<   2011年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2011年 09月 22日
ニコンのミラーレス機
f0103459_820236.jpg 久々のカメラネタです。コンパクトカメラでは物足りない。さりとて1眼レフはポケットには入らないということで、ファインダー用のペンタプリズムと反射ミラーをを省略したミラーレス機が生まれました。

強力な一眼レフを持たない家電メーカーのパナソニックやソニーが熱心なのに対して、ニコン、キャノンはほとんど相手にしていませんでした、ところが男性中心だった一眼レフの世界にも多くの女性が進出してくるとともに、小型でカラフルがトレンドになってきたようです。鼻にもかけなっかったカメラ大手の2社も、一眼レフの頭打ちとコンパクトカメラの衰退で、新たな市場開発が必要になってきたようです。
 1. ミラーレスにするとコンパクトデジカメと同じでファインダーはなくなります。ケイタイのカメラなどに慣れた人には何でもないでしょうが、スキー場などでは背面モニターに光が入るので私には不向きです。
 2. 光学ファインダーに比べ電子ビューファインダーは画像がいまいちです。交換レンズに応じたフレームは見られますが、カメラの上下幅はV1のように大きくなります。
 3. 望遠レンズやズームレンズをつけると一眼レフと大差なくなります。結果として単焦点レンズには使えても、望遠レンズも使うとなると D3100などのような小型一眼の方が汎用性がありそうです。
f0103459_11153424.jpg
f0103459_121230.jpg4. 広角はミラーレス、望遠は一眼レフというおかしな棲み分けになりそうですが、レンズ交換が出来できてコンパクトという魅力に引っかかる人がどれだけいるでしょう。作る方は何でも品揃えをしたいのでしょうが、一眼レフにパンケーキと呼ばれる広角レンズをつければミラーレスと大差はありません。つける交換レンズにより大きさは変わるのであって、ミラーやペンタプリズムががんになっているわけではありません。それどころか被写体を注視し、最適の瞬間にシャッターきるためのファインダーを軽視する思想はカメラマンの敵、開き直ってそれを誇るようなミラーレス(眼なしぐさ)というような名前も不愉快ですが、一眼レフという市場では勝てないと諦めたS.O.P.つるんで立ち上げたハイエナのペットフード、それさえも取り上げにかかる N.こんな醜い企業体質が一気に拡がったのは、デジタル初期の大規模リストラ以来です。

デジタル一眼のレンズの変換アダプターなどつければバランスの悪さ極まれりです。

by my-pixy | 2011-09-22 08:38
2011年 09月 19日
「あさりがあっさり死んだわけ」
f0103459_1545365.jpg 年齢だけは私の方が先輩ですが、教えて頂くのはいつも逆の端さんからメールを頂きました。
「知り合いのフリー編集者が面白い“論文”があるといって送ってきました。小学4年生が書いた論文で文部科学大臣賞を授賞した『「あさり」があっさり死んだわけ』というものです。小学校4年の子供がここまで書くということは、指導者がいれば書けるということでしょうか。」
 潮干狩りで採ってきたあさりを家で飼おうとしての悪戦苦闘を「仮説」「検証」を重ねて展開する50ページに亘る作文には脱帽です。さらにこうした企画が「文部科学大臣賞」の下で行われていることにもびっくりしました。問題はこうした資質が歯科医になるときにはすっかり失われてしまうことです。」
この論文の反応一例

f0103459_10443131.jpg 週末は今年の基本ゼミの最終回、受講生の人たちの初ケースプレが出そろいます。小学4年生に負けない発表が一つでも見られたら嬉しいのですが。
 右の絵は20年ほど前からよく使う画像です。

