<   2010年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2010年 03月 29日
火曜会記念講演会
 先週末は3月連戦の最期「歯根膜の魅力」でした。世を挙げてのインプラント時代に真っ向対決しようという無謀ともいえる企画ですが、身内のシンパの支援を受けてそれなりの盛り上がりでした。昔と違うのはやらないでの反対ではなく、ある程度の敵の手の内を経験した上での天然歯保存のこだわりという点です。限られた準備期間の中での急な舵取りに、混乱もありましたが終わってみれば過激なメッセージもそれなりに伝わったと思います。
f0103459_11411597.jpg
 スロープのない会場では出席点検は困難でしたが、発表がはじまるとねずみ色の軍団が右手の空席も埋めつくしています。(横向きに座っている主催者どもの大移動を警戒してお客様は遠慮されているのです。今後の運営には反省が必要です。)私は上の写真★印のところにひとりで座っていました。
f0103459_1155461.jpg
 下の写真は東京會舘に場所を移してパーティの時のものです。ここではフルサイズのCanon5D.mark2がその威力を発揮していました。ストロボなしでISO2000の画像ですがノイズもなく美しい描写です。Canonには乗り換えませんがフルサイズのボディが欲しくなりました。5611×3444.2110万画素のゆとりです。
f0103459_19113583.jpg


by my-pixy | 2010-03-29 12:02
2010年 03月 27日
砂漠に生きるこども達
 「アフリカに行ってくれと教授に言われてアメリカの間違いでしょうと思った。」という清水勇気さんの写真です。女の子ではないんだ!こども達の写真だとメールを書いたら早速第2弾を送ってくれました。お目にかかったことはありませんが彼の資質を見抜いた素晴らしい教授だと思います。ハンバーグなんか食べにアメリカに行かず本当に良かった。もしかしたらテロと間違えられ収容所に入れられていたかもしれません。
f0103459_6432374.jpg
 写真を拡大して頂けば、星座を見ながらトイレから帰ってくる話しもよく分かります。こども達は歯ブラシを持っていますから、歯科医としても頑張ってきたようです。どちらも抜群のセンスです。今日から火曜会55周年セミナーですが大いに元気を与えられました。
f0103459_6435158.jpg


by my-pixy | 2010-03-27 07:03
2010年 03月 24日
アフリカの子供
f0103459_7443961.jpg
 このところずっと週末も3連休もない生活に滅入っています。イベント自体の楽しみがないわけではないのですが、こんなのは私の人生ではありません。ブログもさっぱり面白くないので今回の基本ゼミ受講生の清水氏をおどして写真を取りあげました。暫くはこれで糊口をしのぐことにします。今回2名いた格闘技が趣味といううちの一人ですが、砂漠のキャンプでトイレに行った帰りには星座を見てテントを探すなど、抜群の話題で一躍人気者になっていました。

 自己紹介の時のモーリタニアのこども達の写真をリクエストしたところ、これが送られてきました。全く別種な写真ですが、この子供達の色彩感覚もさることながら目の付け所も格闘技仕込みのようです。少し不要部分をカットし画像調整するだけで素晴らしい一枚になりました。こちらも狙った獲物は逃がさないとちょっと気分を良くしています。

by my-pixy | 2010-03-24 08:02
2010年 03月 21日
2010臨床基本ゼミ
f0103459_1702122.jpg ようやく二つ目のイベント基本ゼミ第一回にこぎ着けました。卒研や55周年とは違って少人数のゼミで準備が大変ということはないのですが、今年度の初回で未知の受講生が相手、初めての会場、来週の影響で飛車角抜きの運営など見えない部分が多く、春場所の白鵬に似た気分です。今夜の懇親会を終わる頃には新しい血を吸って元気になれるかも知れません。

自己紹介や懇親会の会話などを聞いていると明らかに時代の移り変わりを感じます。かって趣味の定番だったスキー、テニスなどはほとんど姿を消し、格闘技が2人もいたり、自分の家の食料自給率40%を目指して農業に励む若手もいたりして多様化は顕著でした。

 大半がこれまでの受講生の紹介ということもあってか、X線はアナログが多かったり、パソコンやデジカメの扱いもそれなりに手慣れている感じがしました。デジタル1眼レフも行き渡ってきたのか、かってのようなモンスターは見かけませんでした。これが日本全体の傾向ではないでしょうが、セレブとジミの棲み分けは進んできているようで、まずまずの滑り出しでした。
 

by my-pixy | 2010-03-21 08:16
2010年 03月 17日
火曜会55周年
f0103459_818384.jpg 残るところ10日あまりになりましたが画像調整は花盛りです。昨夜は会場下見に続いて集めた画像を映写しながら、演者の大半が集まって、白い、暗い、黄色い、赤が、どぎつい、の大コーラスです。

 シェードテーキングだってぱっと見るのが一番確かなものですが、データを差し替え、リモコン片手にプロジェクターの色や明るさをさまざまに変え、最期にはパソコンのプロファイルまでAdobeだAppleだとやっているのですから収拾つきません。中にはつい最近までフィルムで撮っていたという人も混ざっているのですが全員がMacで年式の差やソフトのバージョンが問題になるあたりはせめてもの幸せです。

