<   2013年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2013年 03月 27日
ショッピング・カート
f0103459_9331469.jpg
 三つ目のブログを立ちあげて受注システムを開設するわけですから、2日ほど技工作業はお休みになりましたが、身近な方々から順調にご利用頂いています。唯一の問題はまだそんなに発注はないだろうと思っていたバインダーが、原稿と同数のご注文を頂いたことです。原稿の配送はカレンダー10年の経験で何とかなると思っていましたが、バインダーはA4定形郵便物ではなく包装も必要です。料金も地域により違いそうだとは分かっていたのですが、2〜3冊出るまではオーダーは無いだろうと読んでいたので、大騒ぎになっています。まず仕入れ先の銀座伊東屋さんに在庫がない.(図が買い占めてきた20冊)郵送のためのケースもないということで、それらの調達入手から始めなければならなくなりました。
 印刷が上がる4月1日までにそれらを整え郵便局に持ち込むまでは息が着けません。肝腎なことは部数の伸びですが今はまだ先の心配です。

 私自身は次の原稿が一番大切な仕事ですし、こちらも面白くなっていたのですがしばしお休みです。

by my-pixy | 2013-03-27 16:25
2013年 03月 24日
KA367・臨床ファイル
f0103459_16393964.jpg

 ようやく後一週間でバインダー型の臨床ファイルⅤがお目見えします。姿かたちは24ページのパンフレットですが、経過に乏しいインプラントとは異なり、最長40年を越す長期経過症例の観察レポートです。画像はその前半の内容ですが、1枚ずつの画像に撮影年月を克明に記載していますので是非データを画像と合わせてご覧下さい。
 現在は1冊だけですが、目下第2回分を製作中で5月連休明け頃には刊行予定です。その後、機の向くままに以下のようなテーマをまとめるつもりです。

  1. 1970年代、術者が30代だった頃の症例
  2. アーカイブス・難症例との葛藤      第3回発刊予定
  3. 4本の犬歯に関わる症例         第2回発刊予定
  4. 下顎智歯にまつわる症例
  5. 片側性のパーシャル・デンチャー     2013.4発刊
  6. 下顎前歯とシングル・デンチャー
  7. 長期経過症例1.
  8. 長期経過症例2.

 いずれ、数冊になる日も夢みて、専用バインダーも用意しています。正規版「臨床ファイル3」には採用されなかったアルミプレートも出番を待っていますが、ご要望があれば前倒しで出荷できます。
 中身の印刷物を含めすべて個人販売でメールでのオーダーフォームなども目下製作中ですが、印刷物の予定価格は、送料込み消費税別で2000円。抜き差し自由なバインダー(下図}は送料が確定していませんがアルミプレート1枚こみで同程度になるかと思います。
f0103459_10275117.jpg


臨床ファイルのお申し込みはこちらまで
http://ka367.cart.fc2.com

by my-pixy | 2013-03-24 14:03
2013年 03月 14日
ニコン機種選択のチェック項目
フィルム時代はメーカーの人達とのコンタクトもあって、圧倒的にペンタックスでしたが、1990年代にはデジタル化対応の遅れもあってニコンになり現在に到っています。この時代は気に入った機種があれば5〜10年は使い続けていましたが、D1以降はほぼ1年ということになってしまいました。この間使った機種一覧は昨日書いた通りですが、D80で少し安定する1999年から2006年までは悲惨な日々でした。スライドとはほど遠い色調に振り回されていたのです。
 デジタルになって少し安定したのは2007年のD300からですが、その背景にはRAWデータの定着があります。関連記事は当時のブログなどにも残っています。この後は次々に登場する「画期的新機種」に振り回されてきましたが、そんな中で私が重視してきたことは以下のような仕様です。
 1. カメラの作りと重量
 2. 光学ファインダーの重視(視野率・倍率)
 3. カラーエンジンの進化
 4. AFモーターの内蔵
 5. 動画機能や可変背面モニターなどの軽視
もちろん価格も問題ですから、D1、愛用中D1Xi以降はターゲットはいつも中級機に絞ってきました。5.にはだまされず1〜4を重視してきましたが、その時々で妥協が必要なこともあります。たとえば現在なら新製品のカラーエンジンはすべてExpeed 3ですが、私が愛用中のD7000は一つ前のExpeed 2です。それではD7100に買い換えるかとなるとまだその時期ではないと思っていますし、7万と12万という価格差を考えるとこれから買われる方への候補にも残ると思います。
f0103459_1021368.jpg

