<   2013年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2013年 11月 24日
新・口腔内写真の薦め  2.マクロレンズ
デジタル化にともない、ユーザーとして変えて欲しくないのに、製造する側の都合で変えられてしまったのはフィルムに代わる撮像素子のサイズです。デジタルカメラが誕生した初期、小型のものは何とか作れても一眼レフ用のものはなかなか実用になりませんでした。キャノンもニコンも35㎜一眼レフは作っていましたが大きさも価格も巨大で、とてもフィルムから切り換えようという気にはなれませんでした。

難産だったデジタル一眼レフ
1990年代、デジタル画像の利便性は多くの人に認められながら、プロやハイアマチュアに認められるようなデジタル一眼レフはなかなか登場しませんでした。巨大企業の生存を懸けての血みどろな争いの中で最初のデジタル一眼レフが登場したのは1999年のことで、このホームページ「D1日記」の誕生のきっかけでもありました。石橋を叩いて渡る会社と思われてきたニコンのこの決断は衝撃的なものでしたが、この時ニコンは中核であった35㎜フィルムからの訣別を覚悟したのです。ニコンD1は外見こそはこれまでの35㎜一眼レフでしたが、中身はAPSCという新しいサイズのより小型な一眼レフへの転身だったのです。35ミリというフォーマットではこれまで通りの一眼レフは作れないという割り切りからD1は誕生したのですが、そのことについてはニコンのみならず業界全体も半ば頬被りをして10年あまりを過ごすことになります。
 大型の受光素子製造が可能になり、デジタル画像の鍵を握るといわれていたローパスフィルターが不用というような革新が起こってきて、デジタル一眼レフもどうやら35ミリへの回帰が可能になりました。各メーカー口を揃えて35㎜フルサイズの優位性を謳うようになりました。

 純正マクロレンズ
一つのカメラにはそれに対応する標準レンズがあります。フィルムという枠が外れても撮像素子の制約は変わりないのです。一般撮影ではズームレンズが多用される中でそうした概念は薄くなりつつありますが、口腔内撮影では無視できない問題です。35㎜フィルム時代、ペンタックスでもニコンでも標準レンズは50㎜、マクロレンズは105ミリでした。(メディカルニッコールは120㎜)50ミリとか60ミリというマクロレンズもありましたが、倍率が等倍にならなかったり、ワーキングディスタンスが不足したりして使えませんでした。短焦点の60ミリなどでは手前のものが大きく写るというもう一つの欠点もあるので対象外でした。
 小さめの受光素子を採用した犯人のカメラメーカーは、それに伴って生じる画角(写真が撮れる範囲)の狭小化の対策はとらないため、われわれはそれなりのマクロレンズを求めてタムロンやシグマを使うしかありませんでしたキャノンは今でも60ミリと100㎜しかマクロレンズはありません。

ミラーレスのカメラを目のないカメラなどと言って相手にしなかったことにはもう一つ理由があります。デジタル1眼レフになって35ミリはそのままのFXと一回り小さいDXに2分化されることになりましたが、カメラのマウントはそのままですからこれまでのレンズも使えました。交換レンズのシステムも修正は必要でしたがタムロンなどの3rd partyが隙間を埋めていきました。
次々に登場するミラーレス機の交換レンズにどんなものが用意されているか調べたことがありませんが、撮像素子のサイズは好き勝手、マウントも焦点距離も無法地帯ですから、FXとDXの2分化どころの話しではありません。3rd partyでも相手にするはずがありませんから、最適マクロレンズどころではないでしょう。

