<   2007年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2007年 11月 22日
D200とD300
f0103459_17102324.jpg

 D80との3台のうちどの2台を残すかは最後まで決まりませんでした。一台は軽量コンパクトにしたいという思いと、併用時の共通性重視からですが、結局はこの2台に落ち着きました。本体はそっくりながら分厚くなった取説に始めは怖じ気づきましたが、7台目のニコンデジタル一眼だけに、大きな混乱はありませんでした。一段と大きくなった背面モニターは、老眼にはやさしく色調もきれいになりましたが、ライブビュー・ファインダーとして使い道は思いつきません。質感、操作感などは200が少し進化した感じです。バージョンアップしたCapture NXがついてきたので、これまでのように1ヶ月以上もAdobeの対応を待たないでも、RAWを使えるのは助かります。Photoshopで直接RAWデータを開こうとしても受付られませんが、RAWのサムネイルをダブルクリックするとCapture NXが橋渡しをするらしくPhotoshopのRAW現像プログラムが開いてD200やD80の場合と同じ操作ができるのです。
 口腔内撮影に使って感ずるのは、D200よりも気持ちよいシャッター音、大きく見やすい背面モニターです。赤っぽかったD200、青みがかったD80に較べ色調はニュートラルです。データ自体にもあった同じ傾向も改善されて、調整量はかなり少なくなりました。カメラからのJPG画像はそのままは使えませんが、適正露出であればRAWからおこしたJPGはほとんど調整不要です。D1以来のどの機種と較べても圧倒的にくせのない色調です。
 2.5から3.0にサイズアップした背面モニターは、外形で見る以上の効果があります。23万画素から30万画素に向上したからでしょう。画素数で計算した575:900という数値が実感に近く、使いやすくなった拡大移動と合わせ、老眼の私でもついついここで患者さんと話をしてしまいます。

by my-pixy | 2007-11-22 17:16
2007年 11月 20日
月月火水木金金
f0103459_7521887.jpg たかが年寄りの思い出話なのですが、それなりに正確に、あまり独りよがりにもならないようになどと考えると、資料集めも必要になります。ネットで集まる資料もあってもそれが続いては面白くなりません。取材の散歩に行ったり、自分の資料探しに行ったりしているとだんだん深みにはまります。
 タイトルの標語、もしかしたらもう通じないかななどと思いながらのストーリー作りは、楽しいのですが時間が足りません。

 ブログなんかアップしている場合ではないのですが、1週間空けるのも気がかりなのでつまみ食いです。卒業して臨床に出た1955年は、もちろん仕事でも大切な時期だったのですが、翌年の冬期オリンピックで猪谷千春がアルペン回転競技で2位に入賞、夢の国コルチナ・ダンペッツォに日の丸。そして翌年にはこの時の3冠王トニーザイラーが来日という出来事はビートルス来日以上のものでした。変わり身早く俳優に転身した主演映画「黒い稲妻」は何度も通った上35ミリでコマドリしてきました。もちろんテレビもビデオもありませんでした。

by my-pixy | 2007-11-20 08:24
2007年 11月 15日
今年の最後は回顧談
f0103459_1911172.jpg  来週は今年最後の発表です。このところ少人数の身内ばかりが対象でしたので、これまで足を踏み入れたことがない、日本歯科大学の校友会ということもあってちょっぴり緊張しています。学内で行われるようですし、校友会の方だけに限られているのかと思っていましたが、垣根はないということですので遅ればせながらご案内しますが、木曜日の19.00〜21.30という時間帯は初めての経験です。
 機能回復・・・と立派なタイトルがついていますが、内容は「開業医50年を振り返って」以上のことにはなりません。下敷きにしているのは06年新潟県歯科医師会でのお話しです。この時は20分で50年でしたが、今度は10年/20分で組み立てています。

