<   2016年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2016年 09月 28日
昔読んだ本
f0103459_9101231.jpgf0103459_9151747.jpg1970年代に読んだ本を引っ張り出しました。当時もかなり難解で何度か努力しては敗退した記憶はあるのですが、活字は小さく壁はさらに高くなっていました。ところどころに残っている鉛筆の後などを頼りに、ボルタリング気分です。
当時からなぜ、こんなテーマに取り組み、こんなことが書けるのかと不思議だったのですが、今はその動機だけは理解できるようになりました。何か藁をもつかみたい気持ちはあるのですが、今度は目と頭がいっぱいいっぱいです。

今日のきっかけは骨粗鬆症でホームに入られて10年近くになる方のお元気な声を聞けたことです。すでに90台にはいられたはずで、もう普通にお話しはできないかと恐る恐るのアプローチでした。

そんな気持ちにさせたのは、若手のプレゼンで咬合崩壊症例のヒストリーへの健気なアプローチです。自分の患者さんの現状とも合わせて、今後基本ゼミなどの中心テーマにもしようとスライドも作ってみました。

by my-pixy | 2016-09-28 13:47
2016年 09月 27日
蜘蛛の糸でD500に結着
f0103459_10592190.jpg 事実上ビッグカメラに入り浸って1日が過ぎました。全品まとめて返品手続きを始めたのですが、最後の最後で荷物はまとめて持ち帰りました。帰ったときは午後8時を過ぎていました。朝一番はニコンイメージングセンターとのやりとりでした。かねがねAdobeとNiikonの対応の悪さは分かっていたので避けてきたのですが、返品問題で火がつきました。

 既にこの件では新品交換の処理をしてもらっていたのですが、ビッグカメラに出向しているニコン社員の方を通してのことだったので、同じルートを使わず正面きってやろうとしたことが間違いでした。デジタル化以前にはいつもニコンのサービスセンターにお友達がいて親しくお付き合いし、歯科雑誌の連載なども共同でやっていました。しかしデジタル化以降こうしたお付き合いは禁止になり、個人的接触は電話さえもできなくなりました。1900年までのフィルム時代とはすべて変わり、お友達は一人また一人と退職して行かれました。

今回、お世話になったビッグカメラの方はおそらくそんな中で、出向社員という道を選ばれたのだと思いますが、新型カメラ購入の時だけは頼りにしてきました。これまでも数々のアドバイスを頂いてきましたが、昨日も控えめながらこちらの心情を理解し、お化け画像の原因分析を個人として進めて下さいました。それらをふまえて私の方もXQDカード封印でD500を使うという決断をしました。長く使ってきた7000シリーズには何の魅力もなかったからです。 消去法でリスクも残るが魅力もある方を選択しました。

by my-pixy | 2016-09-27 07:56
2016年 09月 26日
再三のお化け画像でニコンと決別も
f0103459_15202023.jpgいろいろ取り込んでいるD500ですがソニー製XQDカードにも同じトラブルが発生し、クレームに対する対応の悪さもあって、今回購入した全製品を返品し、今後可能な限りNIKON離れをする覚悟を決めました。
 SDカードに特に問題が無いのに、何故新しいXQDカードを新採用したのかは全く分かりませんでしたが、D500は明がにこちらがメインになるような基本設計です。しかしこれにともない不明なトラブルに見まわれていることも事実です。さりとてXQDカードを封印し、ファインダーのクリアさだけでこのカメラを選ぶ気にもなれません。答えはなかなか見つかりませんでしが、動画、連写対応らしくキャノンも別規格でC-fastというカードを準備していることも耳にしました。

by my-pixy | 2016-09-26 11:23
2016年 09月 26日
2016基本ゼミ終了
f0103459_8375526.jpg 6ヶ月10日間に亘った臨床基本ゼミが終了しました。落後者もなく16名全員熱心に受講して頂き、同期生のチームワークもよく和気あいあいのフィナーレでした。来年のもくあみ会にも皆さん参加して下さるとのことでした。
ここまでは万々歳なのですが、最後の難関受講生からのケースプレは、われわれの主催者側の期待を大きく外れる結果でした。普段からお付き合いのあるスタディグループからご紹介の何人かは、20台という年齢も考慮すればまずまずだったかもしれません。しかしわれわれが思い描いたような「このゼミでの成果を自分の臨床に取り入れて」というプレゼンはほとんどありませんでした。

