<   2017年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2017年 07月 29日
インターネットは空っぽの洞窟
f0103459_1552529.jpg ちょうどHPを作ろうとしていた1900年ごろ頃に見かけた本で、当時でも流れに乗った本ではなかった。いずれ落ち着いたら読もうと思いっている間に、流れに追いまくられてそのままになり、今はこの写真だけで存在も定かではない。

一方、最近になってペンタックスは70周年、ニコンも100周年とか言われても人の年齢と同様には考えられない。どちらも創業期の話と最近の状態では、継続はしていても人の生涯のような一貫性はない。脱皮を繰り返している間に別の生物になってしまったからだ。北海道のコレクターの写真をアップして100歳を祝うことにはならない。僻地にたくさんの無人カメラを設置し、そのデータを回収して視聴者に受けそうな画像を探しまくるなんて人の仕事ではない。サルガドや岩合さんのような人も残っていても間違いなく最後の世代だろう。あとはスマホで希少動物のテレビネタを追いかける素人カメラマンだけだ。

 起業者が製品化に熱中する後を、ぴったり買収者がつけて歩くなんて夢も希望もない世界だ。

by my-pixy | 2017-07-29 15:00
2017年 07月 27日
大掃除
f0103459_15504076.jpg メールの環境設定だけであの梅雨明けの水害のような洪水はケリがつき、モバイルの設定変更で訳のわからない混乱も収まったようです。弱り目に祟り目でアップもままならなくなっていたブログも、少し強気にゴリ押しして旧状に復帰させました。
これで心ならずもグシャグシャになっていた最近のブログも少しすっきりしました。

エキサイトブログはまだ新しい管理画面への更新を諦めていないようですから、何とか今のうちに体制を立て直さなければなりません。

by my-pixy | 2017-07-27 17:49
2017年 07月 16日
ブログの盛況
f0103459_14463774.jpg いくつかのイベントが重なったこともあるでしょうが、語る会終了後「土竜のトンネル」のリンク先は例年になく賑やかです。これまでさっぱりだった人も参加して、一通り見て歩くだけでも大変なくらいです。それでも長年夢見ていたことですから嬉しさはひとしおで「一人リタイアすれば皆んなこんなに元気になるのか!」と嫌味の一つも言いたくなるようでですが、ぜひ線香花火に終わらせてほしくないものです。などと気楽なことを言っていたところ、とんでもない落とし穴にはまってしまいました。


1.先ずは、少し前から始まっていた迷惑メールの急増です。このことはだいぶ前から気にはなっていましたが1日数十通のことでした。それが何時しか数百になり、先週あたりにはさらに1桁上がってしまいました。全て英文で全く知らないものばかりでsu。セレクトオールで削除するにしても半端ではありません。
2.だんだん数は増えていく中に見覚えのあるものが気になるようになり、総数はカウントもできなくなりました。さらにそれが関係あるのかどうかもわかりませんが、エキサイトブログがログインなどの変更を要求されるようになりました。無視したかったのですが新規のアップもできなくなり、やむなID、パスワードなどを変更しました。同時に大量の既存の画像データなどが表示されなくなったためです。
3.前後してアップル・ケアなどのネット環境も悪化し、画面共有にも事欠くようになりました。OSのアップデートもする中でアップルの人からモバイルの徹底検討を強く勧められました。
4.固定電話なしになって2ヶ月ほど、当初は問題なかった通信料が急増していると言われ、リミットなしの設定に変更してもらいました。これでダメなら固定電話復活という背水の陣です。
5.1週間ぶりのブログアップですが、その前に不便も覚悟でメールの環境設定はかなり厳しくし、迷惑メールの根絶を図りました。まだまだ先はありそうですが、長いトンネルでしたが当面の解決はできたかと思いブログのアップを始めました。

by my-pixy | 2017-07-16 12:32
2017年 07月 15日
ぼくもいくさにいくのだけれど
臨床歯科を語る会も一段落して、次のステップに向けて準備や整理を始めましたが、物の置き場が変わって忘れかけていたものを再発見することも少なくありません。この本も10年ほど以前のものですか、本棚が変わってクローズアップされましたのですがページをくりだすと止まらなくなります。ノンフィクションで太平洋戦争末期に書かれたものが下地になっていますが、人や社会の変わり方を見せつけられるとすごさを通り越して恐ろしくなります。
私にとってはわずか10歳ほどの違いしかないので、とても他人事とは思えないのです。辛くなって閉じたり思い直したりを繰り返しています。
f0103459_10423675.jpg

