<   2015年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2015年 04月 23日
Surechigai occlusion
f0103459_17361614.jpg

 これらの画像は2014年のもくあみ会で若手や中堅の方々が発表された症例です。これらのケースはまちがいなく難症例ですが、この時点では誰が担当しても完全なリカバリーはほぼ不可能です。どうしてもこの1歩か2歩手前での先を見た処置が必要だったはずなのに、高齢の患者さんに悲劇は多発しているようです。そこで昔のすれ違いのケースを見直すことになりました。

前2回でご紹介した1900年代の原稿を見直すと、現在より欠損歯数が多かったせいか前後的なすれ違いが多数でした。近年になると残存歯は当時よりも多いものの、より難しいすれ違いとして左右的なものが増加しているように感じます。20年あまりが過ぎ、疾病形態が変わってきたということでしょうか。

 前後的なすれ違いでは下顎大臼歯は欠損しても、前歯群は健全に残存していることが多く、これらが上顎義歯を回転沈下させたり、上顎前歯部顎堤をフラビーにしたりすることが問題でした。後手に回って重症例は大変ですが、下顎両側遊離端義歯や上顎シングルデンチャーをうまく利用して行けば解決策は見えてきました。
 ところが左右的なすれ違いでは、遊離端欠損が対角線的に拡大してくるためか、犬歯の残存率は2/4から3/4に高まる傾向にはあるものの、補綴設計の難しさはさらに増してくるように思われます。

 長い遊離端欠損の延長で犬歯も欠損していれば、すれ違いでなくとも補綴設計は困難ですが、それを裏返した遊離端欠損が対顎に起こったりすれば、すべてのすれ違い咬合の中でも、もっとも困難な状態になります。ただ最後の砦となる犬歯が残存して支台歯の任を果たしてくれている間は破局には至りませんが、それを通り過ぎた場合には顎堤も大きなダメージを受けているので、移植や自家歯牙移植といった改変も困難になってしまいます。

by my-pixy | 2015-04-23 17:42
2015年 04月 23日
デコポン北上
f0103459_17323033.jpg このところデパチカではまっている食品です。ミニ大根の方はそれほどではありませんが。デコポンの方は1ヶ月以上になります。
 冬を越してきたミカンがきれぎれになった頃に登場しましたが、何よりも6個で1080円という単位と価格が買いやすく、1個づつ食べて一週間一ケースというのも実にうまく合っています。そろそろ終わりかなと思った頃になって葉をつけたものが並べられるなど心憎い作戦にまんまとはまっています。先日も真鶴産が話題になっていましたが、もはや熊本特産品ではなく前線はまちがいなく神奈川までは北上しているようです。

by my-pixy | 2015-04-23 16:21
2015年 04月 22日
すれ違い咬合の続き
 
f0103459_1524830.jpg
この後、1987年日本歯科医師会雑誌にシリーズの一部として執筆依頼が来たが、すでに祭りの後という感じで、白黒5ページということもあって力は入らなかった。ただ与えられた演題は無視して書いた文末の「すれ遅い咬合を防止するために」は50代半ばの力感があり今では書けない文章だ。

2000年臨床ファイル3をまとめるときには、見出しなどに英文を併記しようとしたが適切な言葉がなく、あちこち聞き回った末Suretigai occlusionで押し通すべきだという結論になった。先日の日本補綴歯科学会編の用語集では遅ればせながらnon-vertical stop occlusionとなっているが、海外にそういう概念がないのだから臆せず津波のように和製英語として育ってほしいものだ。

1987年の原稿で端を発したクロス偏在という概念や、KA367も、もくあみ会や語る会でブラッシュアップされながら、Suretigai occlusionの後に続いてくれれば、インプラント不要の日本のパーシャルデンチャーが確立される日が来ると信じている。Kennedyから100年、Eichnerから50年が過ぎ、自家歯牙移植も認知されるなか決して夢物語ではないのだ。

by my-pixy | 2015-04-22 13:41
2015年 04月 22日
すれ違い咬合
最初の症例報告は1973年1だったが、前後的すれ違い咬合のケースを可撤ブリッジで補綴しようとした、1969年以来の苦闘の経緯をまとめたものだった。このケースの前に取り組んだいくつかのケースについては、1984年当時の火曜会のメンバーと ともに歯科評論の特集に5症例をまとめた。当時の懐かしいメンバーの名前が並んでいる。
f0103459_11223899.jpg