 誰が撮影するか ここで一つ気になってきたことはカメラを小型軽量化したいという要望は、撮影を任された女性スタッフからのものだろうということです。口角鉤やミラーを片手に片手撮影などという芸当は私にはできません。シャッターを切るのは自分自身ですが、少なくとも一人、ミラー撮影では二人が必要です。この立場の違いは大きな誤解のもとになりそうですが、私は私が見たものを記録したいのですから、口腔内撮影を他人に任せる気はまったくありません。

by my-pixy | 2013-11-24 12:03
2013年 11月 23日
新・口腔内写真の薦め  1.リング照明
湯水のごとく出てくる新しいデジタルカメラに恐れをなして、カメラの話し打ち切り宣言をしたのですが、アクセス解析を見ているとやはり要望は高そうなので再開を考えました。ただ同じ様な切り口では面白くないので、新シリーズはフィルムを知らないミラーレス派の人達を対象に考えて行こうと思います。なぜならケイタイからカメラに入ってくる人が大多数と思われるからです。ただ私が書けることは口腔内写真ですから、その枠は外さないように気をつけます。
口腔内写真の特性は再三書いてきたように、直径10センチほどの小さな洞穴の撮影で外光は入ってきません。したがって光源確保が第一でこれなしには話しは始まりません。私達が自作したりこだわって選択してきたリング照明以外の方法はありません。Webで画像検索すれば図のようなおびただしい写真が出てきますが、これはそのほんの一部に過ぎません。興味のある方はスクロールとクリックで丹念に見て歩いて下さい。2連休のひまつぶしにはなるでしょう。オレオレ詐欺にかかったという人もこれほど多様な製品があることを知れば、まだまだ先が長いことにため息がでるでしょう。
f0103459_9142829.jpg
ちょっとグーグルに行ってみて「何だかさっぱり分からんからなんとか決めてくれ!」という方、それも面倒くさいから誰かに聞いて見ようという方、あなた方のポケットを狙ったコマーシャルは、歯科商業誌の広告や編集部とぐるになった商品紹介によく出てきますからそちらへ。
 第1回目のテーマはリングライトの光源です。2000年までのフィルム時代はストロボ以外は考えられませんでした。ほとんどの35㎜カメラは専用のリングストロボをもっていましたし自働調光の機能も確立していました。しかし突然、写真技術の中核で使われてきたフィルムが消え、デジタルの時代が到来しました。すでにデジタル画像の効用ははっきりしていましたので戻ることはできません。この大変革の中で消されてしまった一つが自働調光によるリングストロボでした。
 流れは変えられないが、これまで口腔内写真の決め手になっていたTTL自働調光(いわゆるオート)を取り返したいと、さまざまな試みがなされました。当初、私は過去の遺産ともいえるメディカルニッコールにしがみついていましたが、出始めたLEDを用いたリングライト開発をはじめました。K-Macsの始まりです。
 早すぎたLEDの光量不足に悩みながら開発、中断を繰り返しましたが、その都度協力して頂いた方にご迷惑をかけることになるため、最後には小型リングストロボに戻してようやく製品としての安定は確保しました。ミニリング時代の始まりで、小型最軽量という強みでユーザー層も少しずつ広がりました。ただ、マニュアル使用という制約からは逃れられませんでした。
 この壁を越えるには量産化が必要ですがこればかりは素人には不可能なので、優良製品を推奨する以外に方法はないと作戦を転換しました。現在の私自身の結論は小型ならばミニリング、大きさは諦めてオート機能ならばニッシンMF-18ですが後者とは個人的な接触はありません。
どちらも怪しげな囲い込みやセット販売はしていません。ミニリングはすべてのデジタル一眼レフ、MF-18はすべてのニコン、キヤノン製デジタル一眼レフに使用できます・

by my-pixy | 2013-11-23 09:15
2013年 11月 22日
枠にはまるな
f0103459_17562322.jpg 2013年モーターショウ特別号ということでホンダから小冊子が送られてきました。たった30ぺージの中にCubに始まるホンダの歩みがギッシリとつまっていてわくわくするような内容でした。

 ところどころでは本田宗一郎さんの思い出や、皆で行った鈴鹿サーキットの第一回日本グランプリ、日の丸を背負った最初のF1、自分の乗った3台のホンダ車などが、オーバーラップしてくるのですからたまりません。

