タグ:セミナー・講演 ( 130 ) タグの人気記事

2017年 11月 22日
贈る言葉
f0103459_836350.jpg 診療室をクローズして暇になった老人を慰めようと、多くの方々が一席を設けて下さいます。
 画像はその一つ熊本でのプレゼントですが、その名前からボトル裏のご挨拶まで、まるでわれわれのために作っていただいたようなコメントで、大盛り上がりになりました。中身はあっという間になくなりましたが、その文言はあまりにもわれわれの思いそのままで、深く心に残りました。
 今週末も2017臨床基本ゼミ最終回ですが、今頃、最終ケースプレで四苦八苦されている方々へのエールにもなるでしょうし、私たちからの「贈る言葉」としてもぴったりです。

by my-pixy | 2017-11-22 08:19
2017年 11月 20日
2018年もくあみ会新潟開催に向けてのリハーサル
f0103459_15595559.jpg この週末は来春の1918年もくあみ会に向けてのリハーサルを兼ねてのミーティングでした。
 下の画像は3ヶ月前の他のブログからのパクリですが、季節も変わり、粉雪引き荒ぶ中での細部までのリハーサルはなかなかの迫力でした。
 直前になって、雪の影響による第一演者の欠席、身内の代読などまで、想定される地方開催の厳しさは全てチェックされました。このところ東京、御茶ノ水で全てをまとめて来たことに比べると、交通、宿泊、会場往復、懇親会場など難しい点も予想されましたが、新潟ならではののどぐろの刺身、レモン溢れるドリンクなどまでおもてなしは万全ですから、楽しい会の予感もされました。

 当日の設営はこのままというわけにはいかないでしょうが、会議場の設営は目を見張るものがあり、内容はともかく、アベ・トランプの日本政府の設営などよりこちらの方がずっと上です。出席者の絞り込みはまだまだですがそれが決まれば、もめている総合タイトルやプログラムの絞り込みなども進むことと期待しています。

by my-pixy | 2017-11-20 10:03
2017年 11月 16日
肥後もっこすとの三日間.2
f0103459_10382010.jpg 前回のKDMとのミーティング.レポートは事前に書いたため、レポートにはなっていなかったのですが、企画、運営をしてくださった方々の努力で、近年、類を見ない楽しい会合でした。
 終わってからの何人かのメールでは「燃え尽き症候群」などという文字もちらほらでしたが、金曜夕方から始まった三日間は息つく暇もない進行でした。実行委員の方々の綿密な努力は、外側から見ていても涙ぐましいしいものでした。
南限のスタディグループ!などと悪口も言いましたが、こちらもまだ興奮冷めやらぬ日々です。厳しくも楽しい40周年を楽しみにしています。

by my-pixy | 2017-11-16 10:42
2017年 11月 13日
台風なしで、肥後もっこすとの三日間
f0103459_9193334.jpg台風もなく好天にも恵まれて楽しい三日間でした。準備段階で、本棚の奥にしまわれていた石原先生の1960年の「補綴と生物学」をリニューアルし飛行機の中で熟読しました。用意してきた自分のプレゼンもこの時代の回顧談に終始しているので、あらためて恩師の視点で見直すことになりました。f0103459_9355213.jpgf0103459_9561462.jpg

 この書籍、当時、鈴木文夫先生からいただいたコピーなのですが、出版社の医歯薬にも原本はないらしく、古いコピーからの復刻になり、一部はクマモンへのおみあげにしました。まだ読まれた方はなでしょうが、その要旨は折に触れて私のプレゼンにも組み込まれたはずです。前半のCr-Brの部分では明快な石原論文が、RPDの部分では悲痛なばかりの論旨になっていることは、私にとっても大きなショックでした。

「著者もこれに対して深い関心を持つものの一人であるが、未だ当教室での研究は手を染めたばかりで、具体的な業績を発表する段階に達していないから、この総説では補綴学的に見て興味のある内外の文献を、理解しうる範囲で一応整理することにした。それとても著者にとっては甚だ困難なテーマであって、一向にまとまりのつかぬものになったようである。」

