<   2015年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2015年 05月 31日
ロッテルダムの水辺
f0103459_9403551.jpg 上の写真に写っている人はこの近くの港に古い帆船をおいてレストアしながら乗っている人で、この日ランチとセーリングにさそっていたがきました。備品の調達を含めてこの村に行くということでついてきました。横では網でとった魚を下ろしているイエローの合羽の人も写っています。
 こうした昔ながらの整備や部品調達をするところが大半ですか、中には中段のようなモダンな店も混ざっているところが興味深いところです。テレビの街歩きでもモダンな大型マーケットや、今風ガウディの集合住宅と、第二次世界戦戦争の戦火を免れたオールドタウンとが通り一つを挟んで共存し、それぞれの世代の人がその時代を楽しんでいました。そんな街の中で子供たちもいつしか歴史や伝統を身につけていく姿は何ともうらやましいかぎりでした。

ブログのリピーターも退屈されてスマホチャカチャカも多いと思いますが、もう2〜3日は続けるつもりです。

by my-pixy | 2015-05-31 09:53
2015年 05月 31日
ロッテルダム街歩き 3
f0103459_12475235.jpg 詳しくは知りませんがオランダの人たちは新天地を求めて北の方からやってきたのではないかと思います。ようやく到達した土地は海面すれすれで、まずは排水して土地を広げることが大目標だったのでしょう。遠浅の海ですからうまくゆきましたが、土地はフラットで雪山もなく、海も珊瑚礁どころか碧くもない不毛の地で、海運業などに頼るしかなかったのだろうと思います。

 遠浅の海では帆船のキールや バラストはつかえてしまうので、両側にハゼのようなひれを持ち風下側を降ろして帆走する独特な形を作り出しました。大きな船でも同様でバイオミミクリーそのものです。この形は干満の差が大きいノルマンデイなどでも、バラストを上下可動にしたセンターボーダーやツインキールなどに発展したようです。
 
張り巡らされた運河地帯の移動にはなんといってもディンギーです。風車にもディンギーにもセールは不可欠ですから近くにはセール屋さんが住みついていますし、漁網、船具屋さんなどもあれば、様々な木工作業をする工場なども点在しています。日本でもごく一部の地域には残っていますが、どっしり輿を下ろしたヨーロッパの人たちとは全く違います。ザイラー、キリーなどで大ブームになったスキーでさえ今はどこのスキー場も青息吐息です。

by my-pixy | 2015-05-31 09:32
2015年 05月 29日
ロッテルダム街歩き 2
f0103459_10251880.jpg 羊に追い返されたわけではありませんが、ここには十数機の風車が並んでいるので、隣の方に回ってみました。最近のことはどんどん忘れていきますが、撮影時はまだ50代でしたから、張られた風車のセールの美しさも刻銘に覚えています。良いものは若いうちに見ておくべきです。
 素晴らしいことは先日のテレビでも芝生からセールまでこのままなことです。変わり映えしないガラスのタワーで次々と埋め尽くされていく東京砂漠とは違います。今は機能はしていないかもしれませんが、神が創られた場所に人が土地を造ったという言葉があるように、風車がなければここは海面下だったのです。

by my-pixy | 2015-05-29 10:41
2015年 05月 28日
ロッテルダム街歩き
f0103459_13312546.jpg大相撲の照の富士以外はニュースも明るい話題はなく、だんだん就寝時間が早くなり困っています。
変わりようのない国内温泉旅行はXの筆頭、ヨーロッパ空撮もオリーブ畑と地中海だけ飛んで歩いても退屈と思っていたら、わが土竜のトンネルもカメラの話題、海外旅行の話がなくなって入れ歯一色です。

 そんな中で街歩きの番組でロッテルダムを見ました。この手の番組は行く先次第ですが、同じオランダでもアムステルダムではないところがミソで、戦争を挟む多面的な街の紹介が魅力でした。