 ここにも登場する芝刈り機と初期のNSX、2台のホンダ車のオーナーですから、残り少ないと渋る販売店からスペアの1冊もゲットしました。

by my-pixy | 2013-11-22 17:18
2013年 11月 21日
植田正治さん
f0103459_182286.jpg 学生時代からカメラ雑誌を飾っていた方の作品がが日曜美術館で紹介されました。植田さんは鳥取砂丘をバックに人物の不思議な形を描写されるのですが、その真似事をして海をバックにマダガスカルの漁船を走らせてみました。
当時は大変な苦労をしていらしたことも今ならいとも簡単ですが、コピーはコピー。でもその中何かに使えるかも知れません。

 植田正治さんの写真展は、今、東京駅ステーションギャラリーなどで開かれています。

by my-pixy | 2013-11-21 17:33
2013年 11月 20日
ワークショップ型・もくあみ パーシャル教室
 前回レポートで会のまとまりには満足していることをお分かり頂けたと思います。ただ手放しかといえばそうではありません。その第一は珍しいケースが大勢の術者から集まったということ以外の収穫はあまりないからです。初診日その患者さんの口腔内を見て思わず「あっ!」と大声を上げてしまった。という一人の術者のコメントは全員に大うけしました。
 話しにはさんざん聞いていたがまさか私の所には・・・・という思いが同じ様なケースを経験した人に共通だったからでしょう。あれこれ聞いていた疑似体験も大した役には立たなかったこともやむをえないでしょう。しかし物語は始まったばかりですからその後の展開には大した面白さはありません。べたべた即重をもって咬合平面を直したり、患者さんに改変を提案して却下されたなどという話しに止まっていました。

 出会いの感動で目一杯なのにそれ以上の何かを要求することは酷でしょう。為す手もなくシングルデンチャーに 追い込まれたのも致し方ないでしょう。貧乏くじを引く巡り合わせになったのは術者の責任ではありませんから。

 そんな中で全員がKA367をベースに何かを考えてくれたことは一陣の光でした。欠損歯数だけでものを考えるのではないということが、もくあみ会の中では根づきつつあることを感じたからです。飛び道具に頼るなと言い続けた甲斐もあって、インプラントに頼ったケースは一症例だけでした。

 基本ゼミなどで何度か見せてもらっていたケースですが、わがままな患者にほとほと手を焼いて、最後には患者いうなりのパーシャル・デンチャーと術者主導のもう一つの義歯を製作して一段落にしたという話しには、その粘りとともにある新しさを感じました。これこそパーシャル・デンチャーの長所を生かした解決策だからです。固定性ではこんな芸当はできませんし、自分が行ったフルマウス・リコンストラクション保全のため、始めからナイトガード使用を義務づけたなどというよりは、はるかに患者さん思いの処置だからです。

by my-pixy | 2013-11-20 18:44
2013年 11月 19日
駅裏セミナーに集まった人は
 ワークショップは何が違うかは分かりませんでしたが、いつものセミナーから一歩脱却したいという思いはありました。より踏み込んだ対話型のものにしたいという願望です。
f0103459_16311869.jpg
f0103459_15535555.jpg
 対象はとくに絞りこんでいませんでしたが、なるべく自分のケースを持って参加してほしいと思っていました。前半はケースを呈示して参加される方は少なく、またいつもの形に落ち着くのかなと諦めかけていました。しかし申し込みが10名をあたりから流れが変わってきました。もくあみ会を標榜したことがよかったのか、その常連の人達からケースと参加申し込みが入るようになりました。流れを変えたのは原産地、静岡のすれ違い咬合でした。はじめは前後的すれ違いでしたが、そのあとに左右偏在が6枚セットになって届きました。

 術者本人とはやりとりをしていましたが公開はしていなかったのですが、その後千葉産が2ケース続き、最後には東京下町からもほれぼれするような左右的すれ違いが届きました。一歩手前の2ケース加えると二桁にも届こうかというラインアップになりました。このほかにも咬合崩壊症例などもあり、その大半が後期高齢者とあっては主催者が舞い上がらないはずがありません。
 絶滅危惧種かと思われたシイラカンスが発見されたような興奮状態となりましたが、全国で発見され若手の網にも入ってくるのですから、大手を振って統一テーマとすることもできます。大喜びで昔no
発表の再演も準備しました。
 さらに今回は「歯の接触と咬合位」の著者3人も新潟から参加して下さいましたから、豪華絢爛樽の25名が勢揃いし、期せずしてワークショップは満開となりました。主催者としても参加メンバーの一人一人とも充分話すことができて、スタディグループ例会以上の仕上がりだったと大満足でした。