by my-pixy | 2011-09-19 15:42
2011年 09月 09日
ダイレクトメール
f0103459_1316347.jpg 最近透明な封筒に入ったDMが急増していませんか? 毎日数通のクロネコメール、ヤマト運輸などがポストに入ってきます。開けないでも不用なものが分かることは好都合ですが、紙封筒ではないのでそのまま紙ゴミには入れられず、面倒だなと思いながら開封して処分しています。
 季節的な現象ではなくいつまでも続くことを不思議に思っていたところ、同じ頃から歯科雑誌の厚みが大幅に減少していることに気がつきました。決して安くはない広告掲載料がここにきて問題になったようです。広告代理店、雑誌社にとっては由々しき大問題なはずです。
 年末のわたし達のカレンダーも、3年前から郵便からメール便に変更してずいぶん楽になりましたから、今後もこの流れは続くでしょう。サンプルやCDなども同封できる自由さもありますから、雑誌広告は置き去りになるでしょう。

by my-pixy | 2011-09-09 13:36
2011年 09月 07日
義歯設計メール交信4
f0103459_15125227.jpg 1枚目の画像は義歯床の適合や義歯の外形などのレポートです。前回、下顎だけでも片側をBr.にしてなどという案が出ておおあわてしました。しかし初めて義歯を入れた患者さんの感想は「あまり違和感はない。たくさん咬めたよ。」とのことだったとのことで、この流れを確かなものにするために細部のつめを連絡しました。

 それに対処されたのが2枚目の画像ですが,パノラマX線写真の再撮影をお願いしてあったので、それと一緒に次のメールがきました。
 本日は下顎義歯設計についてもう一度考えてみました。
前回のメールで「左側は遠心からの一腕鉤とレジンの組み合わせ」とありましので、画像にイメージイラストを描きこませていただきました。右下45は失活歯で、現在どちらもTEKのため、上顎と同様の設計でも可能ではないかと思いました。この患者さんの舌下部は深いため以前はリンガルバーを考えていましたが、TEKを支台装置とするのであればリンガルプレートにした方がよいのではないかと思っております。
 私が一腕鉤でと言ったのは、挺出改善をかねてこの歯もクラウンに・・・という事態を恐れ、仮にワイヤークラスプでもと思ったのです。しかしどさくさにまぎれ清掃性の悪いリンガルエプロンなどを取り付けられたら、装着感も悪くなりますし長いレジンプレートは破折予備軍です。右下最後臼歯には怪しげな Cクラスプなども描いてあります。油断も隙もありません。イメージイラストは描き変えました。

by my-pixy | 2011-09-07 12:59
2011年 09月 06日
久しぶりのシファカ君
 昨夜久しぶりでシファカ君たちのテレビを見ました。それもそのはず丁度2年ぶりのことです。
f0103459_18164514.jpg
 4回にわたって通ったあちここちの景色や懐かしい地名もでてきましたが、かんじんのキツネザルでお目にかかったのはほんの2〜3種類、とてもお金と時間をかけた撮影隊には敵いません。ただ私のお目当ては動かないバオバブでしたから、その種類にかけては断然たる優位でチョッピリ気を良くしていました。
 それにしても80種類にもなるというキツネザル、そのルーツは1種類で、アフリカ大陸から数ヶ月をかけてモザンピーク海峡を渡ってきたという話しにはびっくりしました。ノアの方舟そのままの話しで、遣唐使の航海より快適な船旅だったようです。
 あちこちでお目にかかったカメレオン君たちの狩りの様子もなつかしく、バオバブたちとも懐かしいクラス会を楽しみました。できたらまた会いに出かけたいものです。

by my-pixy | 2011-09-06 18:23
2011年 09月 01日
9月 マダガスカル
f0103459_10304998.jpg 首都アンタナナリボから南北に延びる高原地帯です。高度は1000メートルほど、気温は低く乾燥して快適です。夜は肌寒くなるせいか住宅はほとんど日干し煉瓦で造られています。写真の左側に小川があり、近くの人たちが集まって洗濯をして道路の土手の芝生で乾燥して持ち帰るようです。

 アフリカの人たちとは違う独特の色合いが何ともいえません。サラリーなどの海辺の人たちがインドネシア的なのに較べて、こちらは街並みも含めペルー、アンデス的です。

by my-pixy | 2011-09-01 10:31