 公園での新婚カップルの記念撮影、ハウスボートの木工職人、風車の管理人、帆船住まいと拡がって昔の記憶につながりました。先日整理した30年前のスライドの中からロッテルダム近郊を拾い上げて何回かアップしてみます。お世話になった現地の方々の消息は分かりませんが、新しい建築物ができても、当時の風景も変わらず共存し、世代は変わっても風車のセールを張り替えて管理していく人が絶えないことです。

by my-pixy | 2015-05-28 12:28
2015年 05月 25日
基本ゼミ・サプライズ
 f0103459_8465775.jpg2015年の基本ゼミも第3回が終わり残りはあと2回で少しあっけないような感じもします。材料屋さんに頼んだりせずすべてを自分たちでやっているので雑用も多く、一部の人に負担がかかりすぎる問題もありますが、一回一回が充実しているからでしょうか。
 今回の主な演者だった須貝先生の出版記念を、それとなく懇親会でやろうというサプライズ企画も、会場からプレゼントまでうまくまとまりました。画像は千葉先生のアイディアで出版物用に造られたブックケースですが、著者の第一の趣味とゆかりの地が舞台になっています。まだ量産はできていませんが実費販売の予定です。須貝歯科にはゼミ修了者の勤務医も多いので、30周年記念パーティのような雰囲気にもなりました。

 もう一つのサプライズは次回に向けて募集していた欠損補綴初診時の症例募集です。最終ケースプレのように強制はしていませんが、まだ1ヶ月余を残して12/16の応募が集まりました。こうなると残りの4/16にもプレシャーがかかるでしょうから全員も夢ではなさそうです。もちろん処置方針や経過は要求していませんが、年齢、性別、主訴など必要資料もきちんとして、予想を上回ることにびっくりしています。まさに前代未聞のことで、初回オリエンテーションで個別対応したことの成果か反発かもしれませんが、2014年の多くが画像サイズの調節もおぼつかなかったこととは大違いで、3人の担当は楽しみにしています。

by my-pixy | 2015-05-25 08:42
2015年 05月 20日
デスクトップの整理
f0103459_1392756.jpg発表や原稿が重なったりすると、可なり大きめな大きめのデスクトップでもファイルやホルダーで一杯になり、頭の中までぐちゃぐちゃになってしまいます。レーヤーを重ねて熱中しているといつも肝心なところで保存する、しない、を間違えて、とんでもないやり直し劇になってしまいます。腹を立てても当たるところはなく、結局泣きながらやり直すしかありません。何度か思いつきながら実行していなかったデスクトップ大整頓をしてみました。
 長いこと使い続けているCaseとBataの大ホルダーの中身を片付けながら、それに続く大きなホルダーを3つ新設し、全部で9個のホルダーの何れかにしまう日々の習慣をつけようということです。
これまでもあった、Slide box、未整理データ、Drop case、スタディG、KA367、旅行、作業中のケースなどで9つになりましたが、表題は使いながら代えるつもりです。何よりもデスクトップ上の置きっ放しがなくせれば成功ですが。
f0103459_12505382.png運よく仕事の切れ目ということもあってか、今のところうまくいっています。ついでに古いホルダーの中身も整理したりホルダーの絵柄にも新種を加えたりしてみています。左画像の右2つはこれまでのものですが左3個は自分の写真から造ったホルダーです。まだ自由自在とはいきませんがちょっと楽しめます。勿論これ自体がホルダーですからデスクトップに散らばっていても見苦しくありませんし、中身の表示もできます。

by my-pixy | 2015-05-20 18:26
2015年 05月 16日
一期一会
f0103459_8361592.jpgf0103459_11122663.jpgf0103459_1927738.jpgf0103459_13321726.jpg
数日前にアップした「思い出の一枚」の途中経過で、何度も原稿にした症例報告の残骸ですが、すでにほとんど絶版になっていますし、歯周病に熱中されている若手の先生が目にされることは少ないと思いますし、自分自体でも見直すと今では変わったことも多いので再録することにしました。

