなくなってしまいました。釘付けにされたのはあの「マダガスカルのこどもたち」に再会したからです。本当はアフリカが舞台のお話しのようですが、あのこどもたち、あの色彩、あの大きなバオバブが登場してきては、最強の日本フィギュア軍団も太刀打ちできません。試合がライブだったら違ったかも知れませんが、そのままアニメの世界で固まっていました。今朝になってCDや絵本を見つけ一安心、暇を見つけてブックセンターかAmazon.comです。
  基本ゼミの方も話題満載ですが、その原動力はわれわれ講師側の力よりも、参加された受講側の方々の熱気です。良いメンバーに恵まれてわれわれにとっても楽しみな半年間が始まりました。少し手が空いたらまたレポートします。

追加・パソコンでDVDを見ましたが、色が明るく彩度は低くなってハイビジョン放送の感動はありませんでした。NTSCに変えたら多少ましになりましたが、DVDを入れれば何時でも!というわけにはいかないようです。

by my-pixy | 2007-03-26 09:34
2007年 03月 16日
懐かしき車たち
f0103459_10475573.jpg お友達の平野さんが昔の車のイラスト集を出版されました。クラッシックカーに類する40台ほどの正面観だけを集め Car Faceというタイトルもユニークです。
 昔そんな話をしていたので、数年前には私が乗っていたHonda S600のミニイラストを額装して頂きました。真ん中の写真で一辺が9センチですが、この時にもこの本の構想は話していらっしゃいましたから、長年の夢の結実だったのでしょう。

「Car Face」にはスバルや2000GTに混じってS800も加えて頂いてますが、フライング・フェザーやコマツのダンプがフェラーリ、アストン・マーチンに混ざっているところも、いかにも平野さんらしいコレクションです。
 それにしても売れるのは軽自動車ばかりと思ったら、盗難車もヨーロッパから相当数入ってきているとか、よく分からないご時世ですが、軽自動車もレクサスもメルセデスも同じような仕上がりで、面白みはまるでなくなってしまいました。

よく壊れたけれど、楽しかった個性豊かなクルマたちを思い出します。

by my-pixy | 2007-03-16 11:00
2007年 03月 06日
ニコンよお前もか
f0103459_8552816.jpg シグマ70ミリマクロでちょっとつまずいていました。
 下の写真のように何故か画面下部がけられたように暗くなるのです。90ミリに較べればワイドになっていますからその可能性ゼロではないのですが、画角によるけられなら四隅にでるはずなのでちょっと様子が違います。それにさらに画角が広い60㎜、50ミリも使ってみたことはありますがこんな経験はありません。何といっても横一線というのはおかしいのです。あれこれやった末、カメラボディをD80からD200に交換するとこちらは異常なしです。カメラの問題だと分かって、シャッター膜、一眼レフのミラー速度などの疑いが出てきました。
 もちろん一般撮影では異常ありませんし同じストロボでも内蔵であればOKです。マニュアル外部ストロボに特有なのですが、シャッター速度を落とせば出ないことも分かりました。ついにデータ持参でニコンサービスステーションに行ってもらいましたが「異常なし」で帰されました。
 納得はできないのでD80とD200の違いを探していたところ新事実を発見しました。マニュアルで内蔵ストロボをホップアップさせると、D200は表示パネル上で1/250になります。ところが同じ操作でD60では1/200になり、両者のストロボ同調速度の基本設定が違うことが分かりました。こういう小細工をしないところがニコンの良さ!と思っていたのに、最近はD50のAFSレンズ問題など、トップメーカーを見習ってかチョコチョコせこい設計を取り込んできます。油断もスキもならないのですが、その分キムタクに払って業績向上するという嫌な世の中です。
 結論としてはD80でミニリングを使う場合には、シャッター速度は1/180にすべきだということです。D200はこれまで通り1/250秒で問題ありません。
f0103459_17361131.jpg


by my-pixy | 2007-03-06 09:50
2007年 03月 02日
星の王子様
f0103459_10504541.jpg 先日ETV特集で1時間半にもわたる特集をやっていました。そろそろ暖房を切って寝ようかと思っていたところでしたが、ついつい最後まで見てしまいました。
その話ですと、日本では岩波書店の内藤さんという方の訳が最初で部数も多いのですが、ほかに全部では17にも及ぶ訳が出ているのだそうです。
中でもバラの花との関わりについて語られた部分では、アンポワーズ?とかいう単語が10回近く繰り返し使われていてKeywardになっているとのことでした。元はといえばバオバブ関連で、あまり読んだこともない童話に手を出したのですが、何となく分かったようで分からないままでした。番組の中でサンテグジュペリの恋人だった女性との往復書簡の話なども出てきて、彼女がバラの花なのだというとも分かりました。
 44才という若さでなくなったサンテグジュペリが、社会に対する厳しい批判と自らの遺言状という思いもこめて書いたという話もあって、あらためて読み直そうという気にさせられました。

by my-pixy | 2007-03-02 11:04