by my-pixy | 2017-07-15 08:57
2017年 07月 09日
2017臨床歯科を語る会
f0103459_18102336.jpg 2017年語る会が終了しました。執行部が若手にシフトして意欲的な企画も多く、始まるまで楽しみ半分、不安半分な気分でしたが、終わってみれば例年どうり2泊3日のハードなスケジュールにもかかわらず、思いのほか楽しい時間が過ごせました。前夜祭の時はまだ半信半疑といった気分で、試写会のドタバタ劇などを遠目に眺めていましたが、一夜が明けた頃にはこれまでとは違う後方に席をとったことも幸いしてかだんだん様子が見えてきました。
 例年どおり、新人とは言えない新人発表が終わる頃には、どうやら違和感もなく時間が過ごせるようになりました。その後も分科会や最終日の各スタディグループ報告など、1980年箱根のこの会の創設当時を回顧するような番組で、”37年は無駄になっていない”とだんだん息を吹き返しました。

今回は行きも帰りもワンボックスカーという初体験で、クロスウエーブ府中はすごく近くなりましたが、飲み過ぎと睡眠不足は変わりませんでした。

by my-pixy | 2017-07-09 17:14
2017年 07月 03日
ニセコ物語の始まりは23才
f0103459_1501346.jpg先日の「まだ名もない会」のプレゼン作りでどうしても見つからなかった写真がありました。2〜3年前のブログに使ったことは分かっていたのですがその1枚がどうしても探せなかったのです。結局、その部分は割愛することになりましたが、週が明ければ何事もないかのように出てくるのです。

 すでにご覧いただい方も多いと思いますが、1954年の学割の切符までついていました。タグもスキー・ヨットで間違っていませんでしたし、アップしたのは2014年1月のことでした。リフトもない今のニセコの反対の昆布温泉から登って、雪だるまになって落ちてきたのですが、この原稿も見つけられませんでした。取り込んでいる時にはよくあることで、こんなことに時間を使ってしまうものです。
これに懲りてデータの整理は一歩ずつ進むのですが、思い描く理想にはなかなか近づかず堂々巡りばかりです。

落ち着いてみると4月末に診療を打ち切ってから2ヶ月間、リングストロボをつけた口腔内撮影用カメラは戸棚に入ったままです。新しい画像はといえばサブカメラかスキャナーだけですからその豹変は著しいものです。4月の診療も終わらせることばかりを気にかけていましたので、セットする義歯の写真も撮り忘れたりしています。これからも同じ状態ですから新たな気づきや発想は次第に無くなるでしょう。
 そんな状態で土竜塾などで同じ発言をできるかどうか心配です。時折、患者さんから電話を頂いたりするとすごく懐かしくなって喋りこんだりしてしまいます。60年染み込んだ習性を変えることは容易ではなさそうです。1週間が過ぎ自分自身の立ち位置が変わって、長年付き合ってきた「臨床歯科を語る会」がどんな風に見えるか、楽しみでもあり恐ろしいようにも感じます。

by my-pixy | 2017-07-03 15:11
2017年 07月 01日
次は臨床歯科を語る会!
f0103459_15125011.jpg 私個人にとって今年最大のイベントが終わり、二日ほどゆっくり眠りだいぶ回復しました。今年の語る会では特に仕事もないので気楽なのですが、初回もぐら塾の積み残しや、執行部が交代する来年のもくあみ会のことを考えると息は抜けません。自分は一件落着すれば毎日SUNDAYですから時間的余裕はたっぷりいわけにはゆきません。
 話は変わりますが、今年に入って歯科雑誌の進路が次第にはっきりしてきたような感じがします。あいも変わらず分厚さだけを誇っているもの、衰退の一途で息も絶え絶えなもの、自社の歩んできた道筋を振り返り、その延長を模索しつつあるものなどです。その反復がゆっくりですが新たな紙面づくりにつながってきているような気がします。仲間内で話していてもその兆しを感じているのは私だけではないようです。ばかばかしいような広告ページもずいぶん元に戻ってきたようです。残るは無駄な用紙の選択を適正化していけば「厚くて重い」という批判も脱却できるのに、あいかわらず写真プリント用のような厚紙志向は広告主へのアッピールでしょうか。雑誌は雑誌、年月をかけて緻密に作られた成書と、座談会とは同じにはならないことをご存知なのは編集部のはずですが。

by my-pixy | 2017-07-01 11:16