<   2015年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2015年 08月 24日
シャコ貝はひもがうまい!
f0103459_15531699.jpg 白砂のプライベートビーチを目の前にしてはじっとしてはいられない。小笠原クルージングの思い出を一くさり。還暦の若手がおつまみ調達がかりに立候補しました。素潜りの道具は借りられましたが、銛やバールはないのでは魚や伊勢エビは無理。それでも大きな網袋は下げて出撃しました。小1時間で何やら下げて帰ってきました。ホテルのプロが見事な料理に仕上げてくれました。この旅行で移動なしのはじめての休暇日。
 ヨットこそはないがあのタヒチも足下にも及ばない昼下りのビールでした。

by my-pixy | 2015-08-24 15:42
2015年 08月 23日
ヨレヨレになりましたが
f0103459_8342935.jpgf0103459_10135082.jpg
 深夜、早朝の連続でいささかグロッキーになりましたが、反面、幸運にも恵まれて10年間のマダガスカル通いの総集編にもなりました。
 最初を飾るドローンからの空撮はフランス人のホテルオーナーからのプレゼントで、メディアを手渡しされ良ければコピーすればと言われました。上の写真の砂浜に立っているのが操縦者ですが、ドローンと本人とを一画面におさめることには苦労しました。高速で飛び回るドローンをを目で追うだけでも大変で、静止画カメラでは逆立ちしても敵わないものでした。
 初対面のビジターに気軽に声をかけて、ポンとメデイアを渡してくれたことに驚いていましたが、彼にしてもフランスとの往復にはわれわれと同じ苦労をしていることを考えると、さらに情報も無いなか2度目の訪問をしたわれわれのことを、スタッフなどの話も合わせてそれなりに理解していたのでしょう。
リーフの外側すれすれに時折姿を見せる鯨の群れの写真もドローンで撮れれば最高ですが、予測はできないので長時間滞空は難しそうです。それにしても下2枚の写真は陸上からの観察はまったくできないもので、私も地図と併せてようやく理解した次第で、次世代の観光には欠かせぬものになりそうです。一連の写真を見てから車で出かければ理解度は数十倍です。

by my-pixy | 2015-08-23 16:44
2015年 08月 22日
マダガスカル航空に奪われた一日
f0103459_11224462.jpgマダガスカルの子供たちは大好きで、今日にでもまた会いたいくらいですが、マダガスカル航空は2度と乗りたくありません。成田出発の前夜になって接続便8時間遅延通知。現地バンコクでは何の案内も電光掲示板の表示も無く、予定1時間前になってもチェックインカウンターも無人の無責任ぶりは言葉もありません。

 現地にいるフランス人たちも困っているようですから経由地を変えることもできません。タイ航空は機体座席などもこの数年間でめっきり良くなり驚くほどです。特に5段階に調節可能なウインドシールドは6時間の休息には申し分ないシステムで、帰途乗り換えたとたんに日本に帰ったような気分になります。バンコクでもクーデターだデモだと騒ぎは絶えませんが、国としての安定感は格段の違いがあるようです。ちょうど6年前アンタナナリボでも小規模なクーデター騒ぎがあり政権が変わり、中国などと較べると日本との距離は遠くなっていることを感じました。残念なことです。

 2006年、5年間手塩にかけて育てたバオバブの苗を枯らしてしまい、マダガスカル通いを始めました。今回、部分的に思い出の地をたどり、5年前10年前と術後経過を見るように町や村、車や人、牛車や自転車タクシーブルースなどに注目しました。リゾートホテルある南部の漁村と首都アンタナナリボ周辺で違いますが、日本の過疎地と東京のようではありません。

by my-pixy | 2015-08-22 09:49
2015年 08月 21日
遅い夏休みの前に
 行く先はまたかと言われてもマダガスカルです。最初が2006年でしたから来年で10年になりますが、いまだその魅力は失せません。2009年、4度目に訪れたバオバブ群生地は、一躍人気スポットになったかと思いきや、今は空路を断たれもとの静寂に戻っているようです。今回も幹線ルートの国内線が、出発2日前になってキャンセルになるなど陸路同様ミラクルです。だからこそキツネザルたちも生き残っていられるのでしょう。ダイビングショップまで運営するフランス人のホテルオーナーの顔が目に浮かびます。

f0103459_1320075.jpg 旅の仲間は集まりましたが、もう一つの悩みは持参するカメラです。口腔内写真についてはこのところD7100で安定し、新規参入の方にはD3300をお勧めすることで安定していますが、遊びのカメラには帰ってきた35ミリ、フルサイズD800がいます。

 2000年までのスライド時代のことを思い出せば、カメラの造りも、明るく大きいファインダーもそのままで快適そのものなのですが、撮影される画像の大きさから考えると、DX(APSC)の7100でも十分な大きさで、それ以上のサイズがあってもそれが生かされる場はありません。ズームレンズの性能も上がっていますから18〜300一本だけで何の不満もないのです。
 一方FXのD800となると現有の24〜120㎜だけではワイド側も,望遠側もどうにも足りません。結局、D800はお留守番、口腔内撮影のマクロを18〜300のズームに付け替えて出かけることにしました。(D3300は非常用です)

by my-pixy | 2015-08-21 10:56
2015年 08月 20日
追悼・柳原良平様
f0103459_833987.jpg 昨日、同じ世代の輝く巨星が亡くなられました。2007.8.10日のブログにも当時の思い出話を少し書きましたが、10年が過ぎ、今はただただ、良い時代でしたの一言です。開高健を中心にした花のサントリー宣伝部はすべてがあこがれの存在でした。