 同じ時代、すれ違い咬合とペリオに苦しみながら悪戦苦闘を続けていたプレゼンの背景を、あの恩師も悩まれていたことを垣間見て感無量でした。

by my-pixy | 2017-11-13 09:18
2017年 10月 30日
セミナー明暗
f0103459_10291332.jpg 人によっては四連続の台風同伴の熊本・東京合同のセミナーでした。参加者は開会と同時に帰途の足の確保に奔走、主催者はそれを聞きながらスケジュール変更にドタバタという慌ただしさはまたか!!でしたが、それでもなんとかベストの収拾策を!いう緊張感はなかなかのものでした。

 気まぐれ台風には勝てないが、いいセミナーにしようという13人のメンバー気持ちは変わらなかったからでしょう。二枚の写真は裏方に徹してくれたわがチームのスナップですが、スマホの2ショットとは一味違う抜群の記念写真です。折しもニコンはデジカメ中国生産を中止するという中で、どちらも場の雰囲気が素晴らしく早速借用しました。

 過去3回のもぐら塾でしたが、2枚のスナップはいずれもも私が思い描いていたスタディグループの理想像がよく表現されています。全員ケースプレのための下ごしらえも大変ですが、それが聞くだけではない参加者の緊張感に極めて重要な要素で、今回は「それぞれの思い入れのケース」というお題も出ていました。

 懇親会場の設営に尽力していただいた裏方やお店の方のバックアップも抜群でした。今後もこんな形のミーティングができるかどうかは分かりませんが、その場を体験した次の開催地担当には良いプレッシャーになることでしょう。

 次には台風の出席はないでしょうが2週後、被災地慰問を兼ねて熊本です。

by my-pixy | 2017-10-30 10:27
2017年 09月 25日
われわれは過去も海面下も見ていない
f0103459_174797.jpgセミナーの準備から始まって、60年間のスライドを見直しています。何がいいたいのだと言われるのは承知の上ですし、リタイヤした老人の戯言と思われても結構ですが、こちらには臨床一筋60年という旗印もあるので簡単には引き下がらず同じことを言い歩くつもりです。
 ことの発端は10年前のパーシャルデンチャー新時代という書名です。この時苦しみ抜いてもインプラントという言葉を避けたトラウマはその後も続いているのです。確かにくるかこないかもわからない新時台という曖昧な言葉は、窮余の一策にはなりましたが、未だ見ぬインプラントの姿を万人が認めるものとすることはできませんでしたが、われわれできることできないことをクリアにすることは可能になるでしょう。ただそれには患者さんご本人のご協力が不可欠です。

 

by my-pixy | 2017-09-25 17:49
2017年 09月 15日
欠損歯列の見方と処置方針
いよいよこの週末が2017臨床基本ゼミ欠損歯列の見方、処置方針の本番です。「今、あなたの困っている症例のご相談に応じます。」と大風呂敷を広げたまでは良かったのですが、環境も経験も様々な13人からの提示にどうして答えるかにはかなり悩みました。われわれ育ってきた時代とは環境が全く違うからです。
それでもわが頼もしい参謀が13症例を整理し、私にできそうなパートのテーマに割り振ってプログラムを作ってくれました。あと二日間にこのガイドラインに沿ってお話を組み立てなさいということです。老いては子に従えということになるかどうかが問題です。

第4回 欠損歯列の見方・処置方針    9月17日(日)

10:00〜10:30 イントロダクション
        欠損形態の分類、KA367 金子
11:00〜13:00 少数歯欠損〜多数歯欠損
        受講生症例(田村、永田、坪川)     西島
       67欠損、少数歯欠損への対応      金子
        受講生症例(新井、小野、根間)     中舘
        両側遊離端、多数歯欠損への対応 金子