by my-pixy | 2015-04-22 09:45
2015年 04月 18日
インプラントはあだ花かの反応
f0103459_822578.jpg意識的に画像のない記事をアップしてみました。ちょうど2015基本ゼミ第2回の前日でしたから、多分、読んでもらえるだろうと考えたからです。第1回のオリエンテーションで一人一人と対話しましたから、少なくともこの人たちは読んでくれるだろうと思ったからです。
 予想は的中「インプラントはあだ花か」は今朝の第一位。過半数がスマホではなくパソコンで読んでもらったようです。動画漬けネット社会へのささやかな抵抗です。しかし、二度、三度、続けられる手ではありませんから今度は工夫が必要です。そこで前回ゼミで人気抜群だった230才のカメ君に登場してもらおうかとも思いましたが能がないので定形に代えました。これで釣って今日の狙いはプロビジョナルです。私の出番はありませんが、プログラムには関与しましたので一言追加すれば、初診時の主訴への対応で第一歩は決まります。
 術者の見る目や患者さんへの対応は大切なことですが、それを現実の形にするためにプロビジョナルほど大切なものはありません。時間がなければ次回に向けての準備でもやむを得ませんが、症例をどうとらえ処置を進めるのかを、口だけでなく体感することで共通の基盤が生まれます。先が見えない中でのプラコン!プラコン!ではついて行く気になれません。両者の無理な要望も、それを解決する葛藤の中から先が見えてきます。ある時にはNOということも必要です。

プログラムはびっしりですがぬかるみを越えながら二日間頑張って下さい。

by my-pixy | 2015-04-18 07:39
2015年 04月 17日
インプラントはあだ花か
 2007年のパーシャルデンチャー新時代はヒョーロン連載時代から数々物議を醸し出した出版だった。連載中から出版社とは絶縁状態になり、書籍化は退職したもと社員に丸投げされた形で進められることになった。もともと早すぎる出版で、筆者としてもオリンパスのOCC事件の二の舞になることは懸念していたが、それまでのパーシャルデンチャーについての試行錯誤の後に登場し、それまでの経緯もはっきりしない中で,異常気象のようなインプラントブームには危機感を感じていたので、それに警句を出すようなものにしたかったので、書名やサブタイトルのつけかたにも苦慮した。

 しかし、未成熟だった発表は功罪半ばする結果となった。自分でも半信半疑だったが、自分で手がけず批判はできないと考えての取り組みだったが、受け取られ方は肯定側に偏ったことはまちがいない。本人も予見しなかった術後トラブルの発生のつどスタディグループや臨床歯科を語る会などでは公開してきたが、それだけでは不十分なことは当然である。

 予期せぬトラブルはさらに多角的に続き、問題点の絞り込みも効かなくなって、自分の医院としては否定の立場を鮮明にすることになった。車のリコールなどから考えればその時期にきていると感じたからだ。本来なら追加発表もしたいところだが、問題が煮詰められていないのでそれもできずにいる。
条件に恵まれた若い患者さんなどでは切削被害の防止の役には立っているのかもしれないが、それだけでは別のマイナーな問題が見過ごされていると思う。

 なによりも異物混在によるナチュラルヒストリーの混乱は、今後長い期間にかけて尾を引くことまちがいなく、長い年月をかけて蓄積してきた歯科臨床のシステムを混迷に陥らせそうだ。非効率的ながら、患者の治療の推移から個々の治療計画を煮詰めて行くという、イニシャル・プレパレーション、プロビジョナル・レストレーション、ような手法を無為にする方向に動いていることは間違いない。

by my-pixy | 2015-04-17 09:33
2015年 04月 13日
お出かけ効果
f0103459_10473010.jpg桜の時期は天候は安定しないものでですが今年は特に晴天がありません。冬の間、悩まされていた方たちも多いので贅沢は言っていられませんが、たった一日の好天ということで、4Kディスプレーも放り出して外に出ました。
上野東京ラインの混乱は続いていますが、折良くアクティに乗れて9.350分には真鶴に着きました。(帰りも終点東京着ではなく前橋行きでしたので用心して新橋からデッキに出ていて大正解。危うく降りられないところでした。学習効果です。)

 車中で作戦を練り駅前からタクシーで直接、風罍窯の井上さんのお宅に向かいました。連絡はしなかったのですがだめならそのままタクシーで次へ向かう予定でした。着いたときお留守を思わせる雰囲気でしたが、一瞬おいて下から出てみえました。10日間竃を焚き続けて最後の3日間は徹夜だったそうです。f0103459_10582275.jpg

