<   2014年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2014年 10月 29日
好き嫌いとえり好み
 むかしから私の臨床はタイトルの2つが問題だと身内にいわれています。多少は反省もしましたが大きくは変わっていません。長年来院が続いているのはそうした方々で、その経過を足場に次の臨床を行っているのですからそれしかありえないのですが、そこで大きな問題になっていると思われるのは、患者さんの生活環境とわれわれとの相互理解です。1970〜80年代に行ったCr−Brのケースでは今もしばしば見かけますが、リン酸亜鉛セメントは健在です。

f0103459_1045057.jpg 先日、スタッフの紹介で見えた患者さんです。長年放置された6番欠損を補綴するかどうかというご相談でした。両隣在歯は健全歯で今どきは格好のインプラントのターゲットでしょうが、時間をかけてお話しし選択していただいたのは3ユニットのブリッジでした。
 私も30代の女性にブリッジを装着することは稀ですから、今度はこちらに大きなプレッシャーがかかりました。上顎ですが部分的な金属の露出などもあるので再度時間をかけて考えていただきGOになりました。挺出した対合歯の削合も合わせて1.5ミリの厚さを確保することを目標にパーシャルべニアの形成をしました。約2週間の仮着後、清掃性にもだめを押してスーパーボンドで接着しました。
金合金を使いたかったのですがそこだけは認められませんでした。今もリン酸亜鉛を常用していればそれで良かったのですが、材料もシステムも消えて久しいので固執はしませんでした。冷水反応もなく順調でしたが、20年後のお世話はできませんので不測の事故への対応もお話しました。


f0103459_8371145.jpg 翌日、別の患者さんですが、昔われわれが処置した上顎6番のインレーが他院で再治療され、不具合ということで戻ってきました。バイトがおかしいということで新しいインレーの咬合面にコンポジットが貼り付けてあったりして、撤去せざるを得ませんでした。しかしなかなか外れてくれず、結局、全部削り落とすことになりました。恐れていたスーパーボンドだったからです。おかげで支台歯を少し傷つけてしまいました。MODでしたから接着など必要なかったのに最近よく目にする接着公害です。このブリッジも同じ事態になることを心配していたのですが、クラウンではなくても被覆型ですからアイオノマーセメントにすべきだったかもしれません。

by my-pixy | 2014-10-29 10:49
2014年 10月 26日
今夜はネコ歩きの岩合さん
f0103459_10332268.jpg
今夜は岩合さんのネコ歩きです。この人、最近はネコ一色になりましたが、かつてはセレンゲィで大型動物を追い、南極海でペンギンの群像を捕らえるなど注目の気鋭カメラマンでした。たかが猫ですが彼の手にかかるとブルージュでもちょっとしたドラマになります。

 海からの手紙の出版は朝日新聞社で1981年で木村伊兵衛賞を受賞しましたした。ペンギンだけでなく海イグアナ、コモドドラゴン、ジンベーザメ、シャチ、アホードリなど最近の話題になる様々な動物からの手紙がぎっしりつまっています。その人だから世界中の猫もおとなしくいうことを聞くのでしょう。一見どこにでもいる猫を使っての世界町歩きや人々紹介にもなっています。一度でも町で見かけたかわいい猫の写真を撮ろうとすればプロのすごさかわかります。ツーショット、自分撮り、に明け暮れてシェアして喜んでいる人たちとは何かが違います。

by my-pixy | 2014-10-26 09:37
2014年 10月 25日
ブログの化粧直し
f0103459_17543861.jpg 毎年1年ほどたつとあきがきてリニューアルを繰り返してきました。2013年も風車だ、スカイウオークだと大騒ぎをしていましたが、なかなか思ったようにはいかず撤収しました。
 その後スクリーンサイバーなどで画面変換が気になっていましたが、そんなときいつもお手本になるモントレーの水族館を久しぶりに見てすっかりのぼせ上がり、派手派手なトップページを製作中です。まだ仮アップで きっと飽きるだろうとは思いますが暫くはこれでいってみます。
平行してブログをPDFデ保存することにもトライし、その日のために変則原稿や不要原稿の整理をしてタグを身軽にしています。1000本の既存原稿の約10%を片付けました。

