<   2013年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2013年 12月 28日
木のビジネスツール
f0103459_17231615.jpg 始めの出会いは東京のにデパートでした。 蝶番もロックもハンドルもローズウッドのような木で造られ、内外面ともコルク仕上げですがやや堅めの開閉感 とともに仕上がりの美しさに惹かれました。
 1回目は我慢していたのですが、あまり間を置かず開催された展示会では、中に入れる小物ともどもお買い上げとなりました。名刺入れ、印鑑朱肉、爪楊枝入れなど実用性は???でしたが、仕上がりのきれいさに惚れ込み意味もなくカチカチ開閉しては悦に入っていました。少なくとも木の小石を眺めたりなでまわしたりしているよりは一歩前進でした。その後も朱肉印鑑れなどの出番はないままでしたが、 忘れることはできず次のお買い物の下調べもかねて、生まれ故郷の旭川に出向くことになりました。
  
 市街地よりも旭川空港に近く広大なスペースに建てられた工場での一時は、まだ見ぬ北欧家具の工房にまぎれこんだような至福の一時でした。オーナーにもお目にかかれてお人柄にも魅了されましたが、真鶴増築に合わせて幾つかの家具に注目して返りました。1989から1990年頃のことだったと思います。

                        

by my-pixy | 2013-12-28 17:23
2013年 12月 26日
木目
f0103459_18423930.jpg1980年代で所は富山から金沢あたりのお茶道具の製造をしていた所という以外の記憶が定かではありません。どこかで黒柿の木の美しさに魅了されて下のお盆を購入しました。その工場で廃材となった小さな材木を海岸の丸石のような形に加工してありました。こちらは商品ではなかったのですかお目当てのお盆よりこちらに熱中して譲って頂きました。
栗・欅・黒柿・梨・えんじ・桑・黒丹・米松・樫・肥松・鉄刀木などという木の名前やスケッチは残って
いますが展示方法が決めきらずずっと戸棚の奥に眠り続けてきました。

by my-pixy | 2013-12-26 18:58
2013年 12月 26日
エーゲ海のクルージングから
1971年のことでしたからまだ観光客も少なく、古道具屋にはこんなものも並んでいました。f0103459_13402823.jpg 
最近のテレビで聞いた話ですが、極端に雨の少ないこの島ではこんな木製の水筒を下げて仕事に出かけていたようです。

右側の上顎前歯部を使ったペンダントは銀細工を施されてよく見かける装飾品です。上の方の動物では咬耗が著明でほとんどの歯が露髄しています。高齢だったのかも知れませんがこれでは辛そうです。

by my-pixy | 2013-12-26 13:39
2013年 12月 25日
年末の片づけ 1.
f0103459_16281476.jpg歳末の大片づけでタナや引き出しを次々にひっくり返しています。骨董的な価値のあるものはなく、見せびらかすほどのものもありませんが、ちらりと見て頂きたいものもあるので、アップする記事もないこの時期のお披露目です。何といっても木工製品が多数ですが、第一号は来年の午年にちなんで1972年ミュンへンオリンピックの記念メタルです。何となく姿形が気にいったのだと思います。

f0103459_18101525.jpg
次はマダガスカル産アンモナイト直径2センチぐらいで1箇100円位だったと思います。 隣は木彫りの女の子。高さ18センチ、1000円でお釣りが来たと思います。

by my-pixy | 2013-12-25 16:44
2013年 12月 21日
院長コーナー
先週末からせっせと働いてどうやら片がつきました。写真・パソコン関係をデスクの周囲に巡らし、スキャナー、X線、スライドのデュープなどまで椅子を回転するだけで処理できます。デスクトップ・ノートパソコンは共用ですから、ケーブルを外せばモバイルにもなります。通常は2モニターですがノートの蓋を閉めればお気に入りの小物達が全員整列、キーボードなしで紙と鉛筆の世界には入れます。こども達は時々交替でお休みしますが、左端のFontenelle先生から頂いたアフリカの女性と、白雪姫と7人の小人のちびだけは常勤です。
f0103459_9121682.jpg


by my-pixy | 2013-12-21 09:13
2013年 12月 17日
医院内配置換えの始まり
f0103459_10373348.jpg欠損歯列の分類を考え始めた頃に大活躍したライトボックスです。歌留多とりのようにパノラマを並べて並び替えながら、分類や序列などを考えていました。下の画像が1900年代の作業中の様子で、老眼鏡片手にメモを作っている様子が分かります。スライド時代にはこうして大活躍していた西ドイツ製のライトテーブルで、高さ確度なども自在に変えられる優れものでしたが、デジタル時代に入ってからは存在感が次第に薄れ、近年はほとんど食卓代わりになっていました。
デジタル時代になって次々と姿を消していったフィルム時代の寵児たち、最後に生き残ってはきたモニュメントでしたが、今回オークションで18000円という値がついたことを花道として送り出されることになりました。重量物で解体搬出も大変でしたが何とかクリアし大きなスペースが生まれました。

大スペースが生まれたからといってその分ビルに返すという訳にはいきません。何とか有効利用しようとない知恵を絞るということになります。少し手狭だったX線撮影室を拡げたりはしましたが、ロッカールームの整理などでプラスマイナスはほとんどなく、これを機会に始めた徹底整理で逆に余裕が出てきてしまいました。 CTでも導入する気になれば絶好のスペースになるのですが、いまその気はまったくありません。

かつてこの地から追い出されてきた院長室。まだ部屋にはできませんが、コーナーとしてはすこぶる快適になりました。調子に乗ってビルの管理事務所から業務用シュレッダーを借り、山積した書類の整理に熱中、少々くたびれました。

by my-pixy | 2013-12-17 09:29
2013年 12月 08日
H.P.新たな挑戦
f0103459_14152245.jpgホームページの検索状況を調べたところ、以下のようだというメールから始まりました。
Google
歯科医院 八重洲:1ページ7番目
歯科医院 京橋:1ページ5番目(歯科医院 東京京橋:1ページ5番目)
歯科医院 東京駅:1ページ8番目
Yahoo!
歯科医院 八重洲:1ページ6番目
歯科医院 京橋:4ページ10番目(歯科医院 東京京橋:3ページ3番目)
歯科医院 東京駅:2ページ3番目

 たしかにランキング的には長く続けているだけに申し分ありません。しかしそれにしては反応が今一つだといったことから激論が始まりました。これまでは小競り合いを繰り返してきましたが、いつも「おれはおれだ!」で押し切っていたのですが、今度はこれまでになく手強く、テスト段階でも修正を申し入れると「これだからいつものパターンに・・・・」とやりこめられてしまいました。一夜考えましたが、たしかに何かを変えたくて努力しているつもりでしたが、端からみればまた同じ事!!!と云われても仕方ないなと諦め、大譲歩して口を閉ざすことにしました。(もちろんそのままではいかないでしょうが。)

スタディグループより地域密着を目指してと云う試みを始めました。

by my-pixy | 2013-12-08 14:44