 ぼつぼつと教員時代の来客などが見えにぎやかになりました。美術系の先生だった方が多いので引退後もいろいろなことをしていらして話題が尽きません。生物多様性の話になると,相模湾にはなく蟹がいて,その録音をするのに水槽に入れ・・・・。ミカンの話になると近所に特においしいデコポンをつくる農家がある。庭に出るとタラの芽の話。上の画像はのぼり窯の灰の中なら出てきた陶器のつっかえ棒にした貝殻ですが釉薬がかかって工芸品のようになっています。あっというような3時間でした。
f0103459_10592290.jpg
 帰りがけにもとの隠れ家に立ち寄ってみました。毎年春先あれほど苦闘していたウラの竹林は業者の人の手で徹底的に伐採されたと思ったら、その跡地にはタラの芽とおぼしき林ができているではないですか。 これも生物多様性の証しでしょうか。すべて時とともに変わってゆきます。

 僅か数時間のショート・トリップでしたが、こもり病からは完全に解放されました。

by my-pixy | 2015-04-13 09:52
2015年 04月 09日
朝のディスプレー
f0103459_13364848.jpg 昨夜、慰霊のためパラオを訪問された天皇の番組を見ていてアナウンサーの敬語の使い方にびっくりした。宮内庁からの通達に違いないが天皇に対する敬語が一切使われていなかった。おそらく慰霊が目的ということで排除されたものと思われるが、その敬語の奥深さはまったく知らない世界だった。
 太平洋戦争末期。奥日光に疎開されていた小学6年生だった天皇の生活ぶりや、戦後の昭和天皇とのヒストリーなども見るにつけ、思いつきや他国からの雑音に左右される首相談話ではない、人としての訪問であったことにも感動した。人と神とのはざまということかもしれない。

f0103459_1225275.jpg
f0103459_1341326.jpg
朝はだんだん早起きになるので一仕事するには絶好だ。こんな時広大な31インチは特に使い道もない
ので環境ミュージック代わりに旅行の写真などをいっぱいに広げ、隣のEIZOでメールやブログの整理などをしている。10年間のカレンダーなどに使ったといっても、まだまだ日の目を見ていない画像はしこたまあるし、A4カレンダーの4倍ぐらいのエリアはあるので、フル画像は新鮮だ。添景に入っていた小さな人物などにはじめて気づくことも少なくない。

by my-pixy | 2015-04-09 10:21
2015年 04月 08日
色調補正
f0103459_10205325.jpg 快適環境にきを良くしてCaseに保存している過去の画像のチェックを始めた。 見ていくと現在の環境では、気になる赤のどぎつさや、グレーがかった画像が出てくる。だんだん捜査範囲を広げて、15年前あたりにゆきついた。この画像はちょうど10年前の講演記録で、デジタル一眼のレフの不安定さに悩まされつつ苦しんでRAW画像にたどり着いた頃のものだが、元画像の不安定さに引きずられたてバラツキが気になる。
合成画像は見逃してフル画像の悪いものを見つけては、元ホルダーに飛んでチェックを続ける。同じ年代は要注意なので一通り修正!といった果てしない作業だが、始めたことは一段落するまではやるしかない。
終わってみればホルダー内ばらつきは減り、すっきりしてくるので気長にやるしかなさそうだ。

今のデジタル一眼レフではこんな空しい努力は不要なので、始めからきちんと積み上げてほしいものだ。

by my-pixy | 2015-04-08 11:20
2015年 04月 06日
デンタル快適環境
f0103459_9274036.jpg 少しづつ亡くなられる患者さんも増えているが、記憶に残るような方々の画像やX線はそのまま保存し参考症例などに使うことに備えている。それらを何時も見られるように時折チェックはしているが、時に色調補正が不備なものも出てくる。今度はかなりの枚数でも、右側のEIZOからワンクリックで左側の31インチに全画像が展開できるので、落ちこぼれも発見しやすくなった。

 クリアなディスプレーで調整の可否も迷わず判断できるので、必要とあれば同じホルダーに入っているRAWデータから作り直して差し替えることも容易になった。この作業には右側のEIZOにも参加してもらえるので快適この上ない。昨日、整理不十分で気になっていた2ケースを片付けることができた。これはその時の1ショットだが、左側のブリッジの画面の中に混ざっているブルーのホルダーはRAWデータのホルダーで、ともに年月日で整理しているので、その時々のところに並んでいる。

 こんな作業中もメールや撮影画像の入力などは、EIZOの右隅を使って処理できるので混乱は解消しイライラは少なくなった。スペースと5〜10万の投資を惜しまなければ同じ環境は構築できるので、ぜひお勧めしたい。ただコンピューのマシンスペックには余力が必要かもしれない。

by my-pixy | 2015-04-06 09:23