    昼休み

14:00〜16:30 咬合崩壊〜少数歯残存
       受講生症例(江川、佐々木、井口)   西島
 3/4犬歯、咬合崩壊への対応      金子
       受講生症例(内倉、石川、山岸、福場) 中舘
       すれ違い、(少数歯残存)への対応   金子
16:30〜17:00 まとめ
       1日学んだ後での受講生からの質問、感想   

by my-pixy | 2017-09-15 08:57
2017年 08月 15日
続・2017パーシャル・デンチャー・ヒストリー
f0103459_8215482.jpg 皆さんお盆休みのようですがこちらは大忙しです。始めは諦め気味でしたが、自分の過去の症例なども見直している間に少しずつ先が見えてきました。受講生の2つの症例は女性、男性1例ずつですがその差はあまりなく、67歳と73歳という年齢も大差とはなっていないようです。
 どちらもペリオの影響はあったようで、下顎の6番を失ったことから欠損歯列に入ったところまではよくある形でした。40歳頃でしょうか。大臼歯の咬合支持を失って、小臼歯部に依存するようになり咬耗が進行していったようですが、上のMさんの左3の喪失は破折などのアクシデントだったと思われます。

今日アップした私の症例は1996年の症例でしたが、この時のことはともかく、その後70代に入り仲間入りしました。このまま進行すればお二人には絶好のテキストだったのですが、残念ながらお目にかけられるような経過はありません。その結末は1ヶ月後のお楽しみです。

by my-pixy | 2017-08-15 07:59
2017年 08月 14日
2017基本ゼミ・パーシャル・デンチャー
f0103459_11294647.jpgまだ1ヶ月ほど先の話ですが、9月になるとなるところ慌ただしくなりそうなので、受講生の方々から症例を提示して頂いています。

13症例が集まっていますが、中でもこの2症例は不思議なくらい類似しているので、予習の意味も含めて皆さんにも考えて頂こうとアップすることにしました。患者さんの年齢は67歳と73歳ですが、術者の年齢はともに35歳です。

ともに臼歯部の咬合支持は失われ、下顎前歯部は咬耗を伴って激しく上顎に食い込んでいます。今年の臨床歯科を語る会でもそれだけの分科会が持たれたDeep Over Biteで、経験のある術者でも 手こずること間違いありません。
ここまで追い込まれ咬合挙上や全額補綴を避けられないことは間違いありませんから、できればそれなりのスタッフや技術的蓄積のあるところに紹介した方が間違いないのですが、それもできないのでしょう。

 他の方々のケースも難しいもの山積ですが、まずはこの2症例をどうするかを考えてみてください。それぞれのケースには、別途その解決策を用意しましたから当日お話しさせていただきます。

by my-pixy | 2017-08-14 11:32
2017年 08月 01日
RPD.BOX
f0103459_13403582.jpg 先週は基本ゼミ、来週は KDM、なんかようかい合同セミナーと若手対象のセミナーが続いています。それに向けてというわけではないのですが、ケースプレのシステム化を考えています。すでに約300ケースの仕分けはほぼ終わっていますので、それと連動する私のテーマとの関連づけは最近のもぐら塾などで進みつつあります。
さらにそれを補完するものとして自称RPD.BOXの整備を進めています。次々と課題は出てくるので、完成には時間がかかりますが同時に夢も広がっています。

目下の最優先課題はRPD.DOXにピックアップしたCASEのハイライトを、手軽に取り出せるようにすることです。シングラムレスト、テレスプなどの質問に適切に答えることが目的ですが、同時に技工ばなれしている人たちに、マイナーコネクタの使い方などを理解してもらうことも狙っています。ついでに自分自身の記憶力弱体化への対策でもあります。ブログのリンクのようなことが使えれば最高なのですが、それは無理なので患者名などを頼りに、当たるも八卦!になるのは仕方ありません。BOX内の配置などがシステムの不備を補ってくれるでしょう。

RPDBOX内のアイコンはスペースキーで拡大でき、矢印キーで移動できます。ただホルダー内の配列に正確さを要する場合は頭の文字はカナにすべきです。アイコンの配置を並べ直したりするとき漢字はミスが起こるようです。

by my-pixy | 2017-08-01 13:44