by my-pixy | 2013-11-19 15:43
2013年 11月 19日
町が消える,人が変わる
f0103459_15151654.jpg東京駅の改築と前後して周辺はめまぐるしく変わって行きます。そのことが悪いわけではないのですが,それにつれて人が変わっていくことにはほとほと音を上げています。もともと八重洲と云えば駅裏でそれなりの町の風情もありました。しかし今それらは津波や台風ならぬ経済の嵐の中で根こそぎ変えられて行きます。

丸の内、日本橋にまけてはならじと京橋も地上はビルラッシュで、高島屋と明治屋の二つを残して多くのビルが造り変えられつつあります。消えていくのは老朽化した建物だけではなく40年前のものも多くがその対象です。このダイビルは数少ない生き残りですが、そのためにテナント探しの営業はひどく苦労をしているようです。八重洲口から繋がる地下街も外枠はそのままですが、中の店舗は95%変わってしまいました。
昔から味で売ってきた小料理屋などが新築すると、料理の中身は低下すると云われてきましたが、最近オープンしたグランルーフなどはその象徴です。日本全国の有名店が軒を並べていますがその名前とは裏腹です。仙台駅で牛タンを食べた人がここに入ったら腹を立てること間違いなしです。

問題はそれとともに人も変わることです。かつては右肩上がりの発展を支える会社の柱になってきたビジネスマン達がわれわれの患者さんでした。しかし最近新患で見える方々は全く違います。年齢差もあるでしょうがあまりお話ししにくい方ばかりです。町という漢字は田んぼ囲んで人がいてというイメージのように思えるのですが違うでしょうか。行ったことはありませんがドバイのタワー群がちらついて仕方ありません。

by my-pixy | 2013-11-19 10:56
2013年 11月 07日
歯の接触と咬合位
f0103459_96520.jpg近いようで遠い道のりでしたが、ようやく本日よりご注文をお受けできる状態になりました。これまでの経験で製作ステップは決まっているので、気心知れた仲間に任せておけば、手つかずで一冊が仕上がる!などと思っていました。 しかし数人でも組織は組織、始めて見るとその不備が次々に問題になり、なかなか一本にまとめることはできませんでした。

この号の中では立場が大きく異なり、しがらみもそれほどない石巻の三宅先生がまっ先に完成し2ヶ月近く足踏みをして頂くことになりました。はじめにお話しをうかがってからは1年近くが過ぎたと思います。タイトルとして使用する写真の選択もいろいろ思いはありましたが、震災後まもなく臨床歯科を語る会実行委員長としてお見舞いに行かれた時の、松井宏榮先生のスナップを使用しました。

ご注文はいつもの通り、リヤカーを引くトロ君からお願いします。












独活の木書房

by my-pixy | 2013-11-07 14:19
2013年 11月 06日
私の2011.3.11
f0103459_931265.jpg  先日の記事は鬼の首を取ったようなケースでしたが、他にも同種の事件は何度か経験しています。特にこのケースは再三脱落するからと来院された患者さんで補修の後も生々しかったのですが、ちょうど修復物を外した時にあの激震に襲われたのです。幸い耐震的には恵まれた場所でしたから、軟象だらけだった根管内を整理してTEK製作の印象を採ったりしていましたが、まだこの日帰宅できないことになろうとは思っていませんでした。
 
 接着は2歯とも効いていませんでしたが、特に2番は根管内のカリエスがひどく、穿孔に怯えながら除去してスーパーボンドで閉鎖しこの印象をとりました。他に患者さんはいらっしゃいませんでしたがTEK装着は必須でしたので、この世のこととは思えない光景をちらちらテレビを見ながら、変に落ち着いた雰囲気だったことをはっきり覚えています。





f0103459_10314350.jpg

by my-pixy | 2013-11-06 09:32