by my-pixy | 2014-10-25 18:15
2014年 10月 24日
NHK地球イチバンはサルディニア
f0103459_17144074.jpg ミクロネシアの航海民族は面白い番組でオンデマンドでも繰り返して見ましたが、第2作はアリゾナはぱっとせずほとぼりが冷めていました。しかし昨夜のサルディニア長寿ファミリーの話はなのかなかでした。1986年の夏休みに何の予備知識もなく訪れ、強いインパクトを受けたところでしたし、その時持ち帰った木彫りのお面は、流人の島、石油王アガカーン、ヨットレース、サルデニア料理、小さなSLなどという番組と入り交じってきていました。 番組はそれらから出来上がっていたイメージとは全く違うものでした。どちらかといえばBSフジの「小さな村の物語」にちかいものですが、106才の長女を筆頭に9人兄弟がみな長寿でギネスブックにものったという話です。驚くのはそのほとんどが同じ村に住み続けて全員かくしゃくとして現役だということです。107才の誕生日の長女のジョークの切れ味はすばらしいものでしたし、ヤギを追って歩く四男100才の足取りも見事でした。オフロードカーを連ね、ヘリや船団を組んでのホットスポットものとはちょっと違うようです。

by my-pixy | 2014-10-24 17:13
2014年 10月 13日
Adobe Photoshop CC
f0103459_10162411.jpgf0103459_812186.jpg 次の問題は昨年来グチャグやしているAdobeですが、訳の分からぬC.C.などとの三つ巴ですからほとほと手をやいています。
モノはないのに月々上納金を巻き上げようという商法は気持ちの悪いタイトル画像で自ら認めているようです。一時「謎の掃除人11」・・・などといっていたことを、アップグレードの名のやられるのでは手に負えません

「昨日までやっていたことが今日はどうにもならない」
「使いたいツールがあるべきところに無い」 
「環境設定やインターフェースを見ても用語の意味がチンプンカンプン」
などといったことに業を煮やしてもこれまでの腐れ縁の持って行き場が無いのです。さらにAppleと決定的に違うのはサービスです。コールセンターに電話をしてみればその底意地の悪さはすぐ分かります。何から何まで最低です!!。それでも「忍]の一字で少し調べてみました。 自分自身のことでも四苦八苦では来年の基本ゼミのケースプレのお世話などとてもできません。
スマホのカメラもどんどん進化しても、デジタル画像を自力で加工する道が閉ざされてはどうにもならないからです。 悪口を書いたら気持ちの悪い女はどこかに消えましたが、その代わりも何だか気持ち悪く、フライドチキンでも握っているのかと思いました。
f0103459_11351032.jpg

by my-pixy | 2014-10-13 09:25
2014年 10月 12日
きっかけはニセコだった
f0103459_914537.jpg
あまり多くの方はご存じないかもしれませんが、下のストーブを見てアレ!と思われる方も少なくはないでしょう。このところのスライド整理で当の本人も忘れていたルーツを発見してびっくりしました。
 ここで一目惚れだった使い込まれた北欧のストーブを探しまわった当時のことを思い出しました。さいわいにさほど苦労もせずに見つかり、銀座のストーブ屋さんともお友達になって、その後、薪を焚くサウナやジャグジーへなどへと発展しました。ともに1980年代の初めの頃です。上の写真はその頃天候に恵まれれば歩きまくっていたニセコアンヌプリですが、近年、ボーダー用になり変わった本州のスキー場の閉鎖が相次ぐなか、昨年隆盛ぶりを目にしたばかりでしす。前後10回に及ぶニセコ通いには美しい情景が多く今後も再登場の機会はありそうです。
 ことの発端にもなったスクリーンセイバーも形がついてきてその試運転中にストーブの画像も発見したのですが、この一週間はパソコンとの葛藤に明け暮れました。アップルの何人かのスペシャリストには大変お世話になりました。画面共有を使っての問題解決に3時間、4時間を要したこともありましたが、皆さん親身になっての指導には、アップルケアのシステムを含め大感激でした。終わってみれば大したことではなかったのですが、長年の懸案だったワープロやメールなどまで片付いてようやく自分の「Mac.book.pro」らしくなりました。