 まず、開業医には誰にもその人を象徴するような一症例があり、それに引きずられてその後の臨床が続けられていくものですが、私にとっての一症例はこのケースをおいてありません。自分が関心を持っていると不思議にそうしたケースに巡り会うということはよくありますが、このケースもまさにそうした出会いで始まりました。スキーもヨットも一段落でそろそろ本腰を入れてと思い出した47才のことです。
 
 後半は重度の骨粗鬆症、脳梗塞などにも苦しまれながら約40年、いつも忘れられない患者さんです。すでにホームに入られてお話しすることも難しくなりましたが、この方から教えられたものははかり知れません。私のニックネームになっているかもしれないすれ違い咬合のなかでも別格の存在です。

 前置きはほどほどにしてこの症例のタイトルは「咬合支持歯の保存に固執し、シングルデンチャーへの移行期を失した症例」という長たらしいものになります。もう少し減らす改変という概念が認知されれば「シングルデンチャーへの移行」に短縮できるでしょう。

 初診時、54才で外資系の会社でばりばり仕事をされ、余暇には個人でシルクロードを旅するなどという方に、シングルデンチャーとは言えませんから、上顎はリスクはお話ししてクラスプデンチャーを装着するでしょう。右57はエーカースですが右5は線鉤を使うかもしれません。下顎は両側遊離端義歯です。右上45の連結は行わず義歯床は後縁は浅くしますが全部被覆です。

 経過対応しながらシングルデンチャーを目指しますから、45の連結が必要になれば抜歯のチャンスですし、7も挺出が見られれば調整しながら下顎の遊離端義歯を大切にします。2〜3枚目画像の大半は不要になり、シンプルで易しいしい処置で4枚目の悲惨な事態は回避できると思っています。

間違った治療方針で引き回した患者さんには、何とも申し訳なく思い続けています。ただ弱体なところにインプラント!などという方向に踏み出さなかったことだけは救いでした。私の最初のトライアルは1987年でしたし、パリでの最初のオペ見学は94年でしたから10年以上の時間差があったとはいえ危ないところでした。反面教師になるような誌上発表にも救われましたが、すれ違いの難しさは知り尽くしていたことで最後の破局は回避できたとおもいます。

リッジットサポートのパーシャルデンチャーが、支台歯を引き回す矯正装置になることになり、大切にしてきた咬合支持歯が移動してテコの支点になり、義歯の槓杆現象を助長して顎堤損傷の手助けをすることになるとは夢にも思いませんでした。その後4枚目の画像中央のデンタルに見るような上顎後方支台歯をしばしば見るにつけ、歯根膜が骨を造る負の一面も経験するようになりました。経過切らさない観察継続の必要性と、ゆるやかな下降線を妨げない臨床が、この症例から学んだ最大の教訓です。

by my-pixy | 2015-05-16 08:36
2015年 05月 15日
咬合支持歯再考・支点とテコ
f0103459_13535838.jpg 1970年代、すれ違い咬合初期熱中時代のことです。欠損歯列を上下の咬合支持と、補綴部位の重圧条件、対顎の加圧要素の3つから考えていくという発想はそれまではありませんでした。完全なすれ違い咬合になれば咬合支持歯はゼロになるのですか、それ以前の状態でも支持部位は少なくなっていますから、その保全は何にもまして重要な要素でした。
こうした考え方は、初期のTDC卒後研修や1981年に発足した「臨床歯科を語る会」などで火曜会のメンバーととも発表し、「臨床ファイル」などの著書でもくり返してきました。3要素を同時に考える「咬合支持指数」もそんな中でのアイディアでしたが、あまり実用にはなりませんでした。


