<   2013年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2013年 09月 30日
フルマラソンから短距離へ
f0103459_14334615.jpg ブログでは語りきれない長い、長い物語です。1944年生現在69才の男性です。どちらかといえば友達付き合いが主で問題が切迫すると医院の入り口から現れるというというひとでした。極度の痛がりやでスケーリングをするだけでも緊張で汗びっしょりになるのでバスタオル持参で来院されていました。
 40台から歯周病は深刻で無歯顎をちらつかせて抜本処置を迫りましたが、ブラッシングさえ改善できませんでした。聡明な人でデザインセンス抜群、スポーツは万能、スキーはもちろんのことフルマラソンでも半端ではないタイムを保持していました。1998年2枚目のパノラマの頃には自然脱落が続き仮義歯のようなレジン床義歯が欠かせなくなりましたが、それでもおみこしは挙がらず度重なる義歯破折への対応はスタッフ任せになっていました。技工室で模型は見てもご本人と話すのは歯以外の話題という状態が10年近く続いたでしょうか。何か風向きが変わってきました。
f0103459_12464966.jpg
 度重なる義歯修理に音を上げていたのはわれわれの方ですが、いよいよ無歯顎が近づいたからか、還暦を過ぎたからか、若い女性勤務医に気を許したのか、義歯を再製することになったようです。黒子の私にはよく分かりません。技工室でパーシャル・デンチャー用の個人トレーを準備していたことや、破折防止策の補強線を張りめぐらしているのは見ていました。
f0103459_15314723.jpg
それから2〜3年が過ぎ、メインテナンスで来院した時に久しぶりで口腔内を目にしてびっくりしました。あの浮腫性の歯肉は何処へやら、歯と引き替えに輝くような歯肉が何処からかやってきていました。昔からお酒もたばこも飲みません。60台に変わったことはフルマラソンを止めて100メートルに転向、70才寸前で13秒台だそうです。

 あんな歯でしたから咬合力は強いはずはなく、顎堤吸収は微少、唯一の咬合支持歯こそ咬耗していますが、保険用人工歯も歯ブラシで減っているぐらいです。3/4犬歯ですが、咬耗した左上犬歯のエーカース鉤のレストは無くなり鉤腕上面は支台歯と同じ面ですり減っています。程良い混合負担ということでしょうか。私の出番はまったくなくナイトガードも不要です。不慮の出来事がなければ、まだ30年位元気そうですが、上下一対の犬歯が咬耗しながら咬合を支えて行くでしょう。結局、私は終始、傍観者として関わりをもっただけでしたが今後のために良い勉強になりました。

by my-pixy | 2013-09-30 12:46
2013年 09月 29日
2013臨床基本ゼミ修了
f0103459_82601.jpg f0103459_9312964.jpg まだ最終日のレクチャー実習は残っていますが、シリーズ最大の山場、受講生全員のプレゼンは昨日終わりました。それぞれ大きなプレッシャーの中での発表は大変だったろうと思います。セミナー途中での発表は任意でしたから見送りを決めこんだ人もいましたが、今回は講師陣もほとんど顔を揃える前での全員発表です。その上事務局の心遣いかお節介か、事前抄録までA4でプリントアウトすることになっていたらしく、よちよち歩きで口腔内写真を撮りだしたばかりの人にとっては地獄のセミナーだったと思います。


 ただ定員オーバー16名の受講生が一人の脱落者もなく辿り着けたことは何よりです。年齢制限無視の1名を除くと20台5名、30台10名の集団でしたが、みなそれなりに頑張ってきたと思います。「このゼミで学んだことを生かして」というプレゼン課題に忠実にケースを選択し、熟年組に混じって一人20台で敢闘したのが下のプレゼンでしたが、裏では所属スタディグループの手厚い支援を受けているようですから独力とはいえず、孤軍奮闘の受講生とは少しちがいますが、臨床は自分自身のものですし、私達の思いが随所に行かされた気持ちの良い発表でした。