 担当講師も全員参加しての最終回もそれぞれどんな心境だったでしょうか。受講生をはるかに超える演者、お手伝いのSGメンバーの思いは聞くことと発表することの大きな違いです。取り入れやすそうなテーマは前半にならべ、発表内容や画像のまとめは手取り足取りでお世話してこんなものかという失望からの再起はわれわれ例年の課題です。

by my-pixy | 2016-09-26 08:24
2016年 09月 23日
SONY製XQDカードへ
f0103459_1054308.jpg  水没したカメラの廃棄にも到らぬ中で、D500のテストにつまづいています。前回も悩まされた原因不明の不良画像の出現に、XQDカードの交換、SDカード以外の使用中止からカメラ本体の交換まで行って一段落したばかりなのにです。
ソロソロ一段落したのでXQDカードの再挑戦をはじめたところ、またまた怪事件が起こり始めました。撮影した記憶もないブルーセピア調画像の再来、露出補正の乱調、読み込み不全のためのメインスイッチの機能麻痺などです。連休が続くなか担当者を追いかけてのビッグカメラ通いが続きます。

長年にお付き合いのニコン担当者のカンで、今回は2回目のREXER・XQDカードを戦犯と特定し、最近発売されたSONY製XQDカードに全面切り替えることになりました。これが大当たりでシルバーウイーク前半のの電気的混乱は一挙にけりがつきました。こんなことなら前回のD500本体の交換は不必要だったのかもしれません。ニッシンストロボまで疑われてのドタバタ劇でした。まだまだ安心はできませんが、これでけりがついたらREXERはもちろん許せませんが、それを推奨してきたニコンも共犯です。

by my-pixy | 2016-09-23 11:08
2016年 09月 21日
水没事故から一ヶ月
f0103459_926087.jpg リオ・オリンピックの快進撃はあるものの、事実上初めてのカメラ無しの台湾旅行を翌日にして茫然自失の二日間でした。これまで数え切れないほどの旅行はしてきましたが、カメラなしの旅なんてありません。山に登るのだって頂上からの一枚が欲しいからです。ペンタックス6X7を持ち込んでのシドニーホバートレースが記憶に残る最大の事件でしたが、何とない予感で完璧な35ミリバックアップを用意していました。

3日間の台湾旅行をやり過ごしてからは、「修理不能」の回答は観念しながらもせめてズームレンズは!とか、SDカードは!などと未練がましく考えたり、診療室で後家になるリングストロボとマクロレンズの相手のことを考えていました。長い10日間ほどでしたがご宣託が下る前には腹はくくっていました。経済的負担は大きくなっても、D7000から、7100、7200と続いてきたシリーズと別れることで、不幸な事件も忘れようとしたのです。
操作系の複雑化で予想外に戸惑ったりもしていますが、D5姉妹機らしい確かな足どりも感じています。(マニアックと思われるでしょうがカメラらしいカメラです。)

