<   2008年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2008年 09月 28日
秋の到来
f0103459_80536.jpg賑やかだった今年の夏も過ぎ痛々しかったぼやの修復もすっかり終わりました。自分で張り巡らせた軽トラ温泉の配管もこの際、整理してしまいましたが使い勝手は良くなりました。不順な気候でも秋になれば彼岸花が咲き、栗が落ちています。柿の方は気まぐれですしほとんど鳥にやられてしまいますが、この芝栗は少し小振りですが甘みはあって楽しめます。

by my-pixy | 2008-09-28 08:25
2008年 09月 26日
もう一つの誕生日
 このブログの前身金子歯科医院のHPを始めたのが1998年8月31日ですから満10歳になりました。当時のトップページは残していませんが使えそうなバオバブの写真を探したことは覚えています。結局見つからずにハワイで撮った大きな木を使いました。写真は「蔵」に残っている当時の記事の一部ですが、デジカメ誕生前夜の戦いぶりが分かります。
f0103459_8221951.jpg
 

by my-pixy | 2008-09-26 09:36
2008年 09月 25日
誕生日
f0103459_168140.jpg 正月の敗退から行くぞ行くぞとラッパを吹いていたマダガスカルが没になって、落ち込んでいた後期高齢者を見かねて昔のスタッフたちが誕生祝いをしてくれました。
 モノは要らないからと言っていたのですが、結局は花束やらスニーカーやら頂くことになりました。

 歯医者は少数でメンバーの約半数はテクニッシャンですから、寝ないで仕事するのは得意です。メタボン何本かの納期を遅らせて作ってくれたのだろうバオバブには涙・涙です。貴金属ではありませんが高さ3センチ、ワイヤーのハンモックに寝そべったシファカはご機嫌のポーズ。もちろんハンモックは白バックの写真の通りに動きます。お金がもらえない仕事となると燃えてくる鎌田君の作品です。シファカがなまめかしいのでサンドブラストをかけたら!とか子供をエンプレスで!とか検討中です。CADCAMなんかくそ食らえです。
ということで心ならずもチンドンヤのような装束にも甘んじることになりました。

by my-pixy | 2008-09-25 16:53
2008年 09月 16日
臨床基本ゼミ
f0103459_1841354.jpg この3連休は5回目の臨床基本ゼミでした。ブタとメスをもたせれば向かうところ敵なしの講師が満をじして登場、9種類の歯周外科の課題に自家歯牙移植まで盛りだくさんの半日でした。
 あまり馴染みのない外科処置についていくのが精一杯という人も多かったのではないでしょうか。決して得意ではないお話しに、レポーターも早々に退散してしまったので、反応のほどはまだ分かりません。
 10月の最終回は受講生全員のケースプレ。たった4ショット10分間の発表ですが、準備の1ヶ月は地獄の苦しみでしょう。

by my-pixy | 2008-09-16 18:06
2008年 09月 10日
純国産・偽装なし
f0103459_1293434.jpg
 少し話題にもこと欠いていたところに、山の達人から素晴らしいクール宅急便です。椎茸か!なんていう人には蓋をちょっとだけあけて香りを分けて上げたい。香りという言葉では表現できないニオイにむせかえります。「山へ行ってきました。ばか松がありましたので、少々おすそ分けです。」という走り書きのメモにまでこもった香りを楽しみながらブログを書いています。一月違いですからもうお誕生日がきた新潟のお兄さんからです。

by my-pixy | 2008-09-10 11:28
2008年 09月 05日
ナリキン ペキン オリンピック
f0103459_10511322.jpg せっかくのお祭りなのにもう一つ楽しくありませんでした。普通ならば奪い合いになるはずの観戦ツアーも半分売れ残りとか、多くの日本人がそんな思いだったからでしょう。会場も演出もこれでもかのナリキン趣味。規制、厳重警戒で聖火リレーやチベット問題などを押しつぶしても天安門事件が思い出されるだけです。メダル争いには大国が有利ですが、下敷きにしている少数民族の苦しみを、民族衣装やダンスでごまかそうとする手は隣国のマスゲームとそっくりです。
 外野はそんなことをいっていますが、参加した人はそれどころではなかったようです。大会前あわよくば入賞も!の期待がかかった最高齢の馬場馬術法華津選手でしたが、観客席の下方に設置された大スクリーンに映し出された我が姿にビックリした愛馬の動揺が思わぬ結果になってしまいました。野球などでもスクリーンは上方にあり、プレーする選手の視線からは外してあります。それがこの場合は人馬ともスクリーンに向かって競技するような形で、ズームアップした画像が突如表示されるというのですからたまりません。採点は混乱し抗議も提出されましたが、「競技者全員同条件!!」の一言で却下されたそうです。」
 ここまででも怒り心頭ですが、馬場馬術が終わって次の障碍競技では、この大スクリーンに点灯されることは二度とありませんでした。これに出場したビッグからのクレームが入ったからだそうです。
 この後も愛馬は絶好調。平均15〜16才のライバルたちの中でまだ11才の若さですからロンドンは完全射程内ですが騎手の方が?とはご家族の弁。ご本人はブログなんか読まないから大丈夫。

by my-pixy | 2008-09-05 08:33
2008年 09月 02日
ザトウクジラとGoogle Earth
f0103459_16243962.jpg
f0103459_18325347.jpg 日曜日だったでしょうか。ザトウクジラの番組にはまっていました。民放の番組で話は少々冗漫でしたが、アッシュ&スノーを思い出させるような水中シーンが迫力がありました。

 撮影隊に現地でジョイントしたフリーダイバーの女性が引き立て役でした。翌日、撮影地は何処かとタヒチ界隈をGoogle Earthで探したところ、「ざとうくじらのルルツ島」というピンが立っていてすぐに見つかりました。それだけでなくYou Tubeの動画がいっぱい転がっていました。これまで見たことがありませんでしたが、画像こそ小さいですがなかなかの迫力で、終いには巨大カジキを釣り上げたと思いきや巨大鮫にパクリとやられ頭だけになってしまうムービーなど熱中して止められなくなりました。今時の若者気分をちょっぴり味わいましたが、こんなの見ていたら時間がいくらあっても間に合わないと心配にもなりました。

by my-pixy | 2008-09-02 19:05