<   2016年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

2016年 07月 28日
歯のある幸せ・フシアワセ
f0103459_174936.jpg 8020も無事達成された男性ですが、次の黒雲が迫ってきています。初診の1996年から下顎前歯の咬耗は気になって、ナイトガード装着などは継続して頂いてきましたが、下顎前歯は時計の針のように正確に失われてきました。
生まれ育ちの世代は同じですし、この20年のヒストリーもはっきりしていて予測も的中しているのですが、いま打つべき手は分かりません。大臼歯部咬合支持の喪失、3/4犬歯などへの過剰気味な対応も無難に推移しているのですが、大きな流れはさっぱり変えられていないのです。今回も有髄歯の右上4番が歯根破折し影響が周辺にも拡がりそうで、どこまで続くぬかみぞという感じですが、オーバーデンチャーやシングルデンチャーは遠い彼方です。
(上顎右1番、2番のコンポジットだけは私の知らない新しい修復物です。)

 この様なケースに対応するのにナイトガードは不可欠だろうが、それだけでは何ともならない。几帳面な性格で、咀嚼時にも特定の咬耗面をガイドにされていることは想像に難くないが、われわれが頼りにしている「咬頭嵌合位」はどう考えたら良いのだろう。何事にも「遊び」は不可欠なのではというところまでは考えつくのだが、その具体策はとなるとすぐ行きづまってしまう。

 先日の「ゆきちがう顎堤」にしても、この症例などについても、多くの人たちに意見を出してもらい、推論を戦わせたりできればどんなに楽しく有効だろうかと思う。そした中から何かが生まれてきたと信じている。そのきっかけに注目し推論が立てらればケースプレも一歩前進できるのではないだろうか。
咬合支持も、すれ違い咬合もそうして歩みを進めてきた。われわれでなければできないことだと思う。

by my-pixy | 2016-07-28 10:25
2016年 07月 27日
おたまじゃくしとカメレオン
f0103459_94957.jpg
箱のどこを見ても「オタマジャクシ」としか書いてない。
贈り主は新潟なので中身の推測はつくものの、まさか塩からでもないだろうしと
恐る恐る開函しました。こんどはきれいなカメレオンが一匹。
ワインらしいのですが添付資料を見ても、カタカナばかりでさっぱりわかりません。
それでもいつも悪態ばかりついている方からの優しい心遣いに心より感謝です。

by my-pixy | 2016-07-27 09:42
2016年 07月 24日
歴史ヒストリア
f0103459_8594633.jpg f0103459_9514893.jpg
1964年の東京オリンピックで東海道新幹線ができて、関西との往復もずいぶん便利になりました。NHK歴史ヒストリアで取り上げられた「大阪万博」も医院旅行として出かけましたが、動員数の多さにおじけづいて、会場にはほとんど行かずじまいでしたが、50年の歳月を経ていろいろなパビリオンやできごとを目の当たりにしました。なかではタイから参加した16頭の象が大阪港から徒歩で参加し、途中の川で水浴びして元気を取り戻し、お祭り広場についた話しなどは秀逸でした。


大阪滞在中にはパビリオンの行列に並ぶ代わりに、スタッフ達とは分かれて単独で片山恒夫先生のご自宅に入り浸っていました。万博ついでにくるとは怪しからんといわれながら、Goldmanのイニシャル・プレパレーションの考え方の変遷、ご自身のポストインレーを使った永久固定の経過などを熱っぽく話して下さいました。ご自宅に新卒の歯科医を住み込みで研修させるさせるなどという構想もうかがってびっくりしました。その後、片山先生のご活躍は少し距離をおいて見聞きしていましたが、この2日間は万博以上の大収穫があったことはまちがいありません。ちょうどGoldmanが来日する少し前のことでもありました。

 この頃、自分の臨床では「すれ違い咬合」のケースが最大の関心事でした。欠損形態、咬合支持、支台装置の機能など過酷なニーズと取り組みながら、ペリオの改善にも目を向けないわけには行きません。その初期の症例報告が進行していたのも1970年頃のことで、タイトルを巡っても「すれ違い」「ゆきちがう」の何れをとるかに大いに迷っていました。何も分からない中の暗中模索は万博と取り組んでいた人たちとまったく同じことでした。

by my-pixy | 2016-07-24 08:40
2016年 07月 22日
再放送は月曜日
f0103459_7323949.jpgf0103459_11294892.png松隈先生ご出演の連絡は頂いていたのですが、基本ゼミと重なったりして私自身も見逃してしまいました。深夜ですがコンパクトで分かりやすい番組でした。夏休みは混雑しそうですが、あらためて見に行きたいものです。

