タグ:セミナー・講演 ( 125 ) タグの人気記事

2017年 09月 25日
われわれは過去も海面下も見ていない
f0103459_174797.jpgセミナーの準備から始まって、60年間のスライドを見直しています。何がいいたいのだと言われるのは承知の上ですし、リタイヤした老人の戯言と思われても結構ですが、こちらには臨床一筋60年という旗印もあるので簡単には引き下がらず同じことを言い歩くつもりです。
 ことの発端は10年前のパーシャルデンチャー新時代という書名です。この時苦しみ抜いてもインプラントという言葉を避けたトラウマがまだ続いているのです。

by my-pixy | 2017-09-25 17:49
2017年 09月 15日
欠損歯列の見方と処置方針
いよいよこの週末が2017臨床基本ゼミ欠損歯列の見方、処置方針の本番です。「今、あなたの困っている症例のご相談に応じます。」と大風呂敷を広げたまでは良かったのですが、環境も経験も様々な13人からの提示にどうして答えるかにはかなり悩みました。われわれ育ってきた時代とは環境が全く違うからです。
それでもわが頼もしい参謀が13症例を整理し、私にできそうなパートのテーマに割り振ってプログラムを作ってくれました。あと二日間にこのガイドラインに沿ってお話を組み立てなさいということです。老いては子に従えということになるかどうかが問題です。

第4回 欠損歯列の見方・処置方針    9月17日(日)

10:00〜10:30 イントロダクション
        欠損形態の分類、KA367 金子
11:00〜13:00 少数歯欠損〜多数歯欠損
        受講生症例(田村、永田、坪川)     西島
       67欠損、少数歯欠損への対応      金子
        受講生症例(新井、小野、根間)     中舘
        両側遊離端、多数歯欠損への対応 金子

    昼休み

14:00〜16:30 咬合崩壊〜少数歯残存
       受講生症例(江川、佐々木、井口)   西島
 3/4犬歯、咬合崩壊への対応      金子
       受講生症例(内倉、石川、山岸、福場) 中舘
       すれ違い、(少数歯残存)への対応   金子
16:30〜17:00 まとめ
       1日学んだ後での受講生からの質問、感想   

by my-pixy | 2017-09-15 08:57
2017年 08月 15日
続・2017パーシャル・デンチャー・ヒストリー
f0103459_8215482.jpg 皆さんお盆休みのようですがこちらは大忙しです。始めは諦め気味でしたが、自分の過去の症例なども見直している間に少しずつ先が見えてきました。受講生の2つの症例は女性、男性1例ずつですがその差はあまりなく、67歳と73歳という年齢も大差とはなっていないようです。
 どちらもペリオの影響はあったようで、下顎の6番を失ったことから欠損歯列に入ったところまではよくある形でした。40歳頃でしょうか。大臼歯の咬合支持を失って、小臼歯部に依存するようになり咬耗が進行していったようですが、上のMさんの左3の喪失は破折などのアクシデントだったと思われます。

今日アップした私の症例は1996年の症例でしたが、この時のことはともかく、その後70代に入り仲間入りしました。このまま進行すればお二人には絶好のテキストだったのですが、残念ながらお目にかけられるような経過はありません。その結末は1ヶ月後のお楽しみです。

by my-pixy | 2017-08-15 07:59
2017年 08月 14日
2017基本ゼミ・パーシャル・デンチャー
f0103459_11294647.jpgまだ1ヶ月ほど先の話ですが、9月になるとなるところ慌ただしくなりそうなので、受講生の方々から症例を提示して頂いています。

13症例が集まっていますが、中でもこの2症例は不思議なくらい類似しているので、予習の意味も含めて皆さんにも考えて頂こうとアップすることにしました。患者さんの年齢は67歳と73歳ですが、術者の年齢はともに35歳です。

ともに臼歯部の咬合支持は失われ、下顎前歯部は咬耗を伴って激しく上顎に食い込んでいます。今年の臨床歯科を語る会でもそれだけの分科会が持たれたDeep Over Biteで、経験のある術者でも 手こずること間違いありません。
ここまで追い込まれ咬合挙上や全額補綴を避けられないことは間違いありませんから、できればそれなりのスタッフや技術的蓄積のあるところに紹介した方が間違いないのですが、それもできないのでしょう。

 他の方々のケースも難しいもの山積ですが、まずはこの2症例をどうするかを考えてみてください。それぞれのケースには、別途その解決策を用意しましたから当日お話しさせていただきます。

by my-pixy | 2017-08-14 11:32
2017年 08月 01日
RPD.BOX
f0103459_13403582.jpg 先週は基本ゼミ、来週は KDM、なんかようかい合同セミナーと若手対象のセミナーが続いています。それに向けてというわけではないのですが、ケースプレのシステム化を考えています。すでに約300ケースの仕分けはほぼ終わっていますので、それと連動する私のテーマとの関連づけは最近のもぐら塾などで進みつつあります。
さらにそれを補完するものとして自称RPD.BOXの整備を進めています。次々と課題は出てくるので、完成には時間がかかりますが同時に夢も広がっています。