 2013臨床基本ゼミ、もう消えたかと思った○○テクノ、○○スペシャルなどの亡霊は徘徊を続け、画像処理ソフトなしでパワーポイント任せのプレゼンは健在。RAWを使っている人は皆無でした。歯界展望に連載してからそろそろ10年、ブログでも繰り返し、カメラのセミナーも回は重ねてもこんなものかとがっくりしますが、スマホの延長線上にしか画像を考えない人達には無理なことなのでしょう。

by my-pixy | 2013-03-14 08:48
2013年 03月 13日
賢いデジタル1眼レフ選び
f0103459_1321032.jpg
D1、D1X、D100、D70、D80、D200、D300、D7000、D600、1999年から2012年までの13年間ニコン様にご奉仕してきたデジタル1眼レフのラインアップです。次が記念すべき10台目ですが、途中で愛想をつかしてキャノンEOS20Dに鞍替えしていたこともありましたから、デジタル1眼全体では10台に達しています。ほとんど1年に1台のピッチで買い換えになってきましたから、バカなことをという一言ですが、その度にわずかながらも機能は向上してきましたから、次がでれば変えざるをえなかったのです。特に最初の2台は見かけと価格だけは高級機でしたがひどい画像でした。どうやらまともになったのは2006年の年D80からですが、デジタルをあきらめスライドに戻した人もかなりありました。

 われわれの上納金と企業内リストラでその後は、ほぼ順調に推移しているようですが、ひとが変わって物づくりのポリシーなどは忘れ去られて、その場限りの誇大宣伝ばかりが目につくようになりました。毎年のように発表される新機種には何かの進歩は見られますが、誰も先を見る人はいませんから、行き当たりばったりのことが目につきます。品揃えを広げて1台でも多く売りたいのです。当時の技術不足からAPSCなどという新規格を押しつけ、あたかも35ミリの延長のように粧いながら、何とか状況が改善されると昔のことにはほおかむりして、フルサイズだ FX だと売りまくるのには本当に腹が立ちます。ぐちを並べても仕方ないのですが、そうした歪みはまだ残っていますから、新年度を迎えるにあたり、老婆心からのアドバイスを書いてみます。


 ニコンの罪状の第一はフィルム時代に確立していたリングストロボ組み込みのマクロレンズ「メディカルニッコール」の放棄です。ほとんど独走状態だったこのシステムを放棄しただけでなく、以後それに変わるべき単体のリングストロボさえ製造しないまま現在に到っています。

by my-pixy | 2013-03-13 11:43
2013年 03月 08日
カメラの記事はもう書かない
f0103459_18373647.jpg
 2012年3月に発売予定だったD800がタイの洪水の影響で大幅に延期になりイライラさせられた。ようやく8月頃になって入手したが、秋のフォトキナでは同じフルサイズのD600が発売される。D7000の価格が安いなと思っていたらD7100が出てきた。こちらもローパスフィルターはなし。D800Eに始まったローパスフィルターレスは各社におよびペンタックスなども右に倣えである。
 DXからFXにしても根幹になる部分をこんなに節操もなく変えられては、何を信じて行けば良いのかまったく分からなくなる。下手なことを書けばそのツケを垂れ流すことにもなりかねない。他の理由もあるがリングストロボや推奨機種などについてのコメントもうっかり発言ができなくなった。

by my-pixy | 2013-03-08 17:58
2013年 03月 05日
どこかで見た風景
f0103459_1092755.jpg 上の画像今日からトップページに使おうとしている画像ですが、宿のわきの小さな斜面で繰り広げられていた光景です。
 下はカレンダーなどにも使ったマダガスカルの白い砂山ですが、あまりにも似たシーンに思わず声を上げそうになりました。こちら日本版は大人も混ざっているので動きは緩慢ですが、白い斜面に散りばめられた遊びに熱中するこども達というシーンはそっくりで、タイムスリップしたような気分でした。
 
 また行きたい!思い一杯で同じような光景を探し求めながらシャッターを切り続けていましたが、これで翌日滑りに行く気にもなれなかった気分も分かって頂けるでしょう。

 印刷物の方は2度目のゲラが出てくるので作業としては大詰めですが、自費出版ですから部数と単価決定の悩みはこれからですし、気乗りはしなくても販売の努力をしなければならないのですが・・・
その節は宜しくお願いします。24ページで2000円以内を目標にしています。

by my-pixy | 2013-03-05 09:11
2013年 03月 04日
エイプリルフールに向けて
f0103459_8103774.jpg 画像は先週の志賀高原です。
一足さきに着いたわが医院スタッフだけが目にした光景で、まだスキー靴は履く前です。残念ながら天候はこの時がベストで、翌日は雪、3日目は朝から猛吹雪で、埋まった車を掘り出して道の方向もはっきりしない中を最徐行で山を下りました。
 これが今シーズン最後のスキーでしたが、ちょうど間に合ったKA367関連パンフレットのお披露目ができたのでこれで満足です。まだ仕事は多少残っていますが4月1日刊行のレールには乗りました。ときどき出てくる思わぬ地雷に大騒ぎもしていますが、これも緊張感からの贈り物と楽しんでいます。

by my-pixy | 2013-03-04 08:13