<   2008年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2008年 02月 27日
6 一歯欠損の処置方針 A
 昨夜の臨床研究会で、2.20の土竜のトンネルにアップしたケースの処置方針について、若手メンバーの意見を聞きました。上顎8の移植が2名、インプラント1名で残りの数名はブリッジでした。ブリッジ派に5の支台形態は?と聞くとしどろもどろながらメタルボンド。私の手の内まで読んでくる余裕はないらしく、予想したとはいえ情けない解答でした。
f0103459_9572996.jpg
f0103459_9574976.jpg
f0103459_958570.jpg

 この余興以外に「1本のインプラント」というタイトルのケースプレもしましたが、こちらでもインプラントを植立してまで可撤性??という場の雰囲気は支配的で、ヒョーロン連載にくどくど書いた思いなど伝わってはいませんでした。「その年だから、カリスマ性で患者さんも納得するでしょうが、われわれが言っても・・・」といった意見を聞くにつけ、入れ歯にしたくないのは患者さんよりも歯科医の方だと思わざるを得ませんでした。多数歯欠損になればそんなこと言ってられなくなるのは分かり切っているのですが、入れ歯嫌い歯科医患者連合軍には歯が立ちません。インプラントはこの人達には天からの授かり物なのでしょう。
 患者さんは35年経過した7のクラウンを外すだけで、5の小臼歯のセラミックを壊されることも外科処置もなく、処置開始の日から欠損のない状態に戻られました。ミニデンチャーは義歯を外さないでもブリッジと同じメインテナンスができますし、より徹底した手入れもきわめて簡単、歯冠ブラッシなど不要です。外したくないときには義歯のことは忘れて、徹底的にきれいにしたいときだけ外して清掃できるミニデンチャーは義歯の理想型です。その上、患者さんの経済的負担はインプラントより少ないのです。

by my-pixy | 2008-02-27 10:30
2008年 02月 22日
新患
f0103459_1361981.jpg
 午前の診療中に変わった新患が見えました。これまでは裏口から医局や技工室に出入りをされていたのですが、そちらがだんだん締め切りになってきたので、時間帯も変えて表からいらしたようです。小振りでおとなしい方だったので直ちに掃除機に首を突っ込んでいただきました。
 レジンの削りかすなどが顔についています。目を見るととても処分する気にはなれず雑巾にくるまれて見えないところに連れて行かれました。一時はスタッフ一同大騒ぎでしたが、さすがベテランが症例写真を撮っておいてくれました。

 どうやら二つ隣のビルが改築を始めたことが問題発生の原因らしく、ご近所あちこちで話題になっています。一つの小さなビル消滅が波紋を拡げ地下街を介して侵入する難民に、わがビル会社の人たちも毎日穴ふさぎに追われています。

by my-pixy | 2008-02-22 13:17
2008年 02月 20日
6 一歯欠損の処置方針 Q
f0103459_8562386.jpg
f0103459_8564389.jpg
 来週の火曜会で発表予定のケースです。1948年生の女性、初診は1973年です。たくさんの修復をしましたが定期検診にはきちんと見えていました。05年11月以降しばらく途絶えていましたが、07年11月来院されたとき左下6は抜歯されていました。破折したとのことでしたか詳細は分かりません。
 25才から60才までのお付き合いですから、どうした形で補綴すべきか大いに悩みました。外科がお得意な先生なら左上の自家移植を考えられるでしょうが、私にとっては欠損顎堤への移植は気乗りがしない手技です。できれば補綴的な手法でと考えたのですが、欠損に隣接する歯はともに修復がされています。咬合は緊密で近遠心にレストを設けるスペースはありません。
 さて、患者さんの負担も考えあなたならどうしますかということが第一の質問です。もちろんインプラント植立の可能性はありますが、幾つかの理由で優先順位は高くないと考えました。この辺に第2、第3の質問があります。(画像は拡大できます。咬合面の数字はセットした年です。)

by my-pixy | 2008-02-20 09:57
2008年 02月 11日
連休のスキー
 連休一日目は太平洋を通過した低気圧のおかげで全国的な雪。白馬も30センチほどの雪が降りました。二日目は天候は回復しましたが薄雲がとれず絶好とまではゆきませんでした。上に写真はこの朝の一番です。f0103459_17304661.jpg
f0103459_17313632.jpg
 三日目は快晴で申し分のない天気でした。いつも首からカメラを下げて滑っていますが、仲間の写真ばかりで自分のスキーの写真は10年以上もありません。仕事の相棒の萩原君つかまえてリフト2本ほど撮影してもらいました。70〜300のズームですが300に固定して追ってもらいました。

f0103459_7102765.jpg 
 もうずいぶん長いことやっていますが、良いターンはいつも左ターンで、写真を選んでいると右はだんだん落選してしまいます。あのザイラーでもびっこでしたから仕方がないことですが。



 この日も朝のゲレンデは空いていてご機嫌でした。高齢者スキーには好天候、良雪質とともに不可欠な条件です。

by my-pixy | 2008-02-11 17:39
2008年 02月 07日
スカディ・スキークラブの星
emoticon-0115-inlove.gifemoticon-0115-inlove.gifemoticon-0115-inlove.gifemoticon-0115-inlove.gifemoticon-0115-inlove.gif日本チーム出場決定emoticon-0115-inlove.gifemoticon-0115-inlove.gifemoticon-0115-inlove.gifemoticon-0115-inlove.gifemoticon-0128-hi.gifemoticon-0124-worried.gif


f0103459_804016.jpgサンデースポーツの一齣です。東京オリンピックに始まって、出場できなかったソウルオリンピック。そして今回。面と向かってはあまり話さないけれどオリンピックへのこだわりがよく分かりました。今度が最後とか言っていましたが、古希記念のオリンピックは始まっています。(奥様とも意見一致)

金子先生
 たった今、ニースにいる主人から電話があり、今回の最終地区予選でも優勝したそうです。また、他の女性選手二人も善戦して二位と三位に入ったので、おそらく日本はチームで出場できるだろうとのことでございました。
取り急ぎ、御報告まで。   元子                08.02.01

f0103459_7483463.jpg
f0103459_7494145.jpg
 この後ヨーロッパへ華麗なる単身赴任となりましたので、一家お揃いの写真は貴重なものになりました。2003年奥志賀高原です。下の写真はヨガか何かの体操のレッスンだったと思います。

by my-pixy | 2008-02-07 16:03
2008年 02月 06日
シファカに負けるな
f0103459_18423010.jpg
ジャンプが得意なのはキツネザルたちだけではありません。カメラを見たら子供達も得意技をご披露してくれます。ところがこちらが動体視力が落ちていますから大変です。こんな時こそ秒何コマとかいう連写を使えばよいのですが、身に染みこんだ貧乏性でフィルムがもったいない???設定を変えるのにはメガネが!!!困ったことです。

by my-pixy | 2008-02-06 18:51