<   2017年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2017年 09月 27日
スリーピングバッグ
f0103459_8165454.jpg お忙しい若手デンティスト初めての発表会、開会は19.30分。「忍」の鉢巻で参加はしたものの回りくどいやり取りの1時間は、鉢巻きで解決するようなものではなかった。

 夜が明けてパソコンのスイッチを入れると一通のメール。ご相談があるという発信人はどこか八重洲界隈のホテルにいたらしい。かねがね用意をしようと思いながら手配が遅れていたスリーピングバッグを入手して帰ってきたとき、彼は新幹線で夢の中だったようだ。
5000円はお立て替えしましたが、これからは1泊するごとに半額になるので年末ごろに集金させていただきます。家主はタクシーで帰宅していますので、ご相談がなければそのままお帰りください。写真にあるような羽毛製のものをノートパソコンと一緒に御持ちになれば、より快適な睡眠がお約束できます。
大きさ重量ともこの半分です。京橋交差点の mont・bell には広い2フロアに膨大な膨大な関連商品が用意されていますが、開店は11時です。

ご相談の案件は5分ほどで解決し、年末の実行に向け構想は進んでいるでしょう。

by my-pixy | 2017-09-27 12:22
2017年 09月 25日
われわれは過去も海面下も見ていない
f0103459_174797.jpgセミナーの準備から始まって、60年間のスライドを見直しています。何がいいたいのだと言われるのは承知の上ですし、リタイヤした老人の戯言と思われても結構ですが、こちらには臨床一筋60年という旗印もあるので簡単には引き下がらず同じことを言い歩くつもりです。
 ことの発端は10年前のパーシャルデンチャー新時代という書名です。この時苦しみ抜いてもインプラントという言葉を避けたトラウマはその後も続いているのです。確かにくるかこないかもわからない新時台という曖昧な言葉は、窮余の一策にはなりましたが、未だ見ぬインプラントの姿を万人が認めるものとすることはできませんでしたが、われわれできることできないことをクリアにすることは可能になるでしょう。ただそれには患者さんご本人のご協力が不可欠です。

 

by my-pixy | 2017-09-25 17:49
2017年 09月 23日
次のプレゼンは10月8日
9月の基本ゼミ受講生からの症例提示にはかなり苦しみましたが、最後まで思いのほどは伝えられませんでした。リベンジの機会はもう一度ありますが、繰り返しても年代の差を埋められる自信はありません。
その前に単独のスタディグループを対象に別の機会があるので、ここでは対象のスタディグループのメンバーも巻き込んでのディスカッションを考えています。すでに膨大な参考症例を送っていただいていますが、これまた相互理解は困難そうなので、手の届きそうなお二人に手伝って頂こうと思っています。

 ネタ探しをしていたところ、2年ほど前のブログ記事が見つかりました。ブルーの囲みの症例群もさらにはっきりしてきた部分が増え、最近しばしば話題にする患者さんのヒストリーにつながる長期症例を通して、前回ははっきり提示できなかった、今歯科医に望まれることというフィナーレに向けて、一歩踏み込んだ結論に結び付けられるのではないかと思っています。

f0103459_10532459.jpg

by my-pixy | 2017-09-23 10:54
2017年 09月 15日
欠損歯列の見方と処置方針
いよいよこの週末が2017臨床基本ゼミ欠損歯列の見方、処置方針の本番です。「今、あなたの困っている症例のご相談に応じます。」と大風呂敷を広げたまでは良かったのですが、環境も経験も様々な13人からの提示にどうして答えるかにはかなり悩みました。われわれ育ってきた時代とは環境が全く違うからです。
それでもわが頼もしい参謀が13症例を整理し、私にできそうなパートのテーマに割り振ってプログラムを作ってくれました。あと二日間にこのガイドラインに沿ってお話を組み立てなさいということです。老いては子に従えということになるかどうかが問題です。

第4回 欠損歯列の見方・処置方針    9月17日(日)

10:00〜10:30 イントロダクション
        欠損形態の分類、KA367 金子
11:00〜13:00 少数歯欠損〜多数歯欠損
        受講生症例(田村、永田、坪川)     西島
       67欠損、少数歯欠損への対応      金子
        受講生症例(新井、小野、根間)     中舘
        両側遊離端、多数歯欠損への対応 金子

    昼休み

14:00〜16:30 咬合崩壊〜少数歯残存
       受講生症例(江川、佐々木、井口)   西島
 3/4犬歯、咬合崩壊への対応      金子
       受講生症例(内倉、石川、山岸、福場) 中舘
       すれ違い、(少数歯残存)への対応   金子
16:30〜17:00 まとめ
       1日学んだ後での受講生からの質問、感想   

by my-pixy | 2017-09-15 08:57
2017年 09月 11日
卒後20年
f0103459_1023876.jpgいよいよ来週末は2017年の基本ゼミの担当ですがその前に、愛知県のしんせん組の方々が、症例持参でいらして下さいました。もくあみ会などでのお付き合いも長い方々ですが、5人の発表者のうち1人の事前抄録が準備段階から気になりました。
いつものテーマや内容と何かが違うのです。術者年齢などが書き込まれている咬合面観なども不穏です。やがてその謎は次々に明らかにされていくのですが、われわれの失語症は一気に高まってしまいました。
同世代の仲間とは話しながらここに到ったのでしょうがそれにしても信じられない経過でした。
最後になりましたがタイトルは「加圧要素に対応できなかった1症例」でした。担当者の技術も能力も申し分なくてもこうした局面に追い込まれることがある難しさを見せつけられ、「人」を知り、コントロールする難しさを痛感します。

by my-pixy | 2017-09-11 10:04
2017年 09月 08日
ブラザーズ
f0103459_18455028.jpg 旧金子歯科医院を旅立ってから、初めてお気に入りのレザープリンターに出逢いました。長く付き合ってきたコニカミノルタを手ばなし、何でもそれなりの配布資料が作れれば良いと諦めかけた時に出会った弟分でした。
すっかり諦めていたC社のインクジェット機とは比較にならない操作感、スピード、色調など、ほぼ満点で大いに気を良くしています。
 これで来週末の基本ゼミを含むセミナーにも気持ちよく準備ができそう、とご機嫌で帰りましたしたが、一夜明けると最後のどんでん返し。

 プリンター大暴走で数十枚のプリントに囲まれ、返品の2文字がちらつきましたが、ビッグカメラのスタッフと日曜出勤のブラザーズに救われて今度も九死に一生でした。しかしもう完全にチームの一員です。

by my-pixy | 2017-09-08 19:00
2017年 09月 01日
新しい仲間に囲まれて
f0103459_8523887.jpg旧診療室の大半が引き取られていった世田谷の林歯科医院にいってきました。あふれんばかりの白い蘭の花にかこまて、ちょっと居心地は悪そうでしたが、院長渾身のデザインの中に溶け込んで違和感はありませんでした。
 私にとっては小学校から疎開までの時期を過ごした町でしたが、今なお当時の雰囲気は残されていて、住み心地は良さそうでした。
 長い放浪生活から抜け出してこれからの前途が楽しみです。

by my-pixy | 2017-09-01 08:54