目下の最優先課題はRPD.DOXにピックアップしたCASEのハイライトを、手軽に取り出せるようにすることです。シングラムレスト、テレスプなどの質問に適切に答えることが目的ですが、同時に技工ばなれしている人たちに、マイナーコネクタの使い方などを理解してもらうことも狙っています。ついでに自分自身の記憶力弱体化への対策でもあります。ブログのリンクのようなことが使えれば最高なのですが、それは無理なので患者名などを頼りに、当たるも八卦!になるのは仕方ありません。BOX内の配置などがシステムの不備を補ってくれるでしょう。

RPDBOX内のアイコンはスペースキーで拡大でき、矢印キーで移動できます。ただホルダー内の配列に正確さを要する場合は頭の文字はカナにすべきです。アイコンの配置を並べ直したりするとき漢字はミスが起こるようです。

by my-pixy | 2017-08-01 13:44
2017年 07月 09日
2017臨床歯科を語る会
f0103459_18102336.jpg 2017年語る会が終了しました。執行部が若手にシフトして意欲的な企画も多く、始まるまで楽しみ半分、不安半分な気分でしたが、終わってみれば例年どうり2泊3日のハードなスケジュールにもかかわらず、思いのほか楽しい時間が過ごせました。前夜祭の時はまだ半信半疑といった気分で、試写会のドタバタ劇などを遠目に眺めていましたが、一夜が明けた頃にはこれまでとは違う後方に席をとったことも幸いしてかだんだん様子が見えてきました。
 例年どおり、新人とは言えない新人発表が終わる頃には、どうやら違和感もなく時間が過ごせるようになりました。その後も分科会や最終日の各スタディグループ報告など、1980年箱根のこの会の創設当時を回顧するような番組で、”37年は無駄になっていない”とだんだん息を吹き返しました。

今回は行きも帰りもワンボックスカーという初体験で、クロスウエーブ府中はすごく近くなりましたが、飲み過ぎと睡眠不足は変わりませんでした。

by my-pixy | 2017-07-09 17:14
2017年 05月 22日
第3回土竜塾
f0103459_14241127.jpg 新しい小会議室を使ってのの土竜塾第3回が終わりました。種類は違うようですが連休中、静岡方面で猛威をふるっていたインフルエンザにやられて、咳と痰でこっぴどくやられましたが、頼もしいわが軍団のサポートで、これまでにない充実したセミナーになりました。ペリオ仕込みのしつこさで飼い慣らされたシーラカンスは、深海でブルーに発光し始めましたし、火曜会黄金時代に流れを発する臨床診断は、文献考察とグラフィックスの衣装をまとって一段と厚みをましました。
 本家の土竜は壁一枚で原状回復工事という、わが愛する技工室解体の工事音にも痛めつけられていまいちでしたが、1970年から2017年までの47年間を9枚のパノラマX線写真で語る、二次固定のヒストリーで何とか締めくくることができました。

by my-pixy | 2017-05-22 14:26
2017年 04月 18日
第2期もぐら塾
f0103459_7184851.jpg 週末は2日間の第2期土竜塾初日でもありました。銀座線にもたくさんのクマモンが登場していますが、臨床歯科を語る会のご縁で、土竜塾にも前回に引き続き複数の方に参加して頂いています。

by my-pixy | 2017-04-18 10:05
2017年 04月 17日
アジトオープン
f0103459_7251647.jpg 土竜塾第2期と日を同じくして火曜会アジトがオープンしました。アジトをばらしては集合予備罪とかですぐ捕まってしまいますが、危険なものは何も置いていません。

窓際にならんで雑談したり3、遠隔地からお出かけの方のカプセルホテルとしても役立つでしょう。シャワーだけでなくバスタブもあり「私が自宅に帰らなくなるのではないか」と心配する向きもありますが、緑の多さではやはり白金台です。

 上の写真のように銀座線京橋駅の明治屋向かいの出口を出て1分ですが、全景が見える2の写真は1本銀座寄りの道からのものです。

by my-pixy | 2017-04-17 09:07
2017年 04月 13日
アジト開設
f0103459_1055520.jpg 火曜会の方達が医院移転後の身の振り方を心配して、徒歩数分のところに1DKワンルームを借りて下さいました。ちょうど地下鉄銀座線京橋駅の出口のところで、めまぐるしく再開発が進んでいる明治屋の向かい側です。渋谷方向左側出口を抜ければ雨が降っても傘なしでとびこめますし、八重洲地下街よりワンランク上の飲食店も揃っています。

 電気水道も通って今日からボツボツ引っ越しですが、今週末は第二期土竜塾。それが終わるや60インチ4Kディスプレーをダイビルの小会議室に移設とハードスケジュールが続きます。この会議室、まさに土竜塾のために作られたような小会場で、ダイビルからのプレゼントといっても良いような設備に、私のディスプレーを寄贈しました。


 5月の土竜塾はこちらの会場に移りますが、その頃、金子歯科は心臓部を抜き取られ瓦礫の山になっているでしょう。位置的には元技工室と隣接しているので、撤去工事の雑音を聞きながらのもぐら塾になるはずでなかなかドラマチックです。

by my-pixy | 2017-04-13 08:57