   講演を終えて
閣議で大臣が座っているような椅子がスロープにずらりと並び、演壇一杯に広がったスクリーンとともに申し分ない会場でした。しかし天井に備え付けられたプロジェクタはVGA。開会を遅らせて講師側がプロジェクタをとりに帰ることになりました。インターネット接続もできないし箱の立派さだけが際だちました。

by my-pixy | 2007-11-15 17:14
2007年 11月 12日
闖入者2題
f0103459_16384051.jpg 休日出勤の朝のことです。部屋のスイッチを入れると、キャビネットの端から黒い棒のようなものがのぞいています。もしやと思って近づくとはたせるかなネズミです。むかし横行されたこともありましたがもう20年近くはすっかり忘れていました。気づかれないように観察すると体調10センチ以下、動きはよくありません。守衛に話しましたが腰が引けています。気を静めて作戦を練りました。
 むかし雨戸の戸袋にキツツキが巣を作り子育てしていた時のことを思い出しました。親鳥の外出を見届けて、まず運び込まれたわらや木の葉を取り除きました。それから奥にうずくまっている3羽の雛を、先を外した掃除機で1羽づつ引きずり出しました。首をパイプに吸い込まれてばたついているのを引き出して、つつかれないようにしてスイッチを切るという操作を繰り返して、3羽とも無事に退去していただきました。猫にとられないような場所においたところ親鳥がどこかにつれていきました。
 ちょっとサイズは大きいのですが同じ手で見事にキャッチ、タオルでぐるぐる槇にして渋々やってきた守衛に誇らしげに手渡し1件落着しました。

 次は技工士の萩原君です。自宅から出かけようと靴に足を入れたところ、異様な感触にあわてて外に放り出しました。中敷きの上を黒い彗星が掠めました。雨に濡れた芝生でドリブルしましたがまだ残っています。ずぶ濡れの靴をコンクリートに叩きつけると脳振盪を起こしたらしく仰向けになって出てきました。ゴキジェットの噴射で仕留めましたが後遺症が残り、靴を軽く踏みつけてからでないと足を入れられなくなりました。

by my-pixy | 2007-11-12 11:14
2007年 11月 05日
物まね
f0103459_9325077.jpg 鬼のいない間にその手法をまねてiWebでトップページを作って見ました。むずかしいHTML言語なしでHPが作れるというふれこみですが、説明書もないのでよく分かりません。それでも何とかなったのはたたき台があったからです。

 ホームページの中にブログがあるという現在の体制には一応満足していますが、今後のレベルアップの構想はできていませんでした。すべては.Mac、 iWebなどの使い勝手にかかっていると考えていました。
 今週、One to Oneという1時間の個人レッスンを受けた感じでは、あまりに素人向きでわれわれのHPのベースにはならないようでした。部分的には利用するとしても基本構造は変更しないことにしました。

by my-pixy | 2007-11-05 11:00
2007年 11月 02日
We'll be back soon
f0103459_749279.jpg
何があったのかは分かりませんが望月さんのブログが突然ストップしてしまいました。写真の感性や技術はいかんともできませんが、まったく知らないフィリピンの美しい風景だけでなく、ブログへの移行などいろいろ参考にしていました。何よりも朝一番に開くことを何よりも楽しみにしていたサイトだったので、なくなってしまって呆然としています。超多忙な日々を過ごしていらっしゃる中で、ほぼ毎日の更新は信じられない充実でした。回りのファンクラブでも話題騒然でしたが、どうやらTrackbackなどの対応に手を焼かれてのことのようです。

 こちらの記事も新事態に対応して手直ししました。

by my-pixy | 2007-11-02 08:11
2007年 11月 01日
サン・テグジュペリ
f0103459_10211181.jpg 望月さんのブログもなくなり淋しい朝になりました。これに代われるようなものは当分出てこないでしょう。歯科医院のサイトなんてほとん×。楽しい話題は歯科医からはでてこないのです。今日の話も歯科医ではない人とビールを呑んだおかげです。画像はWebからですから詳細はそちらを見てください。

 出版部数はたった2000部。自分の分はキープしましたが臨床ファイル3だって同じ数。こちらはすぐ無くなってプレミアがつくこと間違いなしです。わが身辺でもこの記事を見たらすぐAmazon!に飛びつく面々が思い浮かびます。先回りして一儲けしたいけど、連中そこまでついてくるかどうかが問題!

by my-pixy | 2007-11-01 09:43