 私はといえばまだ卒研フィーバーも消えていませんし、この終末は2日間の基本ゼミも控えているので今のところ高見の見物です。パソコンがフルカラーになった20年前からの孤独な戦いを思い出すぐらいのところです。スパートは来週の火水木金ですが、マダガスカルも遠くなりブログの話題も貧困です。

by my-pixy | 2010-03-17 09:02
2010年 03月 10日
もう見られない風景
f0103459_15542156.jpg


by my-pixy | 2010-03-10 15:55
2010年 03月 10日
火曜会55周年
f0103459_8424220.jpg 一難去ってまた一難。次は月末のセミナーの追い込みです。今度は、自分の持ち分は大したことないのですが、全体のバランスや統一が大変です。あんまりみっともないことはしたくない!どこまで介入すればよいのだ!の全面戦争です。本来、統括責任は数名の実行委員なのですが、中間管理職の悲哀もこもごもです。

 昨夜が通し稽古だったのですが、これまでのリハでの問題点を修正するほどにつぎはぎが目立ってきます。二次会では往生際悪く「来週もう1回」などという意見が増えて行きます。気楽なのは登場辞退組の綿々。・・・はタナに上げてで好き勝手なことをいったり、音響つきオープニングビデオ制作に熱中したりで手がつけられません。一歩前進したのは当日の配付資料です。まとめのデザインでもたもたしていましたが、「海の素材屋」さんにイラストを描いて頂いて一気に前進しました。この点は開会前夜に徹夜で頑張る卒研チームとはちょっと違います。

f0103459_9284799.jpg
卒研といえば先日の感謝状中身を入れ替えて額縁のもらい手ができました。

by my-pixy | 2010-03-10 08:51
2010年 03月 07日
卒研フォーラム 8
f0103459_948371.jpg 嵐のような1日を過ごし、まだボーとして朝の地下鉄では降車駅をまちがえたりしています。250人ほどの方にいらして頂きまずまずでしたが、それよりも懐かしい方々のお顔を見れたことが何よりでした。ただその方達と言葉を交わす機会もほとんどありませんでした。
 
 この手の講演会ではありがちなことですが、渡される側の気持ちを考えようともしない感謝状、主催者側の都合しか眼中にない打ち上げ懇親会などには、やっぱり!と思いつつもこうした集団の人間関係には絶望しました。この思いやりのない集団が掲げる「患者さんと共に歩む歯科医療」なんて!!。
頑張っている人もいるのに硬直した組織が空しいコーラスに変えてしまうのです。

 とてもそのままは帰れず、ふらふらしながら人気のない山の上ホテルのバーで、待っていてくれた仲間と一杯、ようやく沈静化して帰途につきました。

ストリートビュー by google
f0103459_1165149.jpg


by my-pixy | 2010-03-07 07:07
2010年 03月 02日
卒研フォーラム  7
f0103459_1118392.jpg 残りも1週間をきって大詰めになってきました。
 先週末のスクリーン事件はあちこちにご迷惑はかけましたが、Never give up でがんばり通しました。結論は備え付けの大スクリーンは無視して、240吋レンタルのものを持ち込むことになりました。リハはできないのでこれでだめならごめんなさいです。

 まわりを騒がせた分だけ自分の仕事をきちんとまとめなければなりません。資料の準備は十分なのですが、いろいろなホルダーに仕分けるうちに行方不明になったものが出てきます。話しをまとめる段階で一枚の画像が見つからずに頓挫、探し回っているうちにストーリーまでおかしくなるという迷走を繰り返しています。

 深夜「ひらめき」に目を覚まし、日の出とともにシャボン玉のように消えることも日課のようになりましたが、そんなことばかりもいっていられませんので追い込みに入ることにしました。内容となる小見出しは左側縦書きの6つです。
 それぞれに長期経過症例がついてきますが、隔壁で仕分けたことで全体像が見えてきました。4番スタディグループ、6番ボランティアのケースはカット、残る4つのパートに40〜60分をかけることにしました。

 強引なようでしたが仕切ることで話の目先も変わりますし、何よりも小分けして作業が進められます。1日1テーマづつでも前日6日の夕方には通し稽古にたどり着けるでしょう。

by my-pixy | 2010-03-02 11:47
2010年 03月 01日
3月  コペンハーゲンにて  68
f0103459_1552126.jpg もう古いフィルムからのコピーですからあまり色も良くありませんでしたし褪色もしています。多分ペンタックスだったと思いますが、中焦点レンズのボケなど美しい描写です。今どきのデジカメではちょっと・・・。ピースサインなども出さないしゆったりと連絡船を乗り降りする人たちを眺めていました。
 ちょうどスキーからヨットへ変針始めた頃だったので、この後ストックホルム、イェーテボリなどの海辺やヨットハーバーなどを歩きました。もちろんドイツでのデンタルショーが終わった後でしたが、北欧家具にも魅了されていました。

by my-pixy | 2010-03-01 16:24