by my-pixy | 2016-07-22 07:28
2016年 07月 21日
ミラクルボディ・NHK
 シンクロナイズドスイミングの方はドーピング問題も絡んで何とも後味の悪いことになっていますが、今度は陸上、走り幅跳び、舞台はオーストリアですから大丈夫です。しかも事故で膝から下をなくした方が、義足を使って健常者の記録を抜いてしまったということですから驚きです。それでも義足がツールとして有利に使われているのではないかという意見も出て、現在は参考記録に止まり、健常者のチャンピオンとともにメダル受賞ということに止まり、リオオリンピック出場は決まっていないようです。素晴らしい選手ですし良い方向に決まってほしいものです。

f0103459_8124797.jpg一方昨日のotomodatiの方も最近にないアクセスでびっくりしています。提示症例が私自身のものでないことが良かったのか、誰にも分かりやすい症例提示だったのかは不明ですが、今後の対応がむずかしくなりました。

もう一つ昨日、あるスタディグループ例会に誌上参加しておきました。どんな反応が返ってくるかこちらも楽しみです。

by my-pixy | 2016-07-21 07:24
2016年 07月 20日
otomodati?
f0103459_17111788.jpg 迷うことばかりで困った時にはお友達が役に立ちます。あまり身内では効き目が限られてしまいますが、普段は何を言いたいのかよく分からない意見は助けになります。

本当のお気に入りは仙人の「風」「雲居」などですが、美しすぎるので今朝はこの一枚です。

前後的すれ違い、ゆきちがう顎堤など今回も何を言いたいのかはよくは分かりません。治療方針は決まっているが、どうしてこうなったかが問題だそうです。患者さんの主訴や年齢などはありませんから、アバウトのことしかいえませんがいつものことですから気にはしていません。

by my-pixy | 2016-07-20 08:13
2016年 07月 18日
あざらしになりたかった女性たち
 このところのWeb環境の変化には愛想をつかしてやる気をなくしている。もともと何かを発信したくて始めたことで、医院広告用H.Pにはまったく関心がなくブログに住み着いてきた。自分が熱中している間はそれで良かった。しかし前回の福岡技工セミナーの記事は、思いもかけないチラシと主催者からのメールのご紹介で随分多くのアクセスがあったが、この一日二日はすっかり沈静化してしまったようだ。300人以上という参加者はどこかに消えてしまったのだろう。台風一過だ。
 幸い 昨日の基本ゼミでは、受講生の演者思いの優しいコメントに癒やされたが、こちらは夏休み後のご本人達のプレゼンテーションが見物だ。そこでガックリしないように、かなり釘は刺したつもりだが、その成果は2ヶ月先までは分からない。一人一人と話をすれば皆まじめに聞いてくれて、受け取り方も申し分ない。しかしどうも優等生的すぎることが少し気になる。

f0103459_7494610.jpgスマホ時代の影響でこのブログのメインのネタもなくなり、懇親会の記念写真もみなスマホばかりだ。1〜2年に書いた写真が無くなるという記事はまさに現実になって、年々淋しくなっているがもはや以前に戻ることはないだろう。
そんな中ではテレビネタは時に貴重だ。オリンピックを寸前に、ロシアのシンクロナイズドスイミングの選手を対象にしたNHKのミラクルボディは面白かった。オンデマンドで見られるはずだ。
しかし「いるかに乗った少年」は良いが「ゴマフアザラシになりたかった女性たち」はちょっと怖いような気もした。

この記事をアップした二日後、ミラクルボディの主役達がロシヤ ドーピング問題のヒロインとして再登場しようとはまったく予測もしなかった。別の番組でかっての新体操世界チャンピオンが日本の過疎の村に移住し、若い子を鍛える番組もやっていた。振りかざす殺し文句は 「ガマン!ガマン!]で、こちらのほうがもっと怖かった。

by my-pixy | 2016-07-18 07:49
2016年 07月 13日
福岡技工研究会 30周年
f0103459_131840100.jpgf0103459_13204092.jpg 
f0103459_13354742.jpg 6月13日付のブログにご紹介とも思い出話ともつかない記事を書きました。確かにその時点にはパンフレットを手にはしたものの何をどう書いたら良いのか見当がつきませんでした。その後15年前の中核だった井川宗太郎氏とも久しぶりの電話で話はしましたが、あまりに久しぶりのことで要領は得ませんでした。