 例年のことでその年のグループにニックネームをつけろと宿題を出されています。だんだんひらめかなくなっている昨今ですが、今日中に解答しなければなりません。「のみの市」なんかどうでしょう。ピンキリの巾の大きさがヒントです。場所はセーヌ河畔、がらくた骨董は並んでいますがインプラントは売っていません。
f0103459_84463.jpg


by my-pixy | 2013-09-29 08:26
2013年 09月 24日
光の帆
「ひかりのセール」にしてほしかった!。
 アルミ風のマストもブームもヨットそのもの。東京フォーラムのハル(船体)に掲げてボン・ボヤージュ。航跡に夜光虫が光って・・・・・
f0103459_1453262.jpg

 そうすれば二度とヨシズ張りとか赤提灯などと云わないのに!

by my-pixy | 2013-09-24 13:22
2013年 09月 23日
八重洲口グランルーフ・オープン
f0103459_13212710.jpg
f0103459_131126.jpgヨシズ張りだ何だと悪口をいっていた八重洲口の最後の工事部分がほぼ終わりました。今日中央部のグランルーフという部分がオープンし、工事用のフェンスなどがあらかた取り去られて、少しは見苦しくなくなってきました。皇居をバックに格調高い丸の内には敵いませんが、日本橋、銀座と肩を組んで庶民の町ということでいくしかありません。来年の夏にはヨシズから提灯を下げておらおうと思います。改札口から一直線ですから少しは患者さんが増えても良さそうなものですが…。

by my-pixy | 2013-09-23 12:49
2013年 09月 21日
中秋の名月
f0103459_136121.jpg 一日遅れにはなりましたが、長らくスッキリしなかった天候も回復し、かなりきれいな月の道を見ることができました。これから暫くは一月ごとにこんな光景を目にすることができます。
 三浦半島の町の明かりちらほらする中に姿を表し、昇るにつれて描き出される2時間ほどのドラマは何度見ても素晴らしいものです。
 軽トラ温泉がギブアップになった、二〜三年前の痛ましい事件のことを思い出すことだけが悩ましいのですが、その記憶も大分薄れてきました。

by my-pixy | 2013-09-21 13:06
2013年 09月 04日
臨床ファイルⅤ Vol.4の予告
 臨床ファイルⅤの次号は当初これまでの延長線上で企画していましたが、私よりは若手の数名の先生からVol. 3の延長線の話題で、咬合高径を変更した症例をまとめてみたいというお申し出を頂き、そちらに内容をシフトし内容検討を進めてきました。著者はもくあみ会中堅メンバーで活躍されている方々で、一部はこの会で発表して頂いて反響があったものも含まれています。
 6症例が予定されていますが、大半は咬合挙上の反対で、何らかの理由で咬頭嵌合位を低下させたケースの経過がまとめられています。すでに著者間での打ち合わせも進み、進行予定も決まっていますので10月中にはゲラもまとまるだろうと思います。

f0103459_1323016.jpg 一つだけ異色なのは昨年のもくあみ会で発表された三宅先生の症例です。2011.3.11東日本大震災のさなか、患者さんも術者も被災者としてお互いの生死不明の中で臨床が継続された感動的な物語です。これだけでもきわめて貴重な症例発表でしたが、私としては自分の1970年の全顎補綴一症例を彷彿させる困難な多数歯のケースで、これだけでも一冊の価値がある症例発表でした。未だ困難な状況の中、今回はすべて元画像を揃えて頂いてまとめるお手伝いをさせて頂きました。このケースは嵌合位低下はさせていませんが、患者さん固有の咬合様式、咬合接触を大切に、再建する補綴処置に生かして行ったという点でも素晴らしいものでした。初診時の象徴的な一ショットをお借りしてアップさせて頂きます。
 今回、突然企画したQ&Aの会は、この第4号発表会も横目に見た企画です。ご期待下さい。

by my-pixy | 2013-09-04 10:20