by my-pixy | 2016-09-21 09:56
2016年 09月 17日
シン・ゴジラ
f0103459_1725387.jpg 松隈組ご推奨の シン・ゴジラを見てきました。文句なしに面白い緊迫の映画でした。監督、主演者などの力の入り方がビリビリと伝わってくる緊迫の二時間でした。
パンフレットも異色で、2015年発表当時の総監督の庵野秀明さんのコメントから始まります。「2012年12月。エバァ:Qの公開後、僕は壊れました。6年間、自分の魂を削って再びエバァを作っていた事への、当然の報いでした。」
 何のことかまったく分かりません。しかし若手からは「そんなことも知らないの!」という扱いで、相手にもしてもらえません。聞いていた上映劇場も間違いでマリオンから宝塚へとまわりました。
 パンフレットは上陸、防衛、探求、攻防、覚醒、存亡と推移する中で、映画は5年前の東日本大震災、福島第2原発事故にとにすり替わっていきました。シン・ゴジラに何をたくしていたのかもおぼろげながら分かってきました。
映画製作でひとがこわれるという凄さもあらためて少し分かりました。敬老の日、秋分の日と危険な休日はまだまだ続きます。来週の基本ゼミ頃はシンゴジラが可愛くなってきそうです。
f0103459_1002456.jpg

by my-pixy | 2016-09-17 17:21
2016年 09月 17日
三連休のプレゼント??
f0103459_11371313.jpgf0103459_10553945.jpg
f0103459_1055669.jpg予約したわけではありませんが、八重洲改札口前に突然の登場にはびっくりしました。相当プレミアがついても私の現車10台で一台買えるかどうかという価格ですから、そんな気はさらさらおこりませんが、生産中止のままより後継車の登場には心が和みます。
 そんな価格表示までしてJRの改札口というのはどういう手法なのかはよく分かりません。写真を撮っている人たちもおよそ縁の無さそうなばかりででしたが、少なくともモーターショーよりはゆっくり観賞できますし、電車で有楽町の度にお目にかかれて大歓迎です。
 
カメラらしいカメラで撮っている人は皆無でしたので、D500のファインダーからの画像を徹夜続きの技工士さんにもメールしました。

by my-pixy | 2016-09-17 11:37
2016年 09月 17日
圧迫・ドミノ・いつのまにか骨折と骨粗鬆症
f0103459_9295718.jpg
最近こんな話題が気になります。私たちの診療室でも長くリコールでお見えになっていた患者さんで、ばったり来院が途絶え、ご家族からご連絡を頂いている方が3人はいらっしゃいます。
 年齢的には80台90台でお元気にはしていらっしゃるようですが、義歯の状態には大過ないようですが、来院は途絶えています。皆さん骨粗鬆症ということでそちらの対応はされているようですが、お目にかかることはできずにいます。

われわれの方が少し勉強をして、ご家族の方達とでも連係をとるべきことがあるような気がしています。

by my-pixy | 2016-09-17 09:30
2016年 09月 15日
松隈洋先生屋上庭園訪問
f0103459_14521342.jpg

f0103459_145859100.jpg なかなか日程調整が困難でしたが、台風を縫うようにして松隈先生にダイビル屋上庭園にいらして頂きました。朝にうちは集中豪雨のような激しい雨でどうなるかとおもっていましたが、お約束の10時には薄日もさすようになり一安心。さっそくビルの方にも案内に加わって頂き、屋上から地下6階までくまなく見て頂きました。僅かながら濃い緑に、周辺に林立した新しい高層ビルなどに、いずれそれらのビルからこの屋上を眺めたいとか、残り少ない古い建物の保存などにおはなしは拡がりあっという間の1時間でした。

 相変わらず出版に講演にお忙しいスケジュールのようですが、10月には軽井沢の美術館主催で「軽井沢で学ぶ建築デザイン講義2016」など、アトリエ山荘を使っての不思議な企画のご案内も頂きました。 他にも9.18(日)には、世田谷区民会館で「前川国男がル・コルビジエから受け継いだ思想とデザイン」などという講演も予定されています。

 さらにお帰り前には映画「新ゴジラ」で大盛り上がりでした。ダイビル設計者の村野藤吾先生を軸に、話題の映画主演男優にまで無理なく話がつながることには脱帽です。(厄介な三連休の暇つぶしはマリオンですが、歯科界にもこんなタレントがほしいなと思う一時間でした。)

by my-pixy | 2016-09-15 14:54