 今週末から1週間、昔のヨット仲間と遅い夏休みに出かけます。船、海といえば目のない連中との3人旅、お供にこの本も連れて行きます。

by my-pixy | 2015-08-20 12:44
2015年 08月 18日
臨床ファイル Ⅴシリーズ
f0103459_8164550.jpg  2013.4月にスタートした臨床ファイル Ⅴシリーズは号を重ね、最近のもくあみ会レポートで6冊になりました。
 号によっては在庫の無くなるものも出てその都度2版、3版を追加してきましたが、今回、在庫調整も兼ね1〜6を通して合本した形のものを製作することにしました。
 バインダーで統合することを止め、用紙や綴じ方も変更することでより低コスト化を目指しています。記事の内容は変更しませんが表紙、目次、扉などの変更が必要になるため、9月中旬を目標にしています。

 現在、Vol.1、Vol.2、Vol.3は在庫僅少ですが、Vol.5、Vol.6は2桁の在庫があります。しかし、その解消よりも、基本ゼミなどでお逢いするより多くの若い先生たちに、現実の症例の経過を見てご自分でも記録して頂きたいことが願いです。

by my-pixy | 2015-08-18 14:20
2015年 08月 12日
ボンゴレ・ラーメン
f0103459_12161772.jpg このところすっかりはまっているのがスパゲッティ・ボンゴレのラーメン版です。数年前、青森県十三湖で出会ったしじみラーメンも記憶に残っていますが、それに匹敵するラーメンに出会いました。始めは半信半疑でしたが、何しろ場所がビルから地下街に出たところですから便利この上なく、先日も10人引き連れて行ってもほぼ好評でした。

by my-pixy | 2015-08-12 12:14
2015年 08月 11日
1 day セミナー2.
f0103459_930870.jpg 今回のディスカッションを円滑に進めさせた原動力は事前協議で煮詰まっていたフォーマットである。KA367とパノラマを上段に配置して3段組6枚合成の画像で、プロジェクターと事前配布のプリントを統一したことで、8名の12症例がシームレスに見比べられた。これにもくあみ会事後症例「犬歯の使い方」のような事後抄録が連動すれば、スタディグループ活動が大きく一歩を踏み出すことができるはずだ。長年こだわってきたSXGA+(1400×1050)も有効に活用できることになる。

 左上のケースのように正面観、上下咬合面観、左右側方観の5枚をを同時に表示できるので、スライド時代の十字クロスから完全に脱皮できるだけでなく、センターの空きエリアを自由に使うことができる画期的なもので実用新案でもとりたいところだ。

by my-pixy | 2015-08-11 09:30
2015年 08月 10日
1 day セミナー
f0103459_10202422.jpgf0103459_10565970.jpg 10時スタート、5時終了のショートセミナーでしたが8人の参加者にはもくあみ会の主力メンバーも含まれ、現役基本ゼミ受講生の提示症例も、完璧な事前抄録を用意してくれました。おかげで若手3名のプレゼンも1時間づつスタディグループ例会以上の緊迫感で進みました。テーマは一次固定と2次固定ですが、ペリオ症例と咬合崩壊症例により軸足の置き方が異なってくることなどを積み残しながら進行しました。
 事前の準備が行き届けば、無駄のないディスカッションができることが分かったことは、もくあみ会などの企画に役立つはずです。今回は8人中3人が女性という日本の内閣の上を行くメンバーでしたが,その壁は感じませんでした。中堅のパートはそれぞれが若手の面倒見に手をとられてか迫真の・・・・というところまでは届きませんでしたが、レベリングのためにはやむを得なかったでしょう。

 昼休みに私の急患でテレスプの患者さんが見えるハプニングがあったり、ちょうど修理改造中だった片側遊離端欠損の実物を、手にとって見て頂けたことは予期せぬプレゼンになりました。5時のバスで空港行きの方もあり、やや時間を繰り上げての懇親会でしたが、日頃鍛えたデパチカ、メニューはそれなりに好評だったようです。来年のもくあみ会に目が向いている中堅メンバーは、不良在庫のビールが効いたようです。午後8時、炊きあがった鯛飯でお開きになりました。それぞれにご苦労様でした。

by my-pixy | 2015-08-10 09:59
2015年 08月 08日
OMOTENASI
f0103459_1713943.png
 昨夜10時頃から久々に民放の旅番組にのめりこみました。場所はタヒチからランギロア、ちょうどテニスの番組も終わってそろそろお休みかないうところでしたが、まずははじまりのタヒチアンダンスの大会にびっくり。ハワイアン大会の長時間番組は何度も見ましたが、タヒチアンはマイナーなのかホテルのショーぐらいしか見たことがありませんでした。やはりコンペのようなものになると迫力が違いタヒチの一週間とかいう街歩き番組を予想していたのとはどうも様子が違うと思い始めました。

 旅人は滝川クリステル。途中のコマーシャルもそのご本人とレディガガだけで、やかましい商品
説明やお笑いタレントなどはゼロ。後半のランギロアのダイビングシーンも、旅人自身が久しぶりだと言いながら、水深30メートルで流れの速いパスを見事な身のこなしで文句なしでした。水中撮影も見事でしたが、いるかとのふれあいには思い残すところがあったようで、来週への番組延長のご案内には度肝を抜かれました。個性的な人だなとは思っていましたが、芸能界のしがらみのなかであんなことができるのか!です。予定延長の続編は来週金曜日夜10時です。

by my-pixy | 2015-08-08 15:15