 三要素の中での優先順位は1.咬合支持、2.受圧、3.加圧の順と考えていましたが、経年経過の中で孤立した咬合支持歯が移動や挺出より、義歯の槓杆現象の支点になることに最近気づきました。症例を見直していくと同じ現象が出てきました。臨床ファイル2パーシャルデンチャーの100症例の中の99番のケースです。(下の画像はここには掲載しなかった1971年のパノラマです。)掲載した原稿に間違いはないのですが、経過についての解釈は違った見方もできるようです。
このケースでは左下23の圧下を期待して強固な支台装置を使ったつもりでしたが、圧入はそれほど起こらず術前の下顎両側臼歯部の吸収もそのままでした。Case.96にも同じような状態が進行しましたが、これらはすべて残存した犬歯と健全な歯周組織が支点になって遊離端欠損義歯というテコによって、対顎の顎堤を吸収させていったことを物語っています。歯牙+歯根膜の基盤は盤石で、テコは有効に機能します。下顎臼歯部に見られる大きな吸収像は、挺出した上顎歯牙による直接的な破壊よりも、がっちりした支点とテコの仕業だったようです。支点を動かしたりテコの効率を低下させられれば有効な対策になるはずですから、プリミティブな対顎へのインプラント埋入よりましな改変になりそうです。少なくともシングルデンチャー対策としての上顎7抜歯などは、みるべき成果を上げていますから熟慮した上での引く改変は今後の課題です。
f0103459_17105727.jpg

by my-pixy | 2015-05-15 13:49
2015年 05月 14日
ティアラからジョーズへ
f0103459_1251725.jpg ケースプレは口からでまかせでも何とでもごまかせますが印刷となれば同じことではすまされません。また決まりきった「◎◎の一症例」というようなレポートではなく新たな視点からの発表では、その信憑性自体が問われますからタイトルは重要です。

 咬耗ですり減った歯も,自然の移り変わりとして時に美しく見えることもあります。はじめはそんなことが頭の片隅にあって、旅行で買ってきた貝殻のティアラなどをタイトルバックとして考えていました。

しかし、クレンチングなどとも深く関わり、犬歯などを巻き込んで偏在の片棒にもなろうかという話と、珊瑚礁のリーフやティアラはどうにもつながりません。前段ではティアラが勝っていたのですが、日時が迫るとともに色調もトーンダウンし,とうとうサメの顎の登場になってしまいました。最初の立役者だった抜去歯牙は前日になって、発表内容や対象患者群一覧をかくすサングラスとして生き長らえました。

 内容的にはドグマも混ざりますが、切端や咬合面のエナメル質崩落から始まった負のヒストリーをタスキをわたしながらKA367、咬合挙上、すれ違いへと繋げられたことで満足しています。

by my-pixy | 2015-05-14 11:15
2015年 05月 13日
エナメル・ジョーズ
f0103459_17402889.jpg テーマと関連したケースを集めたところ、10症例のすべてが70〜80代の患者さんで、術者とともに加齢を重ねていることがはっきりしました。そこでの問題点と対応などを考えていく中で、これまではっきり意識はしていなかった幾つかの課題がクローズアップされました。何れも年齢に起因するもので即対応できるようなものではありませんが、欠損歯列の改変などという目先の問題ではなく、術前、術後に対しての長期的な展望を必要とすることで、歯科臨床で流れが切られたり不明確になったりしないような、経年変化の本来の姿を見いだすことの重要性です。
 その一つの情景がこの抜去歯牙です。まだ歯科医一年生の頃インレーのマージンをどこに設定すべきか多いに迷っていました。この歯牙に出会ってさまざまなことを考え、数十年大切にしまっておいたのですが、今回どうしても探し出せませんでした。幸い1枚の写真は残っていて、テーマを決めたときからそれを使うことは決めていました。まだリングストロボは使っていなかったことは分かりますが,正確な撮影日は不明なままです。エナメル・リングなど、このイメージから何かニックネームをつけたかったのですが、連想したリング状の環礁などと組み合わせたタイトル画像しかできませんでした。こタイトルはこのブログを書きながら無理やり命名しました。
f0103459_10403742.jpg

by my-pixy | 2015-05-13 13:25