  と思いきやフォントや辞書など愛用していた小物類が無くなっていて、今度はノルウェーのうさぎ小屋の住人と画面共有して義歯ではない修理をしてもらっています。

by my-pixy | 2014-10-12 16:43
2014年 10月 10日
タイトルが無い.旅の話地球イチバン
f0103459_18515757.jpg 風邪気味で早めにお休みにしようと思った10時素晴らしい番組に出会いました。アンデスの山奥で年に1回ピクーニャの毛を刈る話や、アリューシャン・マジックなどと同じように一度見たら絶対に忘れられないシーンで、ミクロネシアの人々の生活と人々に魅了されました。

 形は少しちがいますが、この人たちならインド洋を越えてマダガスカルにたどりついたという仮説も十分成り立ちそうな気がしました。シーラカンスもそれについていったのでしょう。

 お笑い番組か 暗いニュースばかりのこの頃、釘付けになった番組でしたが、早くもネタ切れか第2弾はいただけませんでした。

by my-pixy | 2014-10-10 12:31
2014年 10月 05日
ここで咬みたい
f0103459_167448.jpg もくあみ会や語る会でもおなじみになったN先生のすれ違い難症例をみるにつけ気になっていたことですが、今回の基本ゼミ最終回でも関係がありそうなケースを見せていただきました。類似ケースをと手を広げましたが、中央のたて3枚はよく似た現象です。これらの半数は追跡困難ですが残りは追求可能です。症例の宝庫静岡にもきっと多数が眠っているでしょうからそれらを繋いでいくことで何かが見えてくるのではないかと期待しています。
 
いずれの症例も大臼歯部の咬合支持は弱体化するか無くなっています。犬歯、小臼歯には辛うじて咬合接触が残っていますが、ここを拠り所に咬合するため咬耗は顕著で、残されたエナメル質が対顎の歯を削り落としています。セラミックスなどが入っていれば対顎の咬耗や移動が引き起こされていますが、咬む場所を変えようということにはならないようです。義歯が入っているケースもありますが、それによって咬合の均等化が計られることはなく、咬耗が著明になっても、咬耗した歯牙が誘導して顎位は決まっているようです。

 長年の習慣に筋肉が対応して、接触のある歯はさらに削られるか対顎などにも問題は波及しますが、もはや回復する回路は働きませんから、偏在などはより顕著になっていくのでしょう。その末期になって歯科医がすれ違い咬合などに対応しようとしても、時すでに遅く、難症例の壁に引きずられていくような気がします。クロス偏在と左右的すれ違いが欠損歯列の最大の壁という持論はだんだん固まってきました。また天然歯とは異なる歯冠修復物がこうしたドラマと関わっていることも分かりましたが、中央の下から2枚は経過対応で防げたように思われます。

f0103459_8461866.jpg 昨日来、再三登場されるノーベル賞受賞者の天野氏もこのタイプの噛み合わせのようです。注目していましたがテレビではなかなか前歯にはお目にかかれませんでした。ようやく見かけた朝刊の写真ですが、やはり間違いなさそうです。いまも同種の患者さんで四苦八苦しています。

by my-pixy | 2014-10-05 16:26
2014年 10月 02日
記憶とイメージ
f0103459_13193321.jpg 独立宣言からそろそろ一年。失業保険も食い尽くして、いったい何時になったら働き出すのかと周りが気をもんでいる中で開業の葉書が届きました。濃いブルーと白の縁取りの技工小屋はまぎれもなくノルウエーの光景です。
 背景にした画像はノルウエーのオーレスンという街で、ペンタックスのサービスステーションで見て以来「いつかは現地へ」と思い続けてきたところです。1995年、院内旅行をかねて皆で出かけました。聞くところでは母屋も同色ということですから埼玉の北欧ということでしょうか。
 
 不思議なのは萩原氏が使い始めたホームページのソフトと、矢倉沢の仙人のソフトが同一ということです。私の周辺ではこの「Jimdo」というソフトを使っている人はいませんし、両者は面識も意見交換もありません。ロケーションは大違いですが羊羹を切ったような仙人の工房もよく似た形です。ブログでは不満だがHPに大枚を投ずる気にはなれないというニーズには合っているようです。私もこれからだったらこれに合わせた展開を考えていたかもしれません。

by my-pixy | 2014-10-02 08:35