 今朝、7月10日当日のレポートと写真が送られてきました。そこに書かれていた当日の出席者数と添付されていた写真には度肝を抜かれました。メールの文章をお借りします。

「7月10日日曜日、レソラ天神夢ホールにて、福岡技工研究会30周年記念発表会を開催し、学生115名一般208名、合計333名のご参加をいただき、無事終了いたしました。有名人のいない、会員のみの発表で、当初、200名集まるか…。とおもって、決めたホールでした。蓋あければ、学びたいと思う学生や技工士の多い事に本当に驚き、嬉しい限りでした。先生のブログを見てご参加申し込みの先生も実はいらっしゃいましたが、満席でお断りしてしまうというご迷惑をおかけることになりました。大変申し訳ごさいません。」

 大変申しわけないどころか、こんなに立派な会を成功裏に終了されたというのに、祝電一本もさしあげなかったことを恥ずかしく思っています。また演題の大半が間接法の基礎的問題で、少なくとも50%以上の問題に歯科医側が絡んでいるにも拘わらず、模型を読み、咬合を考えるとして技工の出発点として苦労されていることを心苦しく感じました。小さな医院内で特定のコンビで行っていても、なかなか防げないエラーの問題に悩まれている姿が目に浮かびました。

長く臨床に携わるほど、「咬合」と一口で決めつけている中に生体のさまざまな変化に振り回されている歯科臨床の奥の深さがあります。それは誰にも解けない迷路の連続です。補綴にまつわるわれわれは手を取り合って、正解なき答を夢見つつ模索するしかありません。今回の一歩からまた次を目指してたゆみない足どりを続けられることを祈っています。
f0103459_13582037.jpg


by my-pixy | 2016-07-13 12:56
2016年 07月 13日
やえす道の駅
f0103459_9561255.jpgf0103459_9354376.jpg お中元シーズンで毎日沢山のプレゼントを頂いています。アルコール類はご辞退のご連絡を差し上げて一段落ですが、健康志向に変更して頂いて果物や野菜類に一変しました。昨日ははるばる石垣島からパイナップルが届きました。昔小網代湾でヨット仲間だった方ですが、或る日沖縄の唄と海に見せられて石垣島に移住されました。その後、毎年地元産のパイナップルを送って頂いていますが、今年はパッケージや管理もすっかりスマートになりました。何年か前には箱を開ける同時に、羽の生えた昆虫が飛び立ったりということもありましたが、今年は完璧でした。

 ちょうどメインテナンスで見える患者さんがいらっしゃいました。横浜からミニトマトなどをよく頂く方です。その青々した姿に一目惚れで、2個は持てないからとスイーツの袋入りで1個おすそわけをしました。
 昼過ぎには千葉のシングルデンチャーの方から、見るからに健康そうな無農薬なすときゅーり、こちらは今日の昼食用です。ユニットを外した院内庭園前に交換用のデスク設置も考えています。
 皆さんありがとうございました。お持ち帰りがご無理の方には、技工物と同様、宅急便の手配もさせて頂いています。キュウリのお返しにはこちらをご利用頂きました。
 

by my-pixy | 2016-07-13 09:42
2016年 07月 12日
689トリオ
f0103459_1637401.png 
f0103459_185498.jpg昭和30年代を象徴するトリオの最後、永六輔さんが亡くなられ昭和もいよいよ昔のことになりました。

 まったく関係もないことですが、今週末は2016年臨床基本ゼミで 「長期経過症例から見えること」というタイトルでお話しをすることにしています。こちらのベースは「KA367」ですがその中には当時の患者さんが少なからず含まれています。そうした口腔内写真を眺めるにつけ、歯科の開業医の生涯は数十年前の記憶に繋がっていることを痛感します。そして夢で逢ましょうや上を向いて歩こうのメロディとともに一人一人の患者さんのことが浮かんでくるのです。
今の若手はAKB48なのでしょうが人と人の繋がりという点では変わりはありません。先日の京都物語やニセコストーりーなどもみな長期経過症例です。もちろん亡くなられた方も少なくありませんが、今もお元気な方達のお話しもできるはずです。私に今できることはそれで良いのだと割り切っています。

KA367の画像はPSDでレーヤーが積み重なっていますから、レーヤー単位ではここにピックアップしたものの数倍になります。とてもこの全部はこなせませんし、見せられる方もたまらないでしょう。
聞き手の顔色を見ながら半分こなせれば上々ですが、途中で大休止の声がかかれば、こちらとしては万々歳です。初診から54年ものも混ざっています。

by my-pixy | 2016-07-12 16:41