<   2007年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2007年 09月 19日
美しいアナログ
f0103459_914051.jpg
 2000年頃よく使った画像でベースはスライドです。90年代前半に苦闘していた文字入れも可能になりましたが、スライドによるプレゼンが終わりになったのは、データプロジェクタが実用になった1998年以降のことです。この頃はまだ、すべての学会でデジタル画像を認めず、大きな2台のプロジェクターに大勢がはり付いて1枚ごとに双眼鏡を使ってピント合わせ等をしていました。スライド作りもかなりな負担でした。

f0103459_1022694.jpg デジカメとデータプロジェクターが揃ってシステムは恐ろしいほど簡略化されました。
 しかし撮影したフィルムを映写機で映すだけだった時代に較べると、便利さゆえの荷物がだんだん肩に食い込んできます。

 撮り終わったら一本まとめて現像してもらえば良かった色調再現が、1枚づつ自己負担になったのです。これが実は大変なことで、カメラの選択、ストロボ購入で後はみんなオートと思いこんだ人たちには大障壁になります。さらにインターネット、メールで安易さに慣れた人たちがパワーポイントにしがみつき、根本的な問題なしに利便性を追いかけて歯科の画像はグチャグチャになっています。
 先日のリクエストに応え小さなデータをお送りした方から「画像は,大変有難い参考です.歯科臨床において,どこをどう進んでいいのかもわからないものにとって,目指すべき基準があるということは,海を漂っていた漂流者がコンパスを拾い上げたくらい,なにものにも代え難い,有難いことです。」と丁重なお返事を頂きました。
 しかしサイズも小さく圧縮もかかったメールのデータなど所詮漂流物です。皆さんのデジカメは最新航海計器であることを再認識して下さい。カメラに続いてパソコンやモニター、ソフトなどすべてをレベルアップしなければならないこと、最後にご自分の眼と感性が問われることに気づかれるでしょう。

by my-pixy | 2007-09-19 10:41
2007年 09月 18日
臨床基本ゼミ
f0103459_11582775.jpg
 3連休も返上で朝から深夜まで臨床基本ゼミの人たちと付き合っていました。いじめ甲斐のある人たちで今朝はこんなメールもきました。「臨床基本ゼミお疲れさまでした。防空壕に隠れていたのですがじゅうたん爆撃を食らってしまいました。臨床基本ゼミは残すところあと1回となり、最後のピカドンだけは何とか避けたい思いです。」ジョークも効いてなかなかのコメントです。
 半年のセミナーを締めくくる10月の最終ケースプレが目前に迫っています。あと正味3週間です。画像調整の話も何度か繰り返してきたのに、まだここに登場しない人たちもいるので先が思いやられます。そこでメールは続きます。「つきましては先生の見本画像口腔内写真とデンタルを分けていただきたくお願いします。」
 他にも同種のメールはきています。「これ,という画像をいただけますでしょうか.基準を元に調整したいと思っております.」「今後の口腔内写真の規格化のために,基準となる理想的色調の口腔内写真を送っていただけないでしょうか.」まるでこれまで何も話をしてこなかったみたいです。
 でもこれらは優等生。あとの10何人かは声が出ないだけです。わが誇る受講生諸君がこんなものですから、歯科界全体のレベルは空恐ろしいものです。○○スペシャルからデジタル一眼に昇格した悲劇でしょうか。敬老の日の素晴らしいプレゼント。これで来月が待ち遠しい。イヒヒ!!

by my-pixy | 2007-09-18 11:59
2007年 09月 15日
てがみ
f0103459_9293981.jpg
f0103459_930391.jpg  この本は数年前にもご紹介しましたが、白洲正子さんにあてた織司田島隆夫さんの書簡集です。白洲さんが「目の覚めるような手紙」と絶賛し大切に保存されていたものとのことです。






 こんな真似ができないことは当然ですが、それにしても最近のメールなどによる交信は、常軌を逸していると思います。とくにマナーの悪さは目を覆うものがあります。この数ヶ月間は人間とも思えぬ出版人からの手紙に胃に穴が空くほど苦しめられました。最後には原稿の「てにをは」や句読点にべたべたに赤を入れた原本まで届けられるという一幕もありました。これでもやりかけた仕事は終わらせなければなりません。最近の行きずり殺人や親殺し事件などにも似た特異な出来事ですが、ネットやブログを続けていても辛い思いは数々です。
 こんな記事を書いていればアクセスはふえませんが、実利的なカメラパソコンなどのノウハウを書けば一気に跳ね上がります。長期間かけて、雑誌や書籍を書いたってほとんど反応はありませんし、今回のような嫌な思いを経験すれば一人でできるブログの方が余程ましとも思います。それにしても何かの参考にでもなったら一言ぐらい返信でもできないものかと愚痴も言いたくなります。どこかで出会えば見たよといわれるぐらいです。Webの世界はそんなところに決まっているじゃないかといわれるのが落ちです。
 それどころか何かの問い合わせに返事を書いても、見ましたとも役に立っちましたとも返事が来ないことが大半です。これはインターネット世界のことではなく個人のマナーの問題です。ところがこれがだんだん当たり前になりつつある恐ろしさを感じます。こんなことを書いたって何かが変わるわけでもなく、文句を言うくらいなら止めれば!!!といわれるのが落ちなのです。

by my-pixy | 2007-09-15 10:10
2007年 09月 14日
朝の散歩
f0103459_10293460.jpgf0103459_10311987.jpg  切腹事件以後暑さも手伝い2ヶ月ほど朝の散歩も途絶えていましたが、ようやく再開にこぎ着けました。すでに水茄子の時期は過ぎ、全長40センチの長なす丸茄子などになりましたが、焼き茄子には絶好です。
 麩まんじゅうはや生麩やゆばの専門店角山本店のものです。築地の交差点からは晴海方向に少し歩いた所ですが老舗らしいちょっと敷居の高いお店です。
 火曜日に一難去ったばかりなのに、これでも食べながら明日からのゼミの泥縄準備を急がなければなりません。弱いものいじめは気晴らしにはなるのですが。

by my-pixy | 2007-09-14 08:24
2007年 09月 13日
Aperture使用例
f0103459_1914227.jpg
f0103459_1914508.jpg
話の途中でブログにジャンプしその中のケースプレともからませての展開するなど「これで新境地!」と本人だけは大満足でした。退屈きわまる4枚合成のオンパレードや、無駄が多いスライド時代名残の2枚、5枚合成などはさようなら!、合成なしの1枚高品画質を提示できる可能性が開けてきました。もっともPower Point族には関係もない話ですが。
 なぜ1枚の画像にこだわるのかは再々述べていますが、スライドをスライドで見ていた画像に較べると、今のデータプロジェクターの画像はかなり貧困だからです。デジタルカメラの方はどんどん高画質になりましたが、ビジネス用途の機種しか出てこないデータプロジェクターは1024×768のXGA止まりです。D80の記録画素3872×2592と較べてください。の1/13しかないのです。画像を作る人たちはそんなことにお構いなく1枚の画像の中にべたべた貼り込んできますから収拾がつきません。
 この週末は「臨床基本ゼミ」ですが、症例呈示の宿題を出してみると恐ろしいことになって送られてきます。メンバーの人たちはお金儲けは上手でなくても、技術面も今はともかく、まちがいなく自分の職業に真っ直ぐ向き合っている素晴らしい方達です。懇親会では毎回大いに盛り上がって楽しい時間を過ごしています。
 しかしデジタル画像はトンチンカンです。何度も説明しているのに、高級デジカメも買ったのに、画像サイズ、JPGなどという観念はまるでなし。合格ラインをクリアは1/3でしょうか。となると歯科界全体は魑魅魍魎の世界でしょう。Apertureがとんだ脱線事故になりました。続きはまた・・・・。
 

by my-pixy | 2007-09-13 16:54
2007年 09月 12日
Aperture本格使用
f0103459_16435613.jpg
 プレゼンソフトとしては昨年来アパーチャーを多用していますが、多機能、小さな表示には泣かされてきました。40代で始めて老眼に気づいたのも、黒板と自分のノートの間に視点を変えるときでしたが、今はそれどころではありません。ノートパソコンのキーボードだってままならず、それと聞く人の反応をうかがいつつ出まかせの話を組み立てるのに苦しんでいました。
 昨夜の例会発表は長丁場だったので、やせ我慢はやめてサポート・メンバーを依頼しました。効果は歴然、これまではどこかでパソコンに邪魔されてグチャグチャになっていましたが、やや込み入った話も混乱せず進行できました。付き添いがいる年代になったのです。150分ほどの話は要約できませんが、画像の一部と進行ぶりを2日に分けてアップします。(関連記事06.10.23/12.16)

by my-